アドレナライズは電子専門の出版社です。

ミステリ、ホラー、SF、時代小説、架空戦記、ロマンスといった小説を中心に、
エッセイ、雑学、実用書、ノンフィクション等、さまざまな電子書籍を扱います。

入手困難な絶版本、過去の名作を発掘してリニューアル。
紙の本では読めない、電子オリジナル作品。
これからも、新しい可能性に挑戦していきます。

なお、現在配信中のタイトルは、画面上部の「作品リスト」から確認できます。

NEWS

  • 2024/5/14
  • 『地球キラー「人間の森」』
     世界各地を旅して回るジャーナリスト、森田靖郎先生の電子オリジナル作品、『地球キラー「人間の森」』が配信スタートになりました! なーんと全編書き下ろしの新作です。四季ではなく二季なんて揶揄されるほどの異常気候、終わらないロシア・ウクライナ戦争やイスラエル・パレスチナ紛争、日本ではやたらと行政が木を伐採して森林を潰しているし、南海トラフの巨大地震も怖い……これってヤバイんじゃないの? という思いを少しでも持っているなら本書は必読。地球環境を中心に、我々人類が直面している問題を分析、これから歩むべき道を探ります。詳細な専門書に当たる前の予備知識として、最適な一冊だと思います。とりあえず「現時点の地球環境」がどんな状態になっているのか、知ることが出来ます。オススメ!

新刊案内

地球キラー「人間の森」

amazon Kindle

NEW『地球キラー「人間の森」』

森田靖郎・著

気候変動、地球温暖化、巨大地震、AI維新、終わりなき戦争……来るべき“実戦場”の歩き方

 いまの世の中は地球キラー……地球環境や野生動物、自然界の危機の到来だ。ぼくたちは、地球温暖化や巨大地震、日常化する戦争など、人知を超えた前例のない地球事変の渦中にいる。そろそろ本気で、環境問題に取り組まなければいけないところに来ているのではないか。国家の衰退を、これまで数多く見てきた。文明もまた、発生、成長そして衰退を繰り返す。成長と衰退は裏腹なのだ。その衰退の原因は「内なるものにある」、つまり「人間側にある」と歴史家は指摘する。学者や政治家に「なんとかしろ」と言っているだけでは前進しない。ぼくたちは、ぼくたちで出来ることから始めなければ……。
 本書は知識の「防災グッズ」だ。普段は役立たないかもしれないが、いざという時に役立つ。まずは“知る”ことから始めてみよう……。電子オリジナルのノンフィクション作品。

序章 人知を超えた地球キラー「戦場の森」の歩き方
第一章 「人類の時代」だからこそ、人間らしく生きたい
第二章 文明末を地球末にしてはならない
第三章 真犯人は「森を出たヒト」だったのか?
第四章 AI維新でシンギュラリティを安易に語るな
第五章 宇宙の森≠ヨ、出(しゅつ)・地球マニュアル
終章 森を出たヒトの、「人間の森」の生き方
あとがき――「あゝ! 自分らしく、生きたいな!」

●森田靖郎(もりた・やすろう)
作家。1945年、兵庫県出身。文革中に、中国・チベット地区を訪れ、辺境地に下放された都市青年との交流から中国への興味を抱く。その後、シルクロードやロングマーチ(長征)など中国各地への旅を繰り返す。改革開放、天安門事件、香港返還などを常に現場から発信し、中国をフレームにして日本への同時代メッセージを送り続けるルポで定評がある。ノンフィクションを底辺にさらに再構築した小説執筆にも精力的で、ノンフィクションでは表現出来ない中国の暗部を赤裸々に描き出している。『上海セピアモダン』(朝日新聞社)、『中国「犯罪源流を往く」』(講談社)、『悪夢』(光文社)、『地経学で読む爆走中国』(原書房)、『引き裂かれた街〜池袋チャイナタウン・プロジェクト〜』(ナショナル出版)など著書多数。

販売ストア

アマゾンkindleシリーズの端末で読むなら、出版社名「アドレナライズ」で検索。 アマゾンkindleシリーズ
楽天koboシリーズの端末で読むなら、出版社名「アドレナライズ」で検索。 楽天koboシリーズ
iPhone/iPad/iPod touchで読むなら、アップル直営の電子書店アプリ「Apple Books」をダウンロードして、「アドレナライズ」で検索。 iBook Store

お問い合せ

ご意見・ご要望についてはこちらまでご連絡ください。
お問い合せ
Copyright c ADRENALIZE All Rights reserved.