作品リスト

SF・ファンタジー小説

火星甲殻団

amazon Kindle

『火星甲殻団』

川又千秋・著

人間と機械の共生社会、火星に復讐の炎が燃え上がる!

 24世紀後半の火星。地球文明の疲弊によって頓挫した惑星改造計画により、火星に取り残された植民団の末裔たちは機械との共生社会を築き上げていた。人間と人工知性/自動機械……両者は支え合うことで火星に適応していった。そして知性ある機械生物ともいえるそれは〈ヴィートル〉と呼ばれ、人間と互いに助け合い、深く結びついて生きていた…。
〈ヴィートル〉ローテ・ブリッツは不注意のために、共生関係にあった人間の相棒を盗賊団に殺されてしまう。ブリッツは復讐を誓い、新たな相棒ノルド・ヴェストとともに盗賊団に攻撃を開始する。

 オブジェ製作・横山宏、ジオラマ撮影・高瀬ゆうじ。国産SF小説の名作が電子書籍でついに復刊!

●川又千秋(かわまた・ちあき)
1948年、北海道小樽市生まれ。作家、評論家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代よりファン活動を始め、SF専門誌で評論を発表。『火星人先史』で第12回星雲賞を、『幻詩狩り』で第5回日本SF大賞を受賞。他に『ラバウル烈風空戦録』シリーズ(中央公論社)、『亜人戦士』シリーズ(徳間書店)、『創星記』(早川書房)など著書多数。

火星甲殻団 ワイルドマシン

amazon Kindle

『火星甲殻団 ワイルドマシン』

川又千秋・著

火星の未来を築くため、伝説の機械神を追え!

 人類の入植時代から七百年。火星の苛酷な環境のなかで、人類は機械と共生することで生きてきた。いまや混沌と荒廃から破滅の危機に瀕した火星を救うためには、人間と機械が、より高い次元で共生関係を結ぶことが不可欠だった。だが、それには伝説の機械神ローテ・ブリッツの覚醒が必要なのだ…。
 火星の砂漠に機械獣を狩るマシンハンターのデューン・ラッドは、神の使いを名乗る謎の美女ジレルとブリッツを追い求める。

 前作『火星甲殻団』の時代から五百年後の火星を舞台に、新たな世界創造の物語を描く。

●川又千秋(かわまた・ちあき)
1948年、北海道小樽市生まれ。作家、評論家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代よりファン活動を始め、SF専門誌で評論を発表。『火星人先史』で第12回星雲賞を、『幻詩狩り』で第5回日本SF大賞を受賞。他に『ラバウル烈風空戦録』シリーズ(中央公論社)、『亜人戦士』シリーズ(徳間書店)、『創星記』(早川書房)など著書多数。

異性人たち

amazon Kindle

『異性人たち』

川又千秋・著

SFとエロスの融合に挑戦した異色の短篇集

 核戦争で壊滅し、男ばかりが生き残った東京に、突如若い女があらわれた。セックスに飢える男たちが、女をめぐって始めたサバイバル・ゲーム。だが、勝ち残った男を待っていたのは、オスとしての苛酷な使命だった…。
 エロティックな描写と奇想天外なアイデアが散りばめられた、珠玉のSFショートショートの名作がついに復刊!
 極限状況下の男と女をバイオレンスタッチで描く「アダムの使命」など、10篇を収録。

・アダムの使命
・愛の生きもの
・異郷のひと 故事つけ諺辞典1
・リラハウス原宿302 故事つけ諺辞典2
・あしたの道 故事つけ諺辞典3
・異性人
・ナイト・ウェイブ
・ドリーム・スリップ
・夜に這う
・東京の一夜

●川又千秋(かわまた・ちあき)
1948年、北海道小樽市生まれ。作家、評論家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代よりファン活動を始め、SF専門誌で評論を発表。『火星人先史』で第12回星雲賞を、『幻詩狩り』で第5回日本SF大賞を受賞。他に『ラバウル烈風空戦録』シリーズ(中央公論社)、『亜人戦士』シリーズ(徳間書店)、『創星記』(早川書房)など著書多数。

幻視界 第一界 愚能神話

amazon Kindle

『幻視界 第一界 愚能神話』

川又千秋・著

荒涼たる未知の大地に送り込まれ、愛と冒険の旅が今始まる!

 異様な光景であった。見渡す限り赤茶けた砂地が拡がり、眼前に、巨大な髑髏がひとつ、その空虚な眼窩から、彼を見下していた…。  宇土羅光男、21歳。大学3年の夏休み、「旅に出る」という葉書一枚を最後に、行方の知れない父の手がかりを求めて伊豆の別荘に来ていた。書斎にあった石塊に埋め込まれた金色に輝く球体を握り、パソコン内に残されたファイルを調べているうちに、異世界に入りこんでしまったのだ。突然、背丈2メートル近い獣人が現われ、ジャグアと名乗った。途方もない冒険の旅は始まっていた!

 冒険SFファンタジーの傑作、第1弾。

●川又千秋(かわまた・ちあき)
1948年、北海道小樽市生まれ。作家、評論家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代よりファン活動を始め、SF専門誌で評論を発表。『火星人先史』で第12回星雲賞を、『幻詩狩り』で第5回日本SF大賞を受賞。他に『ラバウル烈風空戦録』シリーズ(中央公論社)、『亜人戦士』シリーズ(徳間書店)、『創星記』(早川書房)など著書多数。

幻視界 第二界 異海漂流

amazon Kindle

『幻視界 第二界 異海漂流』

川又千秋・著

はるかな未来の地球に繰り広げられる光と闇のあくなき闘い!

 姿を消した父の行方を求めるうちに、宇土羅光男は、異世界に入りこんでしまった。西暦2万839年の現在、人間は絶滅し、人間の戯れで創り出された矮族しか残っていない。  未知の世界で出会った獣人ジャグアと共に、父を探す旅は始まった。途中で恋人の春子も光男の後を追ってきて、ともに霧の神殿の門をくぐり、聖域ヒラニプラに出た。父の手がかりを得た一行は竜船ワイ・カイカイ号に乗り、アフ・アキビーへ向かう。航海中、"魔神眼"が出現し、3人は身ぐるみ剥がされ、海へ放りこまれた! 想像を絶する冒険譚。

 冒険SFファンタジーの傑作、第2弾。

●川又千秋(かわまた・ちあき)
1948年、北海道小樽市生まれ。作家、評論家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代よりファン活動を始め、SF専門誌で評論を発表。『火星人先史』で第12回星雲賞を、『幻詩狩り』で第5回日本SF大賞を受賞。他に『ラバウル烈風空戦録』シリーズ(中央公論社)、『亜人戦士』シリーズ(徳間書店)、『創星記』(早川書房)など著書多数。

幻視界 第三界 幻創領域

amazon Kindle

『幻視界 第三界 幻創領域』

川又千秋・著

地底世界を旅して、闇の底でようやくめぐりあえた父だったが…

 姿を消した父の行方を求めるうちに、異世界に入りこんでしまった宇土羅光男は、獣人ジャグア、恋人の春子、竜船の船長ウータンと共に父の手がかりを求めて未知の世界の旅を続けていた。
 アフ・アキビーに辿りついた光男たちはモアイ像のある神殿に入り、"門"をくぐった。鬱蒼たる密林の中で翼手竜に捕まった光男たちは一角龍階の前に連行され、牢獄に閉じこめられたが、ニュムロン族のニャニイに誘われ、地下世界へ落下した。不気味な髑髏の城に導かれた光男は、怖るべきものを目にするが…。全ての謎は明らかになるか?

 冒険SFファンタジーの傑作、第3弾。

●川又千秋(かわまた・ちあき)
1948年、北海道小樽市生まれ。作家、評論家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代よりファン活動を始め、SF専門誌で評論を発表。『火星人先史』で第12回星雲賞を、『幻詩狩り』で第5回日本SF大賞を受賞。他に『ラバウル烈風空戦録』シリーズ(中央公論社)、『亜人戦士』シリーズ(徳間書店)、『創星記』(早川書房)など著書多数。

幻視界 第四界 宇宙の扉

amazon Kindle

『幻視界 第四界 宇宙の扉』

川又千秋・著

宇宙が壊れてゆく! 壮大なスケールで描かれる光と闇の天地創造

 行方不明の父の手がかりを求めるうちに異世界に入りこんでしまった宇土羅光男は、獣人ジャグア、恋人の春子、竜船の船長ウータンと共に旅を続けていた。
 一行は闇の主ガル・マヌーダの支配する地底世界にとらわれた。そこで光男は、恐竜の体と融合され、変わり果てた姿になった父と再会したのだ。父は光男に光のしるしである"クシュタの卵"を托して消え去ってしまう。一角龍王の手をかりて次なる世界へ旅立った光男たちの前に、全てを虚無に呑みつくす灰色の壁が迫った…。光と闇の壮大なオデッセイ、堂々の完結篇。

 冒険SFファンタジーの傑作、第4弾。

●川又千秋(かわまた・ちあき)
1948年、北海道小樽市生まれ。作家、評論家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代よりファン活動を始め、SF専門誌で評論を発表。『火星人先史』で第12回星雲賞を、『幻詩狩り』で第5回日本SF大賞を受賞。他に『ラバウル烈風空戦録』シリーズ(中央公論社)、『亜人戦士』シリーズ(徳間書店)、『創星記』(早川書房)など著書多数。

反在士の指環

amazon Kindle

『反在士の指環』

川又千秋・著

幻想味あふれるスペースオペラの大作!

 彼はライオン。鮮やかなオレンジ色の髪をなびかせ、無骨なハンド・キャノンを携えた美貌の少年。そして"虚の世界"を操る、類まれな「反在士」。全銀河を巨大なゲーム盤として、果てなく戦い続ける二大勢力、"紅后"と"白王"によって故郷を滅ぼされた彼は、復讐を誓って火星の地に現れたのだ。しかし宇宙は、超跳躍航法「アリス・ドライブ」の乱用により、ほころび始めていた…。

 不朽の名作『反在士の鏡』に、単行本未収録作2篇と書き下ろし1篇を追加して復刊。
 さらに今回の電子版では、表紙にオブジェ製作・横山宏、ジオラマ撮影・高瀬ゆうじによる未発表写真を使用した、これぞまさに完全版!

第一部 反在士の鏡
第二部 夢界の虜囚
第三部 虚人の領域
第四部 反在士の帰還
第五部 鏡人たちの都
第六部 反在士の指環

●川又千秋(かわまた・ちあき)
1948年、北海道小樽市生まれ。作家、評論家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代よりファン活動を始め、SF専門誌で評論を発表。『火星人先史』で第12回星雲賞を、『幻詩狩り』で第5回日本SF大賞を受賞。他に『ラバウル烈風空戦録』シリーズ(中央公論社)、『亜人戦士』シリーズ(徳間書店)、『創星記』(早川書房)など著書多数。"

夢の戦士

amazon Kindle

『夢の戦士』

川又千秋・著

金色に輝くUFOに導かれ、夢の中で冒険がはじまる!

 少年少女たちが見た無気味な夢。それは終わり近い地球の姿か。彼らの体験した一連の夢事件には、確かに何者かの隠された意図が感じられた。秘められたメッセージの謎を追い、戦士たちは今、夢界へと旅だつ。果たして、地球を訪れるUFOの真の目的は…?
 鶴書房SFベストセラーズとして刊行された、ジュブナイルの名作。

●川又千秋(かわまた・ちあき)
1948年、北海道小樽市生まれ。作家、評論家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代よりファン活動を始め、SF専門誌で評論を発表。『火星人先史』で第12回星雲賞を、『幻詩狩り』で第5回日本SF大賞を受賞。他に『ラバウル烈風空戦録』シリーズ(中央公論社)、『亜人戦士』シリーズ(徳間書店)、『創星記』(早川書房)など著書多数。

最後の新人類

amazon Kindle

『最後の新人類』

川又千秋・著

旧人類対新人類の戦い、そしてその末路は…? 幻想SFの名手が贈る短篇集

 彼等……新人類と名付けられた種族は、誕生して間もない、未成、未完の存在だった。
 現人類を母体とする幼児だった。
 しかし、ただの幼児ではなかった。
 そのことに――
 現人類の一部支配階級は、すでに気付いていた。
 そして、怯え、怖れ、その存在を、ひたすら嫌悪した。
 だから……彼等は秘密の協定を地球上に張り巡らし、その新たなる存在を抹殺すべく活動を開始していたのだ。(「最後の新人類」より)

 人類の終焉・後を継ぐ者との交代、その不可避のドラマを幻視する多彩な物語群。商業作家デビュー以前の作品である「舌」や「魚」を含め、全10本の短篇を収録。

・時の岸辺
・魚
・家守家の滅亡
・フルカネルリの館
・スプーン
・銀河倶楽部
・十夜
・仮面舞踏会
・舌

●川又千秋(かわまた・ちあき)
1948年、北海道小樽市生まれ。作家、評論家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代よりファン活動を始め、SF専門誌で評論を発表。『火星人先史』で第12回星雲賞を、『幻詩狩り』で第5回日本SF大賞を受賞。他に『ラバウル烈風空戦録』シリーズ(中央公論社)、『亜人戦士』シリーズ(徳間書店)、『創星記』(早川書房)など著書多数。

夢魔城

amazon Kindle

『夢魔城』

川又千秋・著

成長する彫像「イヴの卵」の謎をめぐって、謎の王国インキュバリアへ

 孵化する彫刻と謎の夢魔記号に導かれ、考古学者・真壁は中央ヨーロッパへと赴く。ハンガリーと国境を接するオーストリアの東端に位置するインキュバリア。時空間の神秘を啓示する城で、彼を待っていたものとは? そして、ロックフェラーと並ぶアメリカの世界的大富豪・ザウエル一族の運命が明らかになる。絢爛たる幻語で紡がれる錬金術的物語。

●川又千秋(かわまた・ちあき)
1948年、北海道小樽市生まれ。作家、評論家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代よりファン活動を始め、SF専門誌で評論を発表。『火星人先史』で第12回星雲賞を、『幻詩狩り』で第5回日本SF大賞を受賞。他に『ラバウル烈風空戦録』シリーズ(中央公論社)、『亜人戦士』シリーズ(徳間書店)、『創星記』(早川書房)など著書多数。

星狩人

amazon Kindle

『星狩人』

川又千秋・著

東京近郊に落ちてきた謎の寄生生命体と人間の死闘!

 "何か"が秩父の山奥に落下した。現場に残された正体不明の獣骨と黒い結晶……それらを目撃したサイエンス・ライター清水浩太の身辺で、奇怪な事件が続発する。姿なき、呪われた寄生生命体は、数限りない死と恐怖の軌跡を描きながら、魔都・東京の夜を駆け巡る! 果たして……狩られるのは、どちらなのか?  傑作SFサスペンス「星狩人」シリーズ、第1弾。

●川又千秋(かわまた・ちあき)
1948年、北海道小樽市生まれ。作家、評論家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代よりファン活動を始め、SF専門誌で評論を発表。『火星人先史』で第12回星雲賞を、『幻詩狩り』で第5回日本SF大賞を受賞。他に『ラバウル烈風空戦録』シリーズ(中央公論社)、『亜人戦士』シリーズ(徳間書店)、『創星記』(早川書房)など著書多数。

人間牧場

amazon Kindle

『人間牧場』

川又千秋・著

呪われた寄生生命体は、密かに人間の飼育を始めていた!

 「人間牧場」……それは、地球侵入を開始した異世界の憑依生命体が、宿主とすべき人間を飼育する闇の拠点だった。災害現場近くで発見された謎の記憶喪失者をめぐって、新宿のヤクザ組織は、姿なき敵との抗争に巻き込まれる。狩るか、狩られるか……数限りない死体の向こうから現れるものは、何か?  傑作SFサスペンス「星狩人」シリーズ、第2弾。

●川又千秋(かわまた・ちあき)
1948年、北海道小樽市生まれ。作家、評論家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代よりファン活動を始め、SF専門誌で評論を発表。『火星人先史』で第12回星雲賞を、『幻詩狩り』で第5回日本SF大賞を受賞。他に『ラバウル烈風空戦録』シリーズ(中央公論社)、『亜人戦士』シリーズ(徳間書店)、『創星記』(早川書房)など著書多数。

寄生同盟

amazon Kindle

『寄生同盟』

川又千秋・著

寄生生命体の日本乗っ取りに立ちはだかる、強敵出現!

 "鬼"の異名を持つ黒幕、利権に群がる代議士、血気にはやる自衛隊青年将校とそれをあやつる軍需産業幹部……欲望と思惑が渦巻く社会の裏面は、人類支配をもくろむ寄生生命体にとって、またとない温床だった。どす黒い人脈に憑依した異世界の侵入者たちは、今まさに権力中枢へとその呪われた触手をのばす……。
 傑作SFサスペンス「星狩人」シリーズ、第3弾。

●川又千秋(かわまた・ちあき)
1948年、北海道小樽市生まれ。作家、評論家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代よりファン活動を始め、SF専門誌で評論を発表。『火星人先史』で第12回星雲賞を、『幻詩狩り』で第5回日本SF大賞を受賞。他に『ラバウル烈風空戦録』シリーズ(中央公論社)、『亜人戦士』シリーズ(徳間書店)、『創星記』(早川書房)など著書多数。

原罪都市

amazon Kindle

『原罪都市』

川又千秋・著

地球制覇を狙う異世界からの魔手が、ついに最終戦争の引き金にかかった!

 池袋のフィリピン・クラブのダンサーが、売春容疑で本国へ強制送還された。その前夜、彼女たちを買った米兵と商社マンは、快楽の思い出を胸にそれぞれの任地へ……が、彼らの胸に植えつけられたのは思い出だけではなかった。闇から闇へ……憑依生命体の浸透は続く。その魔手が、ついに最終戦争の引き金にかかった。
 傑作SFサスペンス「星狩人」シリーズ、第4弾にして堂々の完結編。

●川又千秋(かわまた・ちあき)
1948年、北海道小樽市生まれ。作家、評論家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代よりファン活動を始め、SF専門誌で評論を発表。『火星人先史』で第12回星雲賞を、『幻詩狩り』で第5回日本SF大賞を受賞。他に『ラバウル烈風空戦録』シリーズ(中央公論社)、『亜人戦士』シリーズ(徳間書店)、『創星記』(早川書房)など著書多数。

山の上の交響楽

amazon Kindle

『山の上の交響楽』

中井紀夫・著

全宇宙でたった一度だけ演奏するために作られた曲

 山頂の奏楽堂で演奏に一万年もかかる交響楽を演奏し続ける楽団は、演奏開始三百年のいま、最大の難所「八百人楽章」を迎えていた。前代未聞の楽器製作や大量の写譜に大わらわの楽団員の姿を描き、第19回星雲賞日本短編部門受賞した表題作ほか、書き下ろし中篇「電線世界」など奇想天外で優しい物語6篇を収録。

・忘れえぬ人
・見果てぬ風
・山の上の交響楽
・昼寝をしているよ
・駅は遠い
・電線世界

●中井紀夫(なかい・のりお)
1952年生まれ。武蔵大学人文学部卒業。ハヤカワSFコンテストを経てデビューし、短篇「山の上の交響楽」で星雲賞を受賞。主な著書に、『能なしワニ』シリーズ、『タルカス伝』シリーズ(ともに早川書房)、『漂着神都市』、『海霊伝』(ともに徳間書店)など著書多数。

いまだ生まれぬものの伝説

amazon Kindle

『いまだ生まれぬものの伝説』

中井紀夫・著

セックスと暴力と神話、掟破りの奇想天外ファンタジーの幕開け!

 血と精液の匂いに満ちた狂乱の国グユ。そこを治める狂熱風雲王がひとりの娘に惚れた。その娘とは、狂熱風雲王が長年攻め落とせずにいる辺境の小国"花と硝子のふるさと"アムネシアの王、黙り牛のひとり娘だった。
 青く冴えわたる満月のように美しい、というその評判を聞くや、狂熱風雲王は矢も盾もたまらずに彼女を欲しいと焦れる。ならば力ずくで彼女を手に入れようと考えた彼はアムネシアに対して兵を起こし、その不意をついて国境を越え攻め入ったのだった。

 官能、暴力、呪術、化学、神話、音楽、あらゆるものを飲み込んで想像力の限界に挑み、「オールタイム・ベスト級の傑作」として絶賛された異世界ファンタジーの傑作が、電子版あとがきを追加してついに復刊!

●中井紀夫(なかい・のりお)
1952年生まれ。武蔵大学人文学部卒業。ハヤカワSFコンテストを経てデビューし、短篇「山の上の交響楽」で星雲賞を受賞。主な著書に、『能なしワニ』シリーズ、『タルカス伝』シリーズ(ともに早川書房)、『漂着神都市』、『海霊伝』(ともに徳間書店)など著書多数。

炎の海より生まれしもの

amazon Kindle

『炎の海より生まれしもの』

中井紀夫・著

美しさゆえに暴君の慰みものとされた姫がたどる、数奇な運命とは?

 照葉樹の生い茂るアパポクワの村で、一人の若者が旅立ちを決意した。炎を見ないと欲情できない彼らアパポクワ族のために、いつでも火をおこせる爆砂を探しにいこうというのだ。
 一方、その頃、血と精液の勾いに満ちた都グユは、花と硝子の都アムネシアを攻略し、念願の美姫ユリアを手に入れた狂熱風雲王の凱旋パレードに湧いていた。月の光のように美しいこの娘を巡って様々に入り乱れる欲望と思惑……。

 官能、暴力、呪術、化学、神話、音楽、あらゆるものを飲み込んで想像力の限界に挑み、「オールタイム・ベスト級の傑作」として絶賛された異世界ファンタジーの傑作が、電子版あとがきを追加してついに復刊!

●中井紀夫(なかい・のりお)
1952年生まれ。武蔵大学人文学部卒業。ハヤカワSFコンテストを経てデビューし、短篇「山の上の交響楽」で星雲賞を受賞。主な著書に、『能なしワニ』シリーズ、『タルカス伝』シリーズ(ともに早川書房)、『漂着神都市』、『海霊伝』(ともに徳間書店)など著書多数。"

剣をとりて炎をよべ

amazon Kindle

『剣をとりて炎をよべ』

中井紀夫・著

アムネシアが滅びて15年、炎の海より生まれし男が、いま立ち上がる!

 花と硝子の都アムネシアが、血と精液の国グユに滅ぼされて15年。グユの狂熱風雲王とアムネシアの王女のあいだに生まれた赤ん坊は、ひとりのたくましい若者に成長した。
 彼の名はグレン。アパポクワ族の村で育てられたグレンは、15歳になったいま、成人の儀式に参加しなければならない。だが、一方で彼をアムネシア再興の旗印としようとする者たちがいた。

 官能、暴力、呪術、化学、神話、音楽、あらゆるものを飲み込んで想像力の限界に挑み、「オールタイム・ベスト級の傑作」として絶賛された異世界ファンタジーの傑作が、電子版あとがきを追加してついに復刊!

●中井紀夫(なかい・のりお)
1952年生まれ。武蔵大学人文学部卒業。ハヤカワSFコンテストを経てデビューし、短篇「山の上の交響楽」で星雲賞を受賞。主な著書に、『能なしワニ』シリーズ、『タルカス伝』シリーズ(ともに早川書房)、『漂着神都市』、『海霊伝』(ともに徳間書店)など著書多数。

火の山よ目覚めよ

amazon Kindle

『火の山よ目覚めよ』

中井紀夫・著

炎より生まれし放浪の剣士、機械の街を乗っ取る!

 狂熱風雲王とアムネシアの王女のあいだに生まれた男、グレン。育ての親のもとを抜け出し、放浪の旅を続けるグレンは、ある時ザハシャラモドンの町で囚われの身になった。持ち前の運と力で町を乗っ取ったグレンだったが……。
 一方、アクラ山の頂上火口では、存在するものすべてを敵とする、究極の破壊者"タルカス"の誕生が迫りつつあった。

 官能、暴力、呪術、化学、神話、音楽、あらゆるものを飲み込んで想像力の限界に挑み、「オールタイム・ベスト級の傑作」として絶賛された異世界ファンタジーの傑作が、電子版あとがきを追加してついに復刊!

●中井紀夫(なかい・のりお)
1952年生まれ。武蔵大学人文学部卒業。ハヤカワSFコンテストを経てデビューし、短篇「山の上の交響楽」で星雲賞を受賞。主な著書に、『能なしワニ』シリーズ、『タルカス伝』シリーズ(ともに早川書房)、『漂着神都市』、『海霊伝』(ともに徳間書店)など著書多数。

火の山の彼方に

amazon Kindle

『火の山の彼方に』

中井紀夫・著

ふたりの呪術師の目のまえで、究極の破壊者タルカスが誕生する!

 ついに"タルカス"が誕生した。存在するものすべてを敵とする、究極の破壊者が目指すのはアムネシア。そこはいまや戦乱の地となっていた。長年のグユの圧政をはねのけ蜂起したアムネシアだったが、狂熱風雲王はあらゆる手段でこれを押し潰そうとする。
 そして戦いがクライマックスを迎えようとしたとき、"タルカス"が姿を現わした。

 官能、暴力、呪術、化学、神話、音楽、あらゆるものを飲み込んで想像力の限界に挑み、「オールタイム・ベスト級の傑作」として絶賛された異世界ファンタジーの傑作が、電子版あとがきを追加してついに復刊!

●中井紀夫(なかい・のりお)
1952年生まれ。武蔵大学人文学部卒業。ハヤカワSFコンテストを経てデビューし、短篇「山の上の交響楽」で星雲賞を受賞。主な著書に、『能なしワニ』シリーズ、『タルカス伝』シリーズ(ともに早川書房)、『漂着神都市』、『海霊伝』(ともに徳間書店)など著書多数。

ブリーフ、シャツ、福神漬

amazon Kindle

『ブリーフ、シャツ、福神漬』

中井紀夫・著

偶然はじまった物々交換はどんどんエスカレートしていって…

 最初は雑誌だった。地下鉄駅の改札脇の手摺のうえに、週刊の漫画雑誌が置き去りにされているのを見つけて拾い、そのかわりに、勤め帰りの車内で読んできた夕刊紙をその場所に置いたのだ。
 それからである。この地下鉄駅での物々交換が奇妙な形に発展しはじめたのは。ランニング・シャツなどの下着、スプーンやカップなどの食器、インスタントのラーメンやカレーなどの食品、さまざまなものが毎日置かれるようになっていった。(「ブリーフ、シャツ、福神漬」より)
 短篇の名手が趣向を凝らして描く、世にも不思議な世界。傑作短篇集。

・ブリーフ、シャツ、福神漬
・とてもたくさんの数
・ずどん!
・肌が合う
・不幸の伝説
・ぼくのパロディ
・隣の電話
・地図の地図
・このあいだの話
・満員電車
・お尻をめぐる冒険
・新聞が読めない
・空き地のイセエビ など

●中井紀夫(なかい・のりお)
1952年生まれ。武蔵大学人文学部卒業。ハヤカワSFコンテストを経てデビューし、短篇「山の上の交響楽」で星雲賞を受賞。主な著書に、『能なしワニ』シリーズ、『タルカス伝』シリーズ(ともに早川書房)、『漂着神都市』、『海霊伝』(ともに徳間書店)など著書多数。

山手線のあやとり娘

amazon Kindle

『山手線のあやとり娘』

中井紀夫・著

電車の中で出会った無口な少女は何を伝えようとしているのか

 赤いランドセルを背負った女の子が、山手線のなかでひとりであやとりをしていた。赤い毛糸でさまざまの形を作りながら、となりに坐ったぼくの方を横目でちらちらと見る。夜の九時過ぎ。ぼくは帰宅の途中だった。ふいに、女の子が「つり橋」を作って、ぼくの方に差しだした。両の手首と中指に糸を掛ける、二人あやとりの最初の形だ。(「山手線のあやとり娘」より)
 短篇の名手が趣向を凝らして描く、世にも不思議な世界。傑作短篇集。

・暴走バス
・山手線のあやとり娘
・うそのにおい
・思い出のヴァギナ
・明日を思い出す
・二本足のンダ
・剃刀娘
・むかし聴いた曲
・夏の彼女
・薔薇の館
・祖父の物語
・発作
・改札口の女
・隣人

●中井紀夫(なかい・のりお)
1952年生まれ。武蔵大学人文学部卒業。ハヤカワSFコンテストを経てデビューし、短篇「山の上の交響楽」で星雲賞を受賞。主な著書に、『能なしワニ』シリーズ、『タルカス伝』シリーズ(ともに早川書房)、『漂着神都市』、『海霊伝』(ともに徳間書店)など著書多数。

死神のいる街角

amazon Kindle

『死神のいる街角』

中井紀夫・著

うそのバスに乗り込むと、別世界に連れ去られる…?

 ぼくは急いでいた。約束の時刻にすでに遅れていたのだ。タクシーが来たら乗るつもりだったが、タクシーも一台も通らない。苛々しながら、バスを待ちつづけた。三十分以上経って、ようやくバスの姿が見えた。ああ、やれやれ、ようやく来た、とぼくは思った。思った直後、ぼくは目を剥いていた。それはうそのバスだったのだ。〈うそのバス〉行先表示板にそう書いてあった。(「うそのバス」より)
 短篇の名手が趣向を凝らして描く、世にも不思議な世界。傑作短篇集。

・葬式
・元気でやってるかな
・怪我
・寝ぐせの男
・うそのバス
・車刑(くるまけい)
・挽肉の味
・やめられない楽しみ
・鮫
・獣がいる

●中井紀夫(なかい・のりお)
1952年生まれ。武蔵大学人文学部卒業。ハヤカワSFコンテストを経てデビューし、短篇「山の上の交響楽」で星雲賞を受賞。主な著書に、『能なしワニ』シリーズ、『タルカス伝』シリーズ(ともに早川書房)、『漂着神都市』、『海霊伝』(ともに徳間書店)など著書多数。

バギーラギーで出かけよう!

amazon Kindle

『バギーラギーで出かけよう!』

葛西伸哉・著

ロボットと宝探しは男のロマン!?

 アーレイ・ネイスミスは、若いながらもバギーラギーの修理・整備では超一流! だが彼の生き甲斐は、「宝探し」。父から継いだ工場をほっぽり出して、宝を求めて冒険の日々である。
 今日も今日とて、150年前に滅んだアンクスェル王国の財宝を求め、幼なじみのベッツィと共にトルレガ島にやってきたアーレイは、同じ財宝を狙う財宝探索のプロ、ディクサーらと、時には競い、時には協力しつつ、財宝に迫る。
 しかし彼らの知らないところで、その財宝を巡る陰謀が動き出していた……。
 小振りの自動車に、手足を生やしたような、ローテクの鉄の巨人"バギーラギー"が闊歩する冒険活劇。

●葛西伸哉(かさい・しんや)
1965年、青森県生まれ。小説家として、ライトノベルと呼ばれる若者向けの作品を中心に執筆。ファンタジー、SF、アクション、時代伝奇、学園ものなど多様なジャンルを手がけ、極限状態でのシリアスな生と死を描いたものからパロディ満載のコメディまで、作風の幅広さには定評がある。 著書は『エシィール黄金記』『アニレオン!』『パメラパムラの不思議な一座』『だめあね』(以上ファミ通文庫)『ブレスレス・ハンター』『無刃のイェーガー』『俺は天剣を掲げ/僕は飛竜と征く』(以上HJ文庫)『世界が終わる場所へ君をつれていく』『インポッシブル・ハイスクール』(以上MF文庫J)『ポチのウィニングショット』『サヴァイヴド・ファイブ』(以上GA文庫)ほか多数。

ようこそ観光ダンジョンへ

amazon Kindle

『ようこそ観光ダンジョンへ』

葛西伸哉・著

平和が戻ったはずのダンジョンに異変が?

 かつて破壊神ガルヌガンウが封印された伝説の地メイズビルは、その迷宮を目玉とした、一大観光都市と化していた。王都への途上、この街に立ち寄った青年ジャスターは、そのあまりの軽薄さに憤慨する。が、そんな彼の眼前で破壊神が覚醒! 完全復活する前に迷宮の最深部に乗り込み封印せねば、世界が危ない!
 だが、集められた討伐隊は、新人戦士のジャスターをはじめ、見習い魔法使い、大根役者、落ち目のアイドル、そして観光ガイド…。果たして世界の運命は!?

●葛西伸哉(かさい・しんや)
1965年、青森県生まれ。小説家として、ライトノベルと呼ばれる若者向けの作品を中心に執筆。ファンタジー、SF、アクション、時代伝奇、学園ものなど多様なジャンルを手がけ、極限状態でのシリアスな生と死を描いたものからパロディ満載のコメディまで、作風の幅広さには定評がある。 著書は『エシィール黄金記』『アニレオン!』『パメラパムラの不思議な一座』『だめあね』(以上ファミ通文庫)『ブレスレス・ハンター』『無刃のイェーガー』『俺は天剣を掲げ/僕は飛竜と征く』(以上HJ文庫)『世界が終わる場所へ君をつれていく』『インポッシブル・ハイスクール』(以上MF文庫J)『ポチのウィニングショット』『サヴァイヴド・ファイブ』(以上GA文庫)ほか多数。

小次郎破妖録 エクスカリバー武芸帖

amazon Kindle

『小次郎破妖録 エクスカリバー武芸帖』

葛西伸哉・著

モンスターと死闘を演じるチャンバラ時代劇!

 慶長十七年、巌流島で宮本武蔵に破れて散ったはずの佐々木小次郎は、死んではいなかった。  この果たし合いをお膳立てした豊前小倉藩の前藩主細川忠興の背後に不振な影を感じた武蔵は、小次郎を死んだことにして忠興に探りを入れたのだ。
 一方、密かに小倉に舞い戻った小次郎は、敵の襲撃を受ける。現れた敵はキリスト教によりヨーロッパから放逐された魔性の一族……そしてその狙いは、小次郎の剣、エクスカリバーだった!
 日本を第2のアルビオンにせんと企む大魔導師の率いる西洋妖怪たちに立ち向かう、小次郎と武蔵の活躍を描く、ライトアクションノベル登場。

●葛西伸哉(かさい・しんや)
1965年、青森県生まれ。小説家として、ライトノベルと呼ばれる若者向けの作品を中心に執筆。ファンタジー、SF、アクション、時代伝奇、学園ものなど多様なジャンルを手がけ、極限状態でのシリアスな生と死を描いたものからパロディ満載のコメディまで、作風の幅広さには定評がある。 著書は『エシィール黄金記』『アニレオン!』『パメラパムラの不思議な一座』『だめあね』(以上ファミ通文庫)『ブレスレス・ハンター』『無刃のイェーガー』『俺は天剣を掲げ/僕は飛竜と征く』(以上HJ文庫)『世界が終わる場所へ君をつれていく』『インポッシブル・ハイスクール』(以上MF文庫J)『ポチのウィニングショット』『サヴァイヴド・ファイブ』(以上GA文庫)ほか多数。

黎明のサハラ

amazon Kindle

『黎明のサハラ』

伊東麻紀・著

美貌の女運び屋レイヴンに思わぬ同行者が出来て…

 砂漠と荒野ばかりの、辺境の惑星バーディヤ。そのサハラ地区に住まいを持つレイヴン。宇宙船〈反逆〉号の船長で、褐色の肌に黒い瞳の美女、一匹狼の運び屋だ。
 今回の"ブツ"は、プラチナブロンドの髪をみつあみのおさげにした少女リジィだった……。銀河連邦軍の元戦闘軍用サイボーグ"賢者"を航宙士として雇い、レイヴンとリジィの戦いが、今、始まった。構想10年、"ニュー・スペースオペラ"開幕!

●伊東麻紀(いとう・まき)
茨城県生まれ。お茶の水女子大学理学部化学科中退。大学時代はSF研究会に所属。『宝剣物語』シリーズ、『エストレリャ国異聞』シリーズ(ともに大陸書房)、『海賊ランスロット・華麗なる冒険』シリーズ(角川書店)、『特殊工作員アンジェラ』シリーズ(朝日ソノラマ)などの著書がある。

リュラの呪縛

amazon Kindle

『リュラの呪縛』

伊東麻紀・著

神に愛されし天才少年は運命に翻弄されていく

 惑星ナイアドで隠遁生活を送る"賢者"のもとにレイヴンとリジィが訪ねてきた。リジィの薬代のためにヤバい仕事を受けたレイヴンが賢者を呼び戻そうと迎えに来たのだ。リジィに会い、誤解の解けたことを知った賢者は〈反逆〉号に舞い戻った。
 今度の仕事は、惑星タルタロスで罪を犯して保護監察を受けている若き天才詩人ヴォワイヤンをタルタロスから逃亡させることだが……。
 彼を取り巻く「リュラの種子」の謎と陰謀とは? そして真の依頼人の正体は? ますます快調の、"ニュー・スペースオペラ"第2弾!

●伊東麻紀(いとう・まき)
茨城県生まれ。お茶の水女子大学理学部化学科中退。大学時代はSF研究会に所属。『宝剣物語』シリーズ、『エストレリャ国異聞』シリーズ(ともに大陸書房)、『海賊ランスロット・華麗なる冒険』シリーズ(角川書店)、『特殊工作員アンジェラ』シリーズ(朝日ソノラマ)などの著書がある。

天上の饗宴

amazon Kindle

『天上の饗宴』

伊東麻紀・著

レイヴン、リジィ、"賢者"それぞれの過去の秘密

 ヌエバ・テラでくつろぐレイヴンのもとへ銀河連邦軍の若き士官・エヴァンズ大尉が突然訪れた。半ば強引に連れていかれた高級ホテルの一室には、8年ぶりに再会するレイヴンの妹ベレニスがいた。
 彼女の目的は、自分の夫でレイヴンのかつての婚約者ミシェル・ディラック准将の死の謎を解き、復讐を果たすことだった。否応ない彼女のやり方に協力を余儀なくされたレイヴンは、惑星〈第七天〉の地を再び訪れるはめにおちいった。
 そこでは、ルルージュ一族の愛と憎しみが渦巻いていた。かつて全てを賭けて捨てたはずの「ルルージュ」の名がレイヴンを苦しめる……。愛と憎しみの"ニュー・スペースオペラ"第3弾。

●伊東麻紀(いとう・まき)
茨城県生まれ。お茶の水女子大学理学部化学科中退。大学時代はSF研究会に所属。『宝剣物語』シリーズ、『エストレリャ国異聞』シリーズ(ともに大陸書房)、『海賊ランスロット・華麗なる冒険』シリーズ(角川書店)、『特殊工作員アンジェラ』シリーズ(朝日ソノラマ)などの著書がある。

追憶の地平

amazon Kindle

『追憶の地平』

伊東麻紀・著

駆け引きと裏切り……最後のゲームが始まる!

 レイヴンの住む「アウルの家」が突然爆撃された。かろうじて逃げのびた3人は、レイヴンの父の補佐役"冥王"から、ルルージュ一族の当主である父パトリックの突然の死を告げられた。父の残した「メモリアル・プラネット計画」の成就と、後継者の座を巡って、骨肉の争いが始まっていたのだ。
 アランかロデリックか、そしてレイヴンか。生き残ることが出来るのは後継者となる一人だけ……。ルルージュ流生き残りゲームの幕は上がった。レイヴンが持つ、たった一つの切札は? シリーズ完結編。

●伊東麻紀(いとう・まき)
茨城県生まれ。お茶の水女子大学理学部化学科中退。大学時代はSF研究会に所属。『宝剣物語』シリーズ、『エストレリャ国異聞』シリーズ(ともに大陸書房)、『海賊ランスロット・華麗なる冒険』シリーズ(角川書店)、『特殊工作員アンジェラ』シリーズ(朝日ソノラマ)などの著書がある。

シュレディンガーのチョコパフェ

amazon Kindle

『シュレディンガーのチョコパフェ』

山本 弘・著

科学と奇想と語りの饗宴! 珠玉のSF短篇集

 キャラグッズの買い物につきあってくれる裕美子は、俺にとって最高の彼女。でも、今日のデートはどうにも気分が乗らない。久々に再会した旧友の科学者、溝呂木がこの世界の破壊を企んでいるらしいのだ……。
 アキバ系恋愛に危機が迫る表題作の他、SFマガジン読者賞受賞の言語SF『メデューサの呪文』、孤独なサイボーグの見えざる激闘を描く『奥歯のスイッチを入れろ』など7篇を収録。また、文庫刊行時のあとがきに加え、電子版のためのあとがきを追記している。

・シュレディンガーのチョコパフェ
・奥歯のスイッチを入れろ
・バイオシップ・ハンター
・メデューサの呪文
・まだ見ぬ冬の悲しみも
・七パーセントのテンムー
・闇からの衝動

●山本 弘(やまもと・ひろし)
作家。「と学会」会長。日本SF作家クラブ会員。1956年京都府生まれ。1978年『スタンピード!』で第1回奇想天外SF新人賞佳作に入選。1987年ゲーム創作集団「グループSNE」に参加。作家、ゲームデザイナーとしてデビュー。2003年発表の『神は沈黙せず』が第25回日本SF大賞候補に。2006年の『アイの物語』は第28回吉川英治文学新人賞ほか複数の賞の候補に挙がるなど、日本SFの気鋭として注目を集める。

砂海の風

amazon Kindle

『砂海の風』

河原よしえ・著

塩を制するものが砂の世界を制す

 砂の海(ジェル・アー)に囲まれ、塩が唯一の価値を持つ大陸・トルア。
この大陸の南端、ファハン、グザナ、アルタール三国の境に「ベテゴア」と呼ばれる塩の交易都市があった。世界で唯一砂の海に開かれた都市ベテゴアを支えているのは、古より過酷な自然と戦いながらトルアに塩を運び続けた誇り高き一族、ハラクティだった。しかし、今や彼らは塩を運ぶ奴隷としてしかその存在を許されてはいなかった。  トルアの覇権を巡り野望をめぐらす三大国と暗躍する塩商人の野望とは…?
 ファハンの将軍の息子として生まれながら、数奇な運命に操られる青年剣士エアンを主人公に繰り広げられる。"魔法のでてこない異世界ファンタジー"であり、オリジナル異世界大河ロマンの名作「砂の民の伝説」シリーズが、電子書籍でついに復刊! シリーズ全6巻すべての巻末には新たに書き下ろされた電子書籍版あとがきも収録。

●河原よしえ(かわはら・よしえ)
東京都杉並区出身。小学生時代から漫画家を目指しつつ、1975年にアニメーション制作会社、株式会社サンライズ(旧・有限会社サンライズスタジオ)でアルバイトを開始。翌1976年からは企画室所属の契約社員として、設定制作、文芸、企画などを『風間洋』名にて担当。1984年『重戦機エルガイム』で脚本、1989年に企画を担当した番組のノベライズ『鎧正伝サムライトルーパー』で小説家デビュー。趣味である古代エジプト学の知識を元にしたファンタジーをはじめとする小説や、ムック本の解説などの他、ラジオドラマ脚本、作詞など、活動は多方面。『神の禽』シリーズ(角川書店)、『ファラオを盗め!!』上下(朝日ソノラマ)、『G-SAVIOUR』上下(集英社)、『幻の将軍』上下(エニックス)、『徹底図解・古代エジプト』(新星出版)など著書多数。

青き大地の声

amazon Kindle

『青き大地の声』

河原よしえ・著

凍てつく大地アズロアでエアンが見たものは…?

 富と欲望の渦巻く塩の交易都市「ベテゴア」の領事暗殺事件により、辺境の守備隊へと左遷された青年剣士エアンは、長年の友アルバンの裏切りも知らず、凍てついた大地と風の吹き荒れるアズロアへ旅立っていった。
 大国ファハンから見捨てられた村人との間にやっとの思いで信頼感を取り戻すエアンだが、突如現れた一隻の砂船によってその平穏は脆くも崩れさろうとしていた。
 一方、ベテゴアで塩商人ザロニオの後押しのもと着々と地歩を固めつつあるアルバンだったが、野望を秘めた彼の中ではしだいに新たな計画が膨らみつつあった…。
 砂海に囲まれ塩が唯一の価値を持つ世界を舞台に描く、好評異世界大河ロマン第2巻。

●河原よしえ(かわはら・よしえ)
東京都杉並区出身。小学生時代から漫画家を目指しつつ、1975年にアニメーション制作会社、株式会社サンライズ(旧・有限会社サンライズスタジオ)でアルバイトを開始。翌1976年からは企画室所属の契約社員として、設定制作、文芸、企画などを『風間洋』名にて担当。1984年『重戦機エルガイム』で脚本、1989年に企画を担当した番組のノベライズ『鎧正伝サムライトルーパー』で小説家デビュー。趣味である古代エジプト学の知識を元にしたファンタジーをはじめとする小説や、ムック本の解説などの他、ラジオドラマ脚本、作詞など、活動は多方面。古代エジプト学、博物学、イラスト、マンガ製作、最近はホビーロボット大会のボランティア活動等が趣味。『神の禽』シリーズ(角川書店)、『ファラオを盗め!!』上下(朝日ソノラマ)、『G-SAVIOUR』上下(集英社)、『幻の将軍』上下(エニックス)、『徹底図解・古代エジプト』(新星出版)など著書多数。

戦塵の泉

amazon Kindle

『戦塵の泉』

河原よしえ・著

戦場で互いに敵として再会した竹馬の友

 ベテゴアを脱出した塩商人カッシートを捕らえるため出撃したアルバン率いるジェル・アー軍とヤリム達の戦いは、ハラクティ側の圧倒的な勝利で終わった。ハラクティの一員として、ヤリムの部族と共に戦いに参加したエアンは、その卓越した剣捌きでハラクティ達の尊敬を集めるのだった。  しかし、戦いの最中、互いに敵として再会したアルバンの口から、ついにエアンはルス領事暗殺の真相と彼の裏切りを知るのだった。
 一方、緒戦で手痛い敗北を喫したアルバンは、砂の海での無力を思い知り、己の野望達成のためジェル・アー軍の立て直しに奔走するのだったが…。好評異世界大河ロマン第3巻。

●河原よしえ(かわはら・よしえ)
東京都杉並区出身。小学生時代から漫画家を目指しつつ、1975年にアニメーション制作会社、株式会社サンライズ(旧・有限会社サンライズスタジオ)でアルバイトを開始。翌1976年からは企画室所属の契約社員として、設定制作、文芸、企画などを『風間洋』名にて担当。1984年『重戦機エルガイム』で脚本、1989年に企画を担当した番組のノベライズ『鎧正伝サムライトルーパー』で小説家デビュー。趣味である古代エジプト学の知識を元にしたファンタジーをはじめとする小説や、ムック本の解説などの他、ラジオドラマ脚本、作詞など、活動は多方面。古代エジプト学、博物学、イラスト、マンガ製作、最近はホビーロボット大会のボランティア活動等が趣味。『神の禽』シリーズ(角川書店)、『ファラオを盗め!!』上下(朝日ソノラマ)、『G-SAVIOUR』上下(集英社)、『幻の将軍』上下(エニックス)、『徹底図解・古代エジプト』(新星出版)など著書多数。

貴き血の破片

amazon Kindle

『貴き血の破片』

河原よしえ・著

トルアの未来を賭け、茫漠たる砂海を北へ向かう

 ベテゴアに対する三大国の思惑のからむ中、ジェドア、ゼノビアという有能な人材を配下に加えたアルバンは、着々とジェル・アー軍の態勢を整えつつあった。
 ジャダの砂船が何者かに襲われる事件を契機に、その脅威に気づいたエアンは、不思議な老人ワリの協力の下、族長達にハラクティ団結を呼び掛けるのだが…。
 一方、トルア最古の歴史を刻み続けてきたアルタールでは、グザナ王ドゥアトの子を大巫女マリオラが身篭もる、という驚天動地の出来事が起こっていた。そしてファハンでも、政(まつりごと)に目覚めたアーシェア王の一挙手一投足が宮廷に波紋を投げ掛け始めていた。
 揺れ動くトルアの未来は果たして…。好評異世界大河ロマン第4巻。

●河原よしえ(かわはら・よしえ)
東京都杉並区出身。小学生時代から漫画家を目指しつつ、1975年にアニメーション制作会社、株式会社サンライズ(旧・有限会社サンライズスタジオ)でアルバイトを開始。翌1976年からは企画室所属の契約社員として、設定制作、文芸、企画などを『風間洋』名にて担当。1984年『重戦機エルガイム』で脚本、1989年に企画を担当した番組のノベライズ『鎧正伝サムライトルーパー』で小説家デビュー。趣味である古代エジプト学の知識を元にしたファンタジーをはじめとする小説や、ムック本の解説などの他、ラジオドラマ脚本、作詞など、活動は多方面。古代エジプト学、博物学、イラスト、マンガ製作、最近はホビーロボット大会のボランティア活動等が趣味。『神の禽』シリーズ(角川書店)、『ファラオを盗め!!』上下(朝日ソノラマ)、『G-SAVIOUR』上下(集英社)、『幻の将軍』上下(エニックス)、『徹底図解・古代エジプト』(新星出版)など著書多数。

遙かなる絆

amazon Kindle

『遙かなる絆』

河原よしえ・著

北の聖地「塩の神殿」でエアンの見たものは?

 ハラクティの団結のため、カッシートたち仲間と荒涼たる砂海(ジェル・アー)を北へと渡ったエアンだが、必死の説得も大部族長ニンガルを動かすことはできなかった。しかし、余興で剣を握らされたエアンの圧倒的な技量と度胸に、ニンガルは「お前たちに見せたいものがある…」と告げるのだった。
 同じ頃、アーシェア王のベテゴア視察を間近にひかえたファハンでは、王を疎ましく思うラベルト、ジェラン両将軍の陰謀が密かに動きはじめていた。そして、隣国グザナでは揺れ動くファハンを虎視眈々と狙うドゥアト王の姿があった。
 砂海でそしてトルア各地で世界の運命を賭けた動きが胎動しつつあった。好評異世界大河ロマン第5巻。

●河原よしえ(かわはら・よしえ)
東京都杉並区出身。小学生時代から漫画家を目指しつつ、1975年にアニメーション制作会社、株式会社サンライズ(旧・有限会社サンライズスタジオ)でアルバイトを開始。翌1976年からは企画室所属の契約社員として、設定制作、文芸、企画などを『風間洋』名にて担当。1984年『重戦機エルガイム』で脚本、1989年に企画を担当した番組のノベライズ『鎧正伝サムライトルーパー』で小説家デビュー。趣味である古代エジプト学の知識を元にしたファンタジーをはじめとする小説や、ムック本の解説などの他、ラジオドラマ脚本、作詞など、活動は多方面。古代エジプト学、博物学、イラスト、マンガ製作、最近はホビーロボット大会のボランティア活動等が趣味。『神の禽』シリーズ(角川書店)、『ファラオを盗め!!』上下(朝日ソノラマ)、『G-SAVIOUR』上下(集英社)、『幻の将軍』上下(エニックス)、『徹底図解・古代エジプト』(新星出版)など著書多数。

輝きの彼方

amazon Kindle

『輝きの彼方』

河原よしえ・著

仲間と共にグザナの包囲網を破ったエアンだが…

 王のベテゴア視察の隙をついた、隣国グザナの大軍の前に、ファハンの都ヘリアは危機に頻していた。ハトラ救出のため、仲間と共にグザナの包囲網を破りヘリアへ入ったエアンは、父やハトラと久方ぶりの再会をはたすのだが、十万近い包囲軍との兵力差は覆すべくもなかった。
 しかし、突如優勢なはずのグザナ軍は兵を退きはじめた。不審に思う一同だが、迷い込んだ一羽のウサラの抱える密書により、ベテゴア独立という驚くべき事実を知るのだった。グザナ軍の動きはベテゴア攻略にある、とにらんだエアンは、ハトラと共にベテゴアへと馬を飛ばすが…。
 風雲急を告げるベテゴア。トルアの未来を決める戦いが、今、始まろうとしている。異世界大河ロマン、感動のシリーズ完結篇。

●河原よしえ(かわはら・よしえ)
東京都杉並区出身。小学生時代から漫画家を目指しつつ、1975年にアニメーション制作会社、株式会社サンライズ(旧・有限会社サンライズスタジオ)でアルバイトを開始。翌1976年からは企画室所属の契約社員として、設定制作、文芸、企画などを『風間洋』名にて担当。1984年『重戦機エルガイム』で脚本、1989年に企画を担当した番組のノベライズ『鎧正伝サムライトルーパー』で小説家デビュー。趣味である古代エジプト学の知識を元にしたファンタジーをはじめとする小説や、ムック本の解説などの他、ラジオドラマ脚本、作詞など、活動は多方面。古代エジプト学、博物学、イラスト、マンガ製作、最近はホビーロボット大会のボランティア活動等が趣味。『神の禽』シリーズ(角川書店)、『ファラオを盗め!!』上下(朝日ソノラマ)、『G-SAVIOUR』上下(集英社)、『幻の将軍』上下(エニックス)、『徹底図解・古代エジプト』(新星出版)など著書多数。

鎧正伝1 サムライトルーパー 乾坤篇

amazon Kindle

『鎧正伝1 サムライトルーパー 乾坤篇』

河原よしえ・著

烈火・金剛・光輪・天空・水滸、"五勇士"の少年がいま立ち上がる!

 遙かなる昔。人間界に災いをもたらした邪悪な存在があった。妖邪帝王・阿羅醐(あらご)と呼ばれるその存在は、一千年の時を隔て、今、破壊と殺戮の魔手を再び人間界へのばしはじめた。新宿の歩行者天国。家族連れでにぎわう平和な光景は、稲妻とともに突如出現した異形の妖邪兵により、一瞬のうちにパニックと化した。妖邪兵が、逃げ惑う人々を掴み上げ巨大な鎌でその首をはねようとしたとき、そこに五人の少年達の姿があった。彼らこそ、邪悪がこの世にはびこりしとき出現するという伝説の鎧戦士(トルーパー)だった。妖邪兵を倒した五人に襲いかかる阿羅醐親衛隊・四魔将の熾烈な攻撃、高層ビルの上に出現した巨大な城が少年達を圧倒する…。伝説の鎧をめぐり、今、妖邪と鎧戦士達の戦いが始まる!
 大人気TVアニメーションのノベライズ第1弾が、電子版あとがきを追加してついに復刊!

●河原よしえ(かわはら・よしえ)
東京都杉並区出身。株式会社サンライズで設定制作、文芸、企画を『風間洋』名にて担当。1984年『重戦機エルガイム』で脚本、1989年に企画を担当した番組のノベライズ『鎧正伝サムライトルーパー』で小説家デビュー。『神の禽』など著書多数。

鎧正伝2 サムライトルーパー 英魂篇

amazon Kindle

『鎧正伝2 サムライトルーパー 英魂篇』

河原よしえ・著

遼が発動させた謎の鎧とは何か? 鎧伝説の謎が今明らかにされる!

 新宿に出現した巨大な阿羅醐(あらご)城で、遼の"仁の心"が発動させた謎の鎧は、圧倒的な力で阿羅醐を封じ込め、城を崩壊させた。一時の安らかな時を迎えた五人の鎧戦士(トルーパー)とナスティ達。だが、師・迦雄須(かおす)を失った痛手は大きかった。そして、戦いに傷ついた遼と烈火の鎧は、少年達に不安をいだかせていた。一方、妖邪界では阿羅醐もまた自分を封じ込めた謎の鎧・輝煌帝(きこうてい)を我がものにせんと動き始めていた。パワーアップした魔将達の攻撃。阿羅醐城崩壊の中で消えた鬼魔将・朱天の行方は…。そして新たなる敵? 謎の妖邪剣士・剣舞卿のねらいは何か…。最強の鎧・輝煌帝の謎は、戦いの場を妖邪界へ移しながら深まっていく。
 大人気TVアニメーションのノベライズ第2弾が、電子版あとがきを追加してついに復刊!

●河原よしえ(かわはら・よしえ)
東京都杉並区出身。株式会社サンライズで設定制作、文芸、企画を『風間洋』名にて担当。1984年『重戦機エルガイム』で脚本、1989年に企画を担当した番組のノベライズ『鎧正伝サムライトルーパー』で小説家デビュー。『神の禽』など著書多数。

鎧正伝3 サムライトルーパー 幸魂篇

amazon Kindle

『鎧正伝3 サムライトルーパー 幸魂篇』

河原よしえ・著

遙かな伝説の時代を舞台に、サムライトルーパーの原点を描く感動巨編!

 この世界を不浄なる心から守り、正しき道へと導く役目を担う不思議な一族の末裔・迦遊羅(かゆら)は、五人の鎧戦士(トルーパー)により悪しき力の封印より解放され、一千年の時を隔てて生まれ故郷へと向かった。迦雄須(かおす)一族の聖地である湖に着いた彼女は、錫杖の不思議な導きによって一族に代々伝わる"輝煌帝(きこうてい)伝説"誕生の物語を知るのだった…。
 大人気TVアニメーションのノベライズ第3弾が、電子版あとがきを追加してついに復刊!

●河原よしえ(かわはら・よしえ)
東京都杉並区出身。株式会社サンライズで設定制作、文芸、企画を『風間洋』名にて担当。1984年『重戦機エルガイム』で脚本、1989年に企画を担当した番組のノベライズ『鎧正伝サムライトルーパー』で小説家デビュー。『神の禽』など著書多数。

鎧正伝4 サムライトルーパー 晨昏篇

amazon Kindle

『鎧正伝4 サムライトルーパー 晨昏篇』

河原よしえ・著

一族の"守り"が鳴るとき、一人の偉大なる男が生まれた……鎧正伝シリーズ完結編!

 今から一千年あまり前、遙かな伝説の時代より"輝ける者"の教えを守り伝え続けているという迦雄須(かおす)一族に、数百年ぶりに一族の指導者となるべきひとりの子供が生まれた。しかし、それはまたこの世が邪悪に満ちた暗い時代に入っていくことをも暗示していたのだった。そして二十年近い月日が流れ、平安の都を舞台に、愛する男を権勢の頂点に再びつけようとする一人の女の欲と、"鬼"と呼ばれた一人の男との出会いがいつしかこの世に邪悪を呼び込むこととなっていくのだった…。阿羅醐(あらご)との宿命の対決を中心に、九つの鎧の誕生の謎が語られる。
 大人気TVアニメーションのノベライズ第4弾が、電子版あとがきを追加してついに復刊!

●河原よしえ(かわはら・よしえ)
東京都杉並区出身。株式会社サンライズで設定制作、文芸、企画を『風間洋』名にて担当。1984年『重戦機エルガイム』で脚本、1989年に企画を担当した番組のノベライズ『鎧正伝サムライトルーパー』で小説家デビュー。『神の禽』など著書多数。

鎧外伝 サムライトルーパー

amazon Kindle

『鎧外伝 サムライトルーパー』

河原よしえ・著

遼、当麻、伸、征士、シュウ……彼ら五人の鎧との出会い、そして真の"心"の目覚めを描く短編集

 古よりの妖邪と人間界の戦いは、遙かな時を隔て、今、力を秘めた鎧と共に少年たちを新たな運命へと旅立たせる。遼、当麻、伸、征士、シュウ。彼ら五人の鎧戦士たちの鎧との出会いと、真の"心"の目覚めをいきいきと描く。これまで語られることのなかった少年たちの過去が今、小説となってあなたのもとへ。
 大人気TVアニメーションのノベライズ、ファン待望のトルーパー・キャラクター編が、電子版あとがきを追加してついに復刊!

●河原よしえ(かわはら・よしえ)
東京都杉並区出身。株式会社サンライズで設定制作、文芸、企画を『風間洋』名にて担当。1984年『重戦機エルガイム』で脚本、1989年に企画を担当した番組のノベライズ『鎧正伝サムライトルーパー』で小説家デビュー。『神の禽』など著書多数。

蒼き影のリリス

amazon Kindle

『蒼き影のリリス』

菊地秀行・著

都会の闇を血の花で彩る、美しき彫像リリスと吸血鬼の妖闘

 おれは秋月、大学生にして難事件の解決屋だ。ある日持ち込まれた依頼は、「美女の背骨が木片に変わる」という奇妙な事件だった。背骨の謎を追ううち、おれは銀座で吸血鬼どもに襲われる。
 そこに月光とともに現れた、美しい彫像のような盲目の若者……リリス。おれの敵か、味方か? 妖闘を繰り広げる夜の一族が探しているものは……。

 傑作吸血鬼浪漫シリーズ、その第1弾が電子で復刊! 文庫版ではカットされたノベルス版挿し絵をすべて収録、さらに文庫版カバーで使用されたカラーイラストも収録した、まさに完全版。

●菊地秀行(きくち・ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、1982年『魔界都市"新宿"』でデビュー。1985年、『魔界行』三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。伝奇・幻想・バイオレンス小説の第一人者。著作は300冊を超える。

シビルの爪1

amazon Kindle

『シビルの爪1』

菊地秀行・著

渦巻く血臭に混じる異形の臭い…人狼が闇夜から現れた

 常識外れの事件の解決屋であるおれは、ふとした縁で知り合ったアイドル古城里沙から、奇妙な手紙を受けとった。義母のシビルが人間ではない、怖いというのだ。絢爛たる熟女シビルに妖しの匂いを感じたおれは、古城家の別荘へ向かうが、里沙はすでに石と化していた。シビルは告げた……これはリリスの仕業だと。
 吸血鬼一族と闘う盲目の美青年リリスが軽井沢に現れ、リリスを狙う奇怪な刺客「四聖者」が出現。そして人狼がおれに襲いかかり、別荘地は妖闘の巷に!

 傑作吸血鬼浪漫シリーズ、その第2弾が電子で復刊! 文庫版ではカットされたノベルス版挿し絵をすべて収録、さらに文庫版カバーで使用されたカラーイラストも収録した、まさに完全版。

●菊地秀行(きくち・ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、1982年『魔界都市"新宿"』でデビュー。1985年、『魔界行』三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。伝奇・幻想・バイオレンス小説の第一人者。著作は300冊を超える。

シビルの爪2

amazon Kindle

『シビルの爪2』

菊地秀行・著

闇の結界を操る、天使のような顔立ちを持った若者

 アイドル女優古城里沙は「義母のシビルが恐い」とおれに打ち明けた夜、何者かに吸血され石と化してしまった。夜の一族であるシビルは、リリスの仕業だと言い、リリスには異形の刺家"四聖者"が襲いかかる……。
 なぜ里沙は石化させられたのか。誰が味方で誰が敵なのか。おれは四聖者にリリスを狙わせた依頼主を突き止めるため香港へ飛ぶが、シビルの息子フランクの登場で、妖闘は一段と苛烈になる。しかし、リリスの正体は今も深い闇の中だ……。

 傑作吸血鬼浪漫シリーズ、その第3弾が電子で復刊! 文庫版ではカットされたノベルス版挿し絵をすべて収録、さらに文庫版カバーで使用されたカラーイラストも収録した、まさに完全版。

●菊地秀行(きくち・ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、1982年『魔界都市"新宿"』でデビュー。1985年、『魔界行』三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。伝奇・幻想・バイオレンス小説の第一人者。著作は300冊を超える。

シビルの爪3

amazon Kindle

『シビルの爪3』

菊地秀行・著

彼女の微笑みは宝石のごとく、その動きは石さえも魅惑する魔性のもの

 大力士たち四聖者にリリスの捕獲を依頼したのは、太古「夏」時代のおれだった! しかしその記憶も目的も不明なまま、おれはリリスとシビルとの戦いの渦中だ。シビルにより誤作動された"母体"が操るグレイズは、恐るべき破壊力で殺戮を実行し、リリスに襲いかかる。"母体"の修正装置は、エジプトのピラミッド群にあるらしい……。
 そして吸血された二人の美少女、里沙と美由貴をおれは助け出すことができるのか? リリスの「血」をめぐる夜の一族たちの戦いはクライマックスに!

 傑作吸血鬼浪漫シリーズ、その第4弾が電子で復刊! 文庫版ではカットされたノベルス版挿し絵をすべて収録、さらに文庫版カバーで使用されたカラーイラストも収録した、まさに完全版。

●菊地秀行(きくち・ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、1982年『魔界都市"新宿"』でデビュー。1985年、『魔界行』三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。伝奇・幻想・バイオレンス小説の第一人者。著作は300冊を超える。

ブルー・ソルジャー

amazon Kindle

『ブルー・ソルジャー』

菊地秀行・著

血に飢えた不死身の兵士はリリスを狙う敵なのか?

 七月の夜、人気のない原宿の裏通り。天鵞絨(びろうど)のコート、マフラーを纒った奇妙な男とすれ違った刹那、おれの首は切り裂かれた。男は"シャドー"と名乗る暗殺者で、"ダーク"という相棒もいる。おれをこんな目に遭わせるとは、奴らもまた吸血鬼……。暗殺者はリリスを抹殺すべく、その邪魔になるおれを、最初に狙ったのだった。
 リリス。あの盲目の美青年は、何者なんだ。おれは、リリスとは無関係だと暗殺者に訴えるため、奴らの根拠……新橋の寂れた映画館に向かう。しかし、そこに二人の姿はなく、尋常な闘いに飽きた不死身の兵士"ブルー・ソルジャー"がいた! "こちら側"にやって来た彼の目的は? やはり、リリスとおれの敵なのか。

 傑作吸血鬼浪漫シリーズ、その第5弾が電子で復刊! 文庫版ではカットされたノベルス版挿し絵をすべて収録、さらに文庫版カバーで使用されたカラーイラストも収録した、まさに完全版。

●菊地秀行(きくち・ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、1982年『魔界都市"新宿"』でデビュー。1985年、『魔界行』三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。伝奇・幻想・バイオレンス小説の第一人者。著作は300冊を超える。

ブルー・ソルジャー 完結篇

amazon Kindle

『ブルー・ソルジャー 完結篇』

菊地秀行・著

吸血鬼と不死者の暗闘、そして地獄の魔王・千光が現れて…

 リリスとおれを抹殺すべく襲撃してきた吸血鬼"シャドー"と"ダーク"を、容赦なく葬り去った不死身の兵士"ブルー・ソルジャー"ことバイロン。だが、冷酷非情にして凄腕である、この不死者も味方ではなかった……。"シャドー"たちから救出した東堂知恵を監禁し、依頼主の命によりリリスと「取り引き」をするというのだ。
 はたしてバイロンの目的は一体何なのか? そして彼の背後に潜み、リリスに匹敵する力を持つ依頼主の正体が明らかになる!

 傑作吸血鬼浪漫シリーズ、最終巻となるその第6弾が電子で復刊! 文庫版ではカットされたノベルス版挿し絵をすべて収録した、まさに完全版。

●菊地秀行(きくち・ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、1982年『魔界都市"新宿"』でデビュー。1985年、『魔界行』三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。伝奇・幻想・バイオレンス小説の第一人者。著作は300冊を超える。

マリオネットの譚詩

amazon Kindle

『マリオネットの譚詩』

菊地秀行・著

獣人に追われる少女の前に、謎の転校生が登場して…

 東京都立流(ながれ)高校。その学区では、猛獣のしわざとしか思えない悲惨な殺人事件が続発していた。  夜の校舎。画壇期待の逸材と讃えられる2年生、故里やよいは、顔のない肖像画を前に、ひとり、制作を続けていた。やがて迫りくる黒い影。だがそれは、謎の転校生との出会いの夜でもあった。
 血に飢えた獣たちを操るのは誰か? ついに、最終戦争が始まった…!!

 クトゥルー神話の世界観がふんだんに作中に盛り込まれたバイオレンス・アクションの傑作。

●菊地秀行(きくち・ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、1982年『魔界都市"新宿"』でデビュー。1985年、『魔界行』三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。伝奇・幻想・バイオレンス小説の第一人者。著作は300冊を超える。

グッバイ万智子

amazon Kindle

『グッバイ万智子』

菊地秀行・著

超能力を秘めた少女と少年の逃避行、その結末は…?

 ある夏の日。「乗っていかない?」車の中から声をかけたのは万智子。声をかけられた少年は、風に身をまかせる風来坊。それ以上は相手について何も訊かず、自分について何も語らない、そんな2人の旅が始まる。
 2人はそれぞれ別の何者かに追われていた。その追手からの攻撃や、訪れる土地で出会う奇妙な現象に、目に見えない不思議な力で対処していく万智子。自分の理解を超えた力を持つ万智子に、少年は次第に惹かれていく…。果てしなく続く道を、2人を乗せた甲虫(ビートル)が疾走する。

 『風の名はアムネジア』『インベーダー・サマー』などに連なるロードムービー風青春小説。

●菊地秀行(きくち・ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、1982年『魔界都市"新宿"』でデビュー。1985年、『魔界行』三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。伝奇・幻想・バイオレンス小説の第一人者。著作は300冊を超える。

異西部の剣士

amazon Kindle

『異西部の剣士』

菊地秀行・著

パラレルワールドの"幕末"期に沖田総司の必殺剣が閃く!

 1875年。新撰組が京都・池田屋に勤皇の志士を襲ってから、10年が過ぎた。その間各地で幕府軍は圧倒的な勝利を収め、土佐・長州はすでに降伏し、鳥羽伏見で西郷が重傷を負った薩摩も、幕府に屈するのは時間の問題となっていた。勝利の要因が機械人間(オートマン・ソルジャー)等の科学王国フランスが貸与した最新兵器にあったとはいえ、時の大勢はほぼ決していたのである。  ただ唯一幕閣が懸念するのは、《龍馬ある限り、陽は沈まぬ》と讃えられた坂本龍馬の行方であった。彼はある目的を抱いて、新大陸アメリカに逃れたのである。
 龍馬捕縛を命じられたのは、新選組一番隊長・沖田総司であった。総司は、龍馬の恋人・小夜を囮役に伴い、山南敬助等新選組同志4名と共にフランスの水中船に乗り込んで追跡を開始した。

 鬼才が描く壮大なSFアクション時代劇・第1弾! ソノラマ文庫では未収録だった雑誌『獅子王』連載時のカラー扉イラストを巻末に特別収録!

●菊地秀行(きくち・ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、1982年『魔界都市"新宿"』でデビュー。1985年、『魔界行』三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。伝奇・幻想・バイオレンス小説の第一人者。著作は300冊を超える。

アリゾナ剣銃風

amazon Kindle

『アリゾナ剣銃風』

菊地秀行・著

荒野を行く新選組に凶暴な恐竜たちが襲いかかる

 サクラメントから大陸横断鉄道に乗り込んで広大な中西部の荒野に姿を消した龍馬を追って、沖田総司ら5人は騎馬で追跡行を開始した。龍馬探索に関わるアメリカ合衆国司法省の介入を嫌って指令に背き、ウォーレン・マイヤー率いる特別調査官らを敵に回しての旅立ちであった。
 龍馬がユタ州プレモントリーで下車したことを突き止めた総司は一路東へ進んだが、前途に広がる中西部の荒野は暴竜や大蠍(おおさそり)が抜扈(ばっこ)する魔境であり、ジェームス強盗団らが列車襲撃を企てる無法地帯でもあった。総司の一行はたちまちその脅威にさらされるが、最も恐るべき敵は、龍馬と共に今や総司をも標的にすえた6人の追って……吸血鬼マインスター男爵ら、妖人揃いの特別調査官たちであった。

 著者渾身の一大スペクタクル時代劇・第2弾! ソノラマ文庫では未収録だった雑誌『獅子王』連載時のカラー扉イラストを巻末に特別収録!

●菊地秀行(きくち・ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、1982年『魔界都市"新宿"』でデビュー。1985年、『魔界行』三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。伝奇・幻想・バイオレンス小説の第一人者。著作は300冊を超える。

無法街決闘伝

amazon Kindle

『無法街決闘伝』

菊地秀行・著

沖田総司の剣が閃き、史上最も有名な決闘劇の幕が上がる!

 "谷の生命"奪還のために、沖田総司とジェシー・ジェームスが足を踏み入れたトゥームストーンの町は、未曾有(みぞう)の混乱に包まれていた。ユニオン・パシフィック社の手で魔境グランド・キャニオンから持ち出された己れの"生命"を求め、谷が町の周囲に出現したのだ。
 事態を憂慮した科学者モーガンと保安官ヴァージルのアープ兄弟は、"谷の生命"の返還を主張するが、観光地化をもくろむユニオン・パシフィック側と町長は聞き入れようとしない。
 副大統領を迎えて2日後に開催される「アリゾナ開発会議」を目前にして揺れる町に、混迷の度を深める事件が発生した。

 痛快アクション「ウエスタン武芸帳」シリーズ・第3弾! ソノラマ文庫では未収録だった雑誌『獅子王』連載時のカラー扉イラストを巻末に特別収録!

●菊地秀行(きくち・ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、1982年『魔界都市"新宿"』でデビュー。1985年、『魔界行』三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。伝奇・幻想・バイオレンス小説の第一人者。著作は300冊を超える。

影歩む港

amazon Kindle

『影歩む港』

菊地秀行・著

一人ずつ人間が消されていく……霧の深い夜に訪れる異様な影!

 北の港町にある居酒屋「一膳」にフラリとやってきた光馬宗吉。地元の四人に加え、常連客の一人となった頃、霧の濃い夜に、街角で若い娼婦が相次いで斬殺された。百年ほど前、ロンドンで起きた「切り裂きジャック」事件を彷彿させる事件であった。光馬は、霧に紛れて消えた異様な影を目撃、その真相に迫るが…。
 次々に起こる怪異な事件とともに、常連客が一人ずつ殺されていく…。ホラー・サスペンス。

●菊地秀行(きくち・ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、1982年『魔界都市"新宿"』でデビュー。1985年、『魔界行』三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。伝奇・幻想・バイオレンス小説の第一人者。著作は300冊を超える。

古えホテル

amazon Kindle

『古えホテル』

菊地秀行・著

永い歳月を生きてきた古いホテルには、必ず秘められた伝説が息づいている

 見知らぬ人々が出会い、愛し合い、別れてゆく"ホテル"。磨き込まれた大理石のロビーを近付いてくる靴音。漂う高価な香水の匂い。そしてひとたび部屋に入れば…。
 甘やかな風渡る窓辺に立つ女、その女の肩に手をかけ佇む男。ホテルは遥かな夢へと二人を誘う。現在と過去、夜と昼、男と女―時間と空間が捩れ、融け合うここでは、あらゆる不可思議、怪異が許されるのだ。
 人気作家・菊地秀行が"ホテル"の持つ魔力を自在に操り、目眩めく世界を紡いだ、香り高き愛の物語。異色の幻想ホラーの世界がここに…。

・古えホテル
・記念日の交換手
・メイク・アップ・ストーリー
・ノックをされたら
・追跡者
・昨日の夏
・片恋い
・ラヴ・レター
・クローズ・デイ

●菊地秀行(きくち・ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、1982年『魔界都市"新宿"』でデビュー。1985年、『魔界行』三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。伝奇・幻想・バイオレンス小説の第一人者。著作は300冊を超える。

マンハッタン聖魔伝

amazon Kindle

『マンハッタン聖魔伝』

菊地秀行・著

壮絶で淫猥な超バトルを繰り広げる超伝奇バイオレンス

 深夜の工事現場で"つくりもの"の若い娘がやくざたちに惨殺された。それを契機に、現場に遭遇したグラマラスなヌードダンサー来須へらと、小柄で華奢な身体にもかかわらず底知れぬパワーを秘めた夫・三吉の前に現出する奇怪な事件の数々。稀代の魔女グレタ・ヘンデルと謎の美少年遙が目論む邪悪なる陰謀とは? そして奇妙な夫婦の正体は…?

●菊地秀行(きくち・ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、1982年『魔界都市"新宿"』でデビュー。1985年、『魔界行』三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。伝奇・幻想・バイオレンス小説の第一人者。著作は300冊を超える。

切り裂き街のジャック

amazon Kindle

『切り裂き街のジャック』

菊地秀行・著

人工的に造られた倫敦(ロンドン)で切り裂きジャックを追う

 1888年8月31日、イースト・エンドの片隅の路上で女が喉をかききられて、死んだ。ロンドンを恐怖の底につきおとす切り裂きジャックの兇行のはじまりだった。
 ……そして、2105年、気象コントロール衛星の誤動作から、世界は海水で満たされていた。だが、ひとりの男の妄執は、逆流するテームズ河を塞き止め、歴史そのままのロンドンを創りあげた。
 煉瓦造りの町並みにけぶるガス灯、道をゆく二輪馬車、街角で声をはりあげる靴磨きの少年や新聞売りたち、19世紀末のロンドンそっくりの街。そしてまた、切り裂きジャックもあらたな兇行を繰り返す!

●菊地秀行(きくち・ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、1982年『魔界都市"新宿"』でデビュー。1985年、『魔界行』三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。伝奇・幻想・バイオレンス小説の第一人者。著作は300冊を超える。

魔王軍団1 妖人編

amazon Kindle

『魔王軍団1 妖人編』

菊地秀行・著

異次元の奇怪な死闘が続き、渋谷は妖異の街と化してゆく

 青田学院大学史学科三年の紫水愛美は、赤坂の骨董店主・五十嵐から、二千年前のものだという亜麻布を見せられた。その帰途、地下鉄の車輛内で、愛美は足首まで達する柿色の長衣をまとった不気味な三人組の男に拉致され、危いところを友人の遼麻出に救出された。その時から愛美は、異界と現世を行き来することに…。"死を招く"亜麻布の正体とは?
 圧倒的迫力で描く傑作超伝奇バイオレンス第1弾が、ノベルス版のあとがき原稿と天野喜孝氏による挿し絵を復刻して電子書籍で登場!

●菊地秀行(きくち・ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、1982年『魔界都市"新宿"』でデビュー。1985年、『魔界行』三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。伝奇・幻想・バイオレンス小説の第一人者。著作は300冊を超える。

魔王軍団2 妖布編

amazon Kindle

『魔王軍団2 妖布編』

菊地秀行・著

怪異な世界に誘う亜麻布を巡って、熾烈な死闘が繰り返される

 謎の聖骸布を手に入れた青田学院大学の丹波教授を狙う聖布普及協会の不気味な一団……彼らは大学を妖霧に包んで襲撃したが、謎の学生遼麻出の反撃にあい、一旦は引きあげた。が、遼麻の同級生でミス青田学院の紫水愛美が、空を飛ぶ老易者にさらわれたのだ。一方、聖骸布を手にした浮浪者に愛人を殺され、復讐に燃えるヤクザの三吉は遼麻とかかわることに…。
 圧倒的迫力で描く傑作超伝奇バイオレンス第2弾が、ノベルス版のあとがき原稿と天野喜孝氏による挿し絵を復刻して電子書籍で登場!

●菊地秀行(きくち・ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、1982年『魔界都市"新宿"』でデビュー。1985年、『魔界行』三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。伝奇・幻想・バイオレンス小説の第一人者。著作は300冊を超える。

魔王軍団3 妖界編

amazon Kindle

『魔王軍団3 妖界編』

菊地秀行・著

銃弾に貫かれた布は痛さに反応し、その痛みは大地震として顕現した

 謎の易者・魔羅魔羅堂の大邸宅には、遼麻出、ヤクザの三吉、術にかかり生ける人形と化した紫水愛美、聖布普及協会日本支部の静香ら"布"を追い求める面々が集っていた。復讐の念に燃える三吉は相庭司教の配下に向けマグナムの引金を引くが、その弾丸が"布"を打ち破ったのだ。全員が凍りついたその瞬間、襲いくる巨大地震! 再び消えた"布"を求めて、彼らは北海道大雪山に向かった…。
 圧倒的迫力で描く傑作超伝奇バイオレンス第3弾にして完結編が、ノベルス版のあとがき原稿と天野喜孝氏による挿し絵を復刻して電子書籍で登場!

●菊地秀行(きくち・ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、1982年『魔界都市"新宿"』でデビュー。1985年、『魔界行』三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。伝奇・幻想・バイオレンス小説の第一人者。著作は300冊を超える。

妖鬼特捜官

amazon Kindle

『妖鬼特捜官』

菊地秀行・著

歪められた歴史の裂け目から顔を覗かせる、おぞましき魔界

 伽蘭堂馬、39歳。もとグリーン・ベレー及びフランス外人部隊の傭兵。戦功十字章七度。今はグアムでしがない射場のマスターである。
 去年の夏、日本人夫婦が訪れてから急に身辺がキナ臭くなってきた。幻の蛇に襲われたり、甲胄姿の侍に斬りかけられたり…。そして、謎を追い日本に帰った堂馬の行き着いた先は、現代のミステリー・ゾーン、平家の落人の里だった!

●菊地秀行(きくち・ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、1982年『魔界都市"新宿"』でデビュー。1985年、『魔界行』三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。伝奇・幻想・バイオレンス小説の第一人者。著作は300冊を超える。

蚤のサーカス

amazon Kindle

『蚤のサーカス』

藤田雅矢・著

蚤に魅せられた男の野望と、虫好き少年たちの活躍を描く冒険物語

 さあお立ち会い、世にも珍しいサーカスだ。だけど蚤に心まで奪われちゃいけないよ。1970年、大阪万博が延期された架空の世界を舞台に、虫好き少年の友情と、謎の「蚤のサーカス」を巡る冒険を描いたファンタジー。

●藤田雅矢(ふじた・まさや)
1961年、京都市生まれ。農学博士。1995年、第7回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞。同年、「月当番」で第26回JOMO童話賞佳作。2007年、「ダーフの島」でSFマガジン読者賞受賞。著書に『星の綿毛』など小説のほか、『捨てるな、うまいタネNEO』などの園芸書もある。

星の綿毛

amazon Kindle

『星の綿毛』

藤田雅矢・著

砂漠を耕し、種子を播きながら移動する巨大装置「ハハ」はなぜ生まれたのか

 どことも知らぬ砂漠の惑星。そこでは「ハハ」と呼ばれる銀色の巨大な装置が、荒れた大地を耕し、さまざまな種子を播きながら移動を続けていた。「ハハ」に寄生する人々のムラで、少年ニジダマは暮らしていた。どこかに存在するというトシに憧れる彼は、ある日、トシからの交易人を名乗る男ツキカゲを迎える。それは、世界に隠された大いなる秘密と、ささやかな約束へとみちびく出会いであった…。
 植物育種家にして叙情SFの名手が描く、とある世界の発芽と収穫の物語。

●藤田雅矢(ふじた・まさや)
1961年、京都市生まれ。農学博士。1995年、第7回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞。同年、「月当番」で第26回JOMO童話賞佳作。2007年、「ダーフの島」でSFマガジン読者賞受賞。著書に『星の綿毛』など小説のほか、『捨てるな、うまいタネNEO』などの園芸書もある。

コンビネーション

amazon Kindle

『コンビネーション』

谷山由紀・著

一途な野球への想いを真っすぐに描ききった青春小説の名作

 契約金一億で、即戦力と期待された左腕のスーパールーキー・岡野が入ったチームには、三年前にドラフト5位で入った名倉という選手がいた。常に要領よく、敷かれたレールに乗っていた岡野の目には、名倉はただの不器用な男としか映らなかったが……。  6人のチームメイトとひとりの少女の目を通して、名倉の成長を描く。すべての野球狂に贈る珠玉のハートフル連作短編。

●谷山由紀(たにやま・ゆき)
作家。文芸同人誌活動のかたわら雑誌投稿を始め、1993年雑誌「グリフォン」(朝日ソノラマ)に短編投稿作が掲載されたのを機に、1995年『コンビネーション』(ソノラマ文庫)でデビュー。その後、『天夢航海』『こんなに緑の森の中』(いずれもソノラマ文庫)を発表。

天夢航海

amazon Kindle

『天夢航海』

谷山由紀・著

あの星空のどこかに、私が私でいられる場所がある

 両親の離婚で都会から地方の女子校へ編入したあさみは、どうしてもクラスになじむことができなかった。そんなとき、彼女は本屋のレジの脇にひっそりと置かれた『天夢界紀行』という小説に出会い、その作品世界に強く惹かれていく。それは、どこか別の星にあるパラダイス……天夢界からの迎えの船を、望郷の思いに身を焦がしながらこの地上で待つ天夢界人たちの物語だった。
 自分にも迎えの船が来ることを願うあさみは、ある日、本当に天夢界行きの船のチケットを手に入れてしまい……。
 天夢界に憧れる少女たちを描く連作短編集。

●谷山由紀(たにやま・ゆき)
作家。文芸同人誌活動のかたわら雑誌投稿を始め、1993年雑誌「グリフォン」(朝日ソノラマ)に短編投稿作が掲載されたのを機に、1995年『コンビネーション』(ソノラマ文庫)でデビュー。その後、『天夢航海』『こんなに緑の森の中』(いずれもソノラマ文庫)を発表。

こんなに緑の森の中

amazon Kindle

『こんなに緑の森の中』

谷山由紀・著

そのアパートでは猫が人間に変身しても不思議じゃない…?

 高校を中退して大学入学資格検定を目指す大内純一は、海外出張で半年間アパートを離れるいとこの部屋で猫の世話をしながら受験勉強することになった。ところがアパートで純一を待っていたのは猫の虎造ではなく、茶色の髪をした奇妙な少年・ボビーだった。自分を"猫"だと言い張る、この少年の正体は……!?
 何かを諦めようとしている人へ贈る、不思議なアパートを舞台にしたヒーリング・ファンタジー。

●谷山由紀(たにやま・ゆき)
作家。文芸同人誌活動のかたわら雑誌投稿を始め、1993年雑誌「グリフォン」(朝日ソノラマ)に短編投稿作が掲載されたのを機に、1995年『コンビネーション』(ソノラマ文庫)でデビュー。その後、『天夢航海』『こんなに緑の森の中』(いずれもソノラマ文庫)を発表。

公園のお姫さま

amazon Kindle

『公園のお姫さま』

谷山由紀・著

せつなくて、不器用で、優しさあふれる物語

 少しだけ青春だったり、少しだけ家族愛だったり、少しだけSFだったり…。そんな不思議なお話を集めてみました。
 あなたが昔大切にしていたはずなのに、いつの間にか失くしてしまった想い。もう一度、あの頃の気持ちに戻れるかもしれません。
 ココロがじんわりあたたかくなるハートフル短篇小説を10本収録。電子オリジナル作品。

・バス停の銀杏の木
・二月のさなぎ
・七番目の朝
・公園のお姫さま
・猫かぶり姫
・上海音厘(シャンハイ・オルゴール)
・きっとひとりで歩いてゆける
・むかし・むかし
・福猫
・花ごはん

●谷山由紀(たにやま・ゆき)
作家。文芸同人誌活動のかたわら雑誌投稿を始め、1993年雑誌「グリフォン」(朝日ソノラマ)に短編投稿作が掲載されたのを機に、1995年『コンビネーション』(ソノラマ文庫)でデビュー。その後、『天夢航海』『こんなに緑の森の中』(いずれもソノラマ文庫)を発表。

鍋が笑う

amazon Kindle

『鍋が笑う』

岡本賢一・著

植民惑星に輪出された鍋は、生きとし生けるものを慈しむ

 『アマズ君、喜びたまえ。君に特別極秘業務命令だ』
「極秘……?」
『至急、明日の5007便で、人工惑星S7コロニーへ出張してもらいたい』
 株式会社オガミのアズマ係長代理は、ある日突然、輸出された自社の鍋を回収することを命ぜられる。なんとその原因は、"鍋が笑うから"というのだ。仔細を知らされず、植民惑星に赴いたアズマ。彼はそこで、鍋たちが住民を助け彼らにとってなくてはならない存在になっていることに気づいていく……。
 ほのかなユーモアと胸にせまる叙情性。第13回日本SFファンジン大賞を受賞した名作が電子で復刊!

●岡本賢一(おかもと・けんいち)
1964年、八丈島で生まれる。1994年に『銀河聖船記1 ディアスの少女』(ソノラマ文庫)にてデビューし、同年「宇宙塵」掲載の『鍋が笑う』にてSFファンジン大賞を授賞する。1996年に第三回パスカル短篇文学新人賞を受賞。小説以外では、劇団飛行船の第一回シナリオ公募にて準優秀賞を得ている。ライトノベル系のSFアクション小説を中心に三〇冊ほどの長篇を発表。同時に雑誌や新聞、アンソロジー等にSFホラー系の短篇小説を多数掲載している。

ディアスの少女

amazon Kindle

『ディアスの少女』

岡本賢一・著

敵の包囲網をかいくぐり、少女は巨大戦艦復活を目指す

 長屋の屋根を突き破って飛び込んで、猫種のバイオハーフであるアドラの平和な眠りを破り、思いもよらぬ帝国軍相手の大冒険に引き込んだのは、永眠カプセルに入った美しい少女だった。200年前の独立戦争の英雄バルトの孫娘で、戦後封印されたままだった巨大戦艦ディアス復活のキーとなる使命をおわされていたリナ。彼女は、帝国の皇太子レオンに追われていたのだ。
 ディアスを利用しようとする帝国の陰謀を阻止するため、アドル達はディアスに潜入する…!

 猫とネズミと美少女が大活躍する、冒険スペースオペラ第1弾! 電子版あとがきを収録。

●岡本賢一(おかもと・けんいち)
1964年、八丈島で生まれる。1994年に『銀河聖船記1 ディアスの少女』(ソノラマ文庫)にてデビューし、同年「宇宙塵」掲載の『鍋が笑う』にてSFファンジン大賞を授賞する。1996年に第三回パスカル短篇文学新人賞を受賞。小説以外では、劇団飛行船の第一回シナリオ公募にて準優秀賞を得ている。ライトノベル系のSFアクション小説を中心に三〇冊ほどの長篇を発表。同時に雑誌や新聞、アンソロジー等にSFホラー系の短篇小説を多数掲載している。

ディアスの戦士

amazon Kindle

『ディアスの戦士』

岡本賢一・著

秘められた過去を知らず、少女は今、巨大要塞へ挑む

 地球を模倣して蘇製(そせい)された人工惑星セカンテラの地中に、帝国軍の力の要である超亜空間技術を秘めた直径1200キロの巨大機動要塞が隠されている。それを知ったリナは、ランバルトの野望を阻むためには装置の破壊以外にないと、アドラたちとともに要塞内部へ、無謀に侵入を開始する。
 しかし、そこには、破壊不能な復合AIベルドネスによって二重三重の防御網が張られていた…!

 猫とネズミと美少女が大活躍する、冒険スペースオペラ第2弾! 電子版あとがきを収録。

●岡本賢一(おかもと・けんいち)
1964年、八丈島で生まれる。1994年に『銀河聖船記1 ディアスの少女』(ソノラマ文庫)にてデビューし、同年「宇宙塵」掲載の『鍋が笑う』にてSFファンジン大賞を授賞する。1996年に第三回パスカル短篇文学新人賞を受賞。小説以外では、劇団飛行船の第一回シナリオ公募にて準優秀賞を得ている。ライトノベル系のSFアクション小説を中心に三〇冊ほどの長篇を発表。同時に雑誌や新聞、アンソロジー等にSFホラー系の短篇小説を多数掲載している。

ディアスの天使

amazon Kindle

『ディアスの天使』

岡本賢一・著

銀河人類消滅の時が迫る! 少女は"方舟"を阻止できるか

 ベルドネスの力を借り、ディアスがランバルト皇帝艦の背後へジャグした時、銀河系全域に「銀河人類消滅」を警告する不思議な声が響いた。これまで雨骨石の力で押さえていた全長0.2光年の巨大な方舟が、悪しき進化を遂げた人類を消滅させるために銀河周縁部にその姿を現したのである。  ランバルトを操るタタンの少年の妨害をはねのけ、リナは果たして方舟を阻止できるのか…!

 猫とネズミと美少女が大活躍する、冒険スペースオペラ第3弾にして感動の完結編! 電子版あとがきを収録。

●岡本賢一(おかもと・けんいち)
1964年、八丈島で生まれる。1994年に『銀河聖船記1 ディアスの少女』(ソノラマ文庫)にてデビューし、同年「宇宙塵」掲載の『鍋が笑う』にてSFファンジン大賞を授賞する。1996年に第三回パスカル短篇文学新人賞を受賞。小説以外では、劇団飛行船の第一回シナリオ公募にて準優秀賞を得ている。ライトノベル系のSFアクション小説を中心に三〇冊ほどの長篇を発表。同時に雑誌や新聞、アンソロジー等にSFホラー系の短篇小説を多数掲載している。

ゴーストエリアQ

amazon Kindle

『ゴーストエリアQ』

岡本賢一・著

"死にぞこないのグランド"…不死身の傭兵を、人はそう呼んだ

 権力者の娘レミアが、悪魔が棲むと噂のあるエリアQ付近で誘拐された。救出のため派遣された傭兵部隊は、姿なき敵の前に、一瞬にして壊滅させられる。ただひとり生き残ったのは"死にぞこない"のグランドだった。
 平和な戦後社会で壊れゆく体の痛みを鎮める薬を買う金にも事欠く生活を送ってはいても、幾度も死地から生還した元特殊傭兵部隊員の腕は鈍ってはいない。グランドは単身、エリアQへの潜入を開始した。

 ハードボイルド・タッチの痛快スペースアクション第1弾! 電子版あとがきを収録。

●岡本賢一(おかもと・けんいち)
1964年、八丈島で生まれる。1994年に『銀河聖船記1 ディアスの少女』(ソノラマ文庫)にてデビューし、同年「宇宙塵」掲載の『鍋が笑う』にてSFファンジン大賞を授賞する。1996年に第三回パスカル短篇文学新人賞を受賞。小説以外では、劇団飛行船の第一回シナリオ公募にて準優秀賞を得ている。ライトノベル系のSFアクション小説を中心に三〇冊ほどの長篇を発表。同時に雑誌や新聞、アンソロジー等にSFホラー系の短篇小説を多数掲載している。

アンデッド・レディ

amazon Kindle

『アンデッド・レディ』

岡本賢一・著

傷だらけの傭兵グランドに美しい死神の手がのびる

 リマンズだ! ……コロニーで少年少女四人の惨殺死体発見のニュースに接したとき、その手口から、グランドは直感的に犯人の顔を思い浮かべていた。かつて同じ傭兵部隊にいたが、仲間を裏切り、金を奪って逃走しようとしたところを、この手で確かに葬ったはずの相手である。
 だが、生きていたのだ。抜群の殺しの腕を持つ、あの女兵士は。そして、残忍極まりない復讐劇が開始された。

 ハードボイルド・タッチの痛快スペースアクション第2弾! 電子版あとがきを収録。

●岡本賢一(おかもと・けんいち)
1964年、八丈島で生まれる。1994年に『銀河聖船記1 ディアスの少女』(ソノラマ文庫)にてデビューし、同年「宇宙塵」掲載の『鍋が笑う』にてSFファンジン大賞を授賞する。1996年に第三回パスカル短篇文学新人賞を受賞。小説以外では、劇団飛行船の第一回シナリオ公募にて準優秀賞を得ている。ライトノベル系のSFアクション小説を中心に三〇冊ほどの長篇を発表。同時に雑誌や新聞、アンソロジー等にSFホラー系の短篇小説を多数掲載している。

クレイジー・ウォー

amazon Kindle

『クレイジー・ウォー』

岡本賢一・著

生活率ゼロの人食いコロニーで、人類の命運をかけた美しき死神との死闘がはじまる

 リマンズのオリジナルを追って地球に降りたグランドは、強制検索が可能な軍のシステム室への侵入を企てた。セキュリティを解除し、リマンズとの接触に成功した瞬間、グランドはノイズと名付けられた電脳ウイルスに冒されてしまう。ノイズの指令は、同じくその支配下に置いたリマンズとともにエラルドに向かえというのもだった。
 エルラド……自己増殖が可能な戦闘マシンで埋め尽くされた、人食いのコロニーへ。

 ハードボイルド・タッチの痛快スペースアクション第3弾にして感動の完結編! 電子版あとがきを収録。

●岡本賢一(おかもと・けんいち)
1964年、八丈島で生まれる。1994年に『銀河聖船記1 ディアスの少女』(ソノラマ文庫)にてデビューし、同年「宇宙塵」掲載の『鍋が笑う』にてSFファンジン大賞を授賞する。1996年に第三回パスカル短篇文学新人賞を受賞。小説以外では、劇団飛行船の第一回シナリオ公募にて準優秀賞を得ている。ライトノベル系のSFアクション小説を中心に三〇冊ほどの長篇を発表。同時に雑誌や新聞、アンソロジー等にSFホラー系の短篇小説を多数掲載している。

邪神殿の少女

amazon Kindle

『邪神殿の少女』

友成純一・著

美貌の女剣士が血みどろの戦いを繰り広げるヒロイックファンタジー!

 腰まで伸びた黒髪と黒い瞳、男並みの身長と妖艶な肢体を持ち合わせた蛮族の少女・フレア。失われた祖国を求めて流浪の旅を続けるフレアは今、捕らわれの身となっていた。路銀を稼ぐため立ち寄った悪徳の町ソドムでトラブルに巻き込まれ、追跡行の末捕獲されてしまったのだ。
 ソドムの長は邪悪な魔法を使う大僧正タクハエト。フレアは頼みの魔剣イスカンダルのみならず着衣すら奪われ、処刑の危機に晒される。だが、おぞましい凌辱に耐え、ついに脱出に成功したフレアは、ソドムとの決戦に立ち上がった…。
 魔剣を手に異国を彷徨う女戦士・フレアの活躍を描く一大冒険譚、第1弾!

●友成純一(ともなり・じゅんいち)
1954年福岡生まれ。1976年、早稲田大学在学中に「透明人間の定理リラダンについて」が幻影城新人評論部門に入選。映画評などでも活躍したのち、1985年「肉の儀式」で小説家デビュー。官能的でバイオレントな作風が注目を浴びる。以後、スプラッター小説のパイオニアとしてだけでなく、SF、ホラー、怪獣小説などでも鬼才ぶりを発揮し、多くの著作を発表。またロンドン関連の著書も多い。現在はバリ島在住。

絶海の黄金郷(エルドラド)

amazon Kindle

『絶海の黄金郷(エルドラド)』

友成純一・著

舞台は海洋へ! バーサーカーの襲撃からの護衛を頼まれたフレアは…

 失われた祖国を求めて流浪の旅を続けるアマゾネスの美少女フレア。祖国の残党が大洋を越えた遥か南の地にいるらしいという噂を聞いたフレアは今、大海原の真っ只中にいた。おりしも、北方の蛮族に追われて南へ移住しようというカデスの民と出会い、彼らの移民船ウォーシャ号に戦士として乗り込んだのだ。
 未知の旅へと出発したフレアを待ち受けるのは、魔の海に棲む物の怪か、海賊か?
 魔剣イスカンダルを携えて敵に挑む女戦士・フレアの活躍を描く一大冒険譚、第2弾!

●友成純一(ともなり・じゅんいち)
1954年福岡生まれ。1976年、早稲田大学在学中に「透明人間の定理リラダンについて」が幻影城新人評論部門に入選。映画評などでも活躍したのち、1985年「肉の儀式」で小説家デビュー。官能的でバイオレントな作風が注目を浴びる。以後、スプラッター小説のパイオニアとしてだけでなく、SF、ホラー、怪獣小説などでも鬼才ぶりを発揮し、多くの著作を発表。またロンドン関連の著書も多い。現在はバリ島在住。

虚空の要塞島(アルバロン)

amazon Kindle

『虚空の要塞島(アルバロン)』

友成純一・著

高度な文明を持つ邪悪な軍隊に、フレアは凄絶な空中戦を挑む!

 フレアは祖国の残党を追って未知の大陸プロバンスへ渡ることを決意した。だが、祭りに浮かれるオクエウの港町で、不覚にも泥酔してしまった彼女は、突如現れた謎の巨大飛行物体にさらわれてしまう。敵の正体は空中要塞アルバロン。魔術的な科学力を誇るブニイプスの軍隊だった。
 頼みの魔剣イスカンダルを失い、大空に拉致されたフレア。野性処女の血とイスカンダルの魔力を狙う邪悪の軍団の手を逃れ、虚空からの脱出を図る彼女の命運は?
 圧倒的な強さと美貌を併せ持つ女戦士・フレアの活躍を描く一大冒険譚、第3弾!

●友成純一(ともなり・じゅんいち)
1954年福岡生まれ。1976年、早稲田大学在学中に「透明人間の定理リラダンについて」が幻影城新人評論部門に入選。映画評などでも活躍したのち、1985年「肉の儀式」で小説家デビュー。官能的でバイオレントな作風が注目を浴びる。以後、スプラッター小説のパイオニアとしてだけでなく、SF、ホラー、怪獣小説などでも鬼才ぶりを発揮し、多くの著作を発表。またロンドン関連の著書も多い。現在はバリ島在住。

殺戮の魔大陸(ブニイプス)

amazon Kindle

『殺戮の魔大陸(ブニイプス)』

友成純一・著

魔剣イスカンダルを取り戻し、敵国の首都グアキルビアを攻め落とせ!

 アトランティス王家の血の若返りのために、科学神殿へと幽閉されたフレア。しかし、彼女を慕う海賊たちの必死の捜索活動は続いていた。
 神官長バルチア、イトバール皇太子、アダト女王。残忍な性格の軍団を相手に不利な状況が続いていたが、敵側の内乱に乗じてようやく脱出に成功する。魔剣イスカンダルを失くしたまま、敵の王宮へと攻め入ることになったフレアだが…。
 発売を予定されていたものの、諸事情によりお蔵入りとなっていた幻の第4巻が、電子オリジナル作品として初登場! 女戦士・フレアの活躍を描く一大冒険譚、ついに完結!

●友成純一(ともなり・じゅんいち)
1954年福岡生まれ。1976年、早稲田大学在学中に「透明人間の定理リラダンについて」が幻影城新人評論部門に入選。映画評などでも活躍したのち、1985年「肉の儀式」で小説家デビュー。官能的でバイオレントな作風が注目を浴びる。以後、スプラッター小説のパイオニアとしてだけでなく、SF、ホラー、怪獣小説などでも鬼才ぶりを発揮し、多くの著作を発表。またロンドン関連の著書も多い。現在はバリ島在住。

妖少女ラルヴァ生贄

amazon Kindle

『妖少女ラルヴァ生贄』

友成純一・著

新たな大地を求め、女獣なる荒野を駆けぬいてゆく

 ラルヴァは、体内の異様な感触に意識を取り戻した。同時に、自分が窒息しかけていることにも気付いた。ドックン、ドックンという得体の知れない震動が、全身を包んでいる。半固定のドロドロした肉塊だった。身体の表面を包んでいるばかりか、口や鼻、肛門や膣から体内に触手を伸ばしている内臓のかなり奥深くまで、粘液状の舌を差し込んでいるらしい。激しい震動が、身体の内と外の両方から、ラルヴァを揺すり立てた…。
 好評『女戦士・フレア伝』シリーズの前身ともいえる短編連作。「電子版あとがき」を追加収録して、ついに復刊!

●友成純一(ともなり・じゅんいち)
1954年福岡生まれ。1976年、早稲田大学在学中に「透明人間の定理リラダンについて」が幻影城新人評論部門に入選。映画評などでも活躍したのち、1985年「肉の儀式」で小説家デビュー。官能的でバイオレントな作風が注目を浴びる。以後、スプラッター小説のパイオニアとしてだけでなく、SF、ホラー、怪獣小説などでも鬼才ぶりを発揮し、多くの著作を発表。またロンドン関連の著書も多い。現在はバリ島在住。

アーバン・ヘラクレス

amazon Kindle

『アーバン・ヘラクレス』

久保田弥代・著

警察公認の《賞金稼ぎ》が走る! 最高級ノンストップ近未来アクション!

 時は21世紀中庸。東京湾に浮かぶ未来的人工都市《TOKYO I.E.C.》に、犯罪者を狩る《賞金稼ぎ》と、かつてその手に囚われ復讐の鬼と化したテロリストの、意地と命をかけたゲームが始まった! 街に仕掛けられた爆弾は4つ、立ちふさがる壁は無数。限界まで体を痛めつけながらも、《賞金稼ぎ》九条隼人はなお走る!

 大作アクション映画のスピード感を、そのまま文字で繰り広げた近未来サスペンス・アクション。全面的な改稿を経て、電子書籍で復刊!

●久保田弥代(くぼた・やしろ)
1970年生まれ。2000年に、第3回ソノラマ文庫大賞佳作受賞作である本作によりデビュー。その後ソノラマ文庫より長編二本を出版、またホラー小説アンソロジー『異形コレクション20 玩具館』(光文社刊)にも短編一本を寄稿。以後は活動を停止するが、今回の電子版復刊にあたり十数年ぶりに改稿の筆を執った。

ポセイドン・ランナウェイ

amazon Kindle

『ポセイドン・ランナウェイ』

久保田弥代・著

逃げ場のない深海でタイムリミットが迫る! 緊迫のノンストップ近未来アクション!

 犯罪者ハンター、《賞金稼ぎ》の九条隼人は、東京湾の深海に建設された海底リゾート、《ポセイドン海殿》へと赴いた。狙いをつけた賞金首は、殺し屋《カメレオン・ザイオン》。海神の神殿が新たな世界へと走り出す時、そこに海神の息子……アンタイオスが降臨する。
 地上では警察がアンタイオスを追跡し、海底ではアンタイオスよって海底リゾートに次々と破局が訪れる、同時並行サスペンス・アクション。
 九条隼人……《ヘラクレス》は、今度も生き残ることが出来るのか!

●久保田弥代(くぼた・やしろ)
1970年生まれ。2000年に、第3回ソノラマ文庫大賞佳作受賞作である本作によりデビュー。その後ソノラマ文庫より長編二本を出版、またホラー小説アンソロジー『異形コレクション20 玩具館』(光文社刊)にも短編一本を寄稿。以後は活動を停止するが、今回の電子版復刊にあたり十数年ぶりに改稿の筆を執った。

殺戮のための超・絶・技・巧

amazon Kindle

『殺戮のための超・絶・技・巧』

竹本健治・著

美貌のスナイパー・ネコと相棒ノイズに突如襲いかかる、姿なき死の竜巻

 銀河スナイパー・百万分の一(パーミリオン)のネコ。死と隣り合わせの困難な任務を確実に成功させる彼女は、畏敬と嫌悪の混じった通り名を持つ。彼女の任務とは、存在自体が極秘扱いとされる"D種犯罪者"たちを狩り出し、仕留めることであった。今回のターゲットは、プレノリアで数々のテロ事件を起こし惑星クラビアに逃亡した"大鎌(サイス)"である。クラビアで知り合った元情報局員・ノイズとコンビを組んだ戦いが今、始まる!

●竹本健治(たけもと・けんじ)
1954年、兵庫県生まれ。大学在学中にデビュー作『匣の中の失楽』を「幻影城」に連載し、1978年に幻影城より刊行。日本ミステリ界に衝撃を与えた。1999年には『入神』で漫画家としてデビュー。ミステリ、漫画、SF、ホラーと幅広く活躍し、ファンからの熱狂的支持を受けている。著書に『匣の中の失楽』(講談社)、『囲碁殺人事件』(東京創元社)など多数。

タンブーラの人形つかい

amazon Kindle

『タンブーラの人形つかい』

竹本健治・著

人形つかいが奏でる殺戮のメロディー、張り巡らされた甘美な罠

 "D種犯罪者"と呼ばれる重罪人たちを追って宇宙を駆けめぐる銀河スナイパー・百万分の一(パーミリオン)のネコ。今回の標的は、洗脳した女性を「人形」として操って要人の暗殺をたくらむテロリスト・ドゥーガーである。ドゥーガーの潜む惑星タンブーラへとやって来たネコは、相棒のノイズにも秘密で任務を遂行しようとするのだった。しかし、そこには絶体絶命の危機が待ちかまえていた…。

●竹本健治(たけもと・けんじ)
1954年、兵庫県生まれ。大学在学中にデビュー作『匣の中の失楽』を「幻影城」に連載し、1978年に幻影城より刊行。日本ミステリ界に衝撃を与えた。1999年には『入神』で漫画家としてデビュー。ミステリ、漫画、SF、ホラーと幅広く活躍し、ファンからの熱狂的支持を受けている。著書に『匣の中の失楽』(講談社)、『囲碁殺人事件』(東京創元社)など多数。

兇殺のミッシング・リンク

amazon Kindle

『兇殺のミッシング・リンク』

竹本健治・著

惑星ヌーバスを襲った三つの惨劇、犠牲者の中にどんな共通点が隠されているのか

 わずか三ヵ月の間に惑星ヌーバスを襲った三つの大事故。三度目の事故の犠牲者の中にヌーバス情報局員ベクターの名があったことから、これらの事故に何らかの関連を嗅ぎとったベクターの同僚・リンメイは、銀河スナイパー・ネコとノイズに捜査の協力を依頼する。しかしヌーバスに到着したネコを待っていたのは、リンメイの死という事態だった…。

●竹本健治(たけもと・けんじ)
1954年、兵庫県生まれ。大学在学中にデビュー作『匣の中の失楽』を「幻影城」に連載し、1978年に幻影城より刊行。日本ミステリ界に衝撃を与えた。1999年には『入神』で漫画家としてデビュー。ミステリ、漫画、SF、ホラーと幅広く活躍し、ファンからの熱狂的支持を受けている。著書に『匣の中の失楽』(講談社)、『囲碁殺人事件』(東京創元社)など多数。

amazon Kindle

『"魔の四面体(テトラヘドロン)"の悪霊』

竹本健治・著

多くの人命をのみこむ魔界に宇宙を彷徨う「悪霊」が取り憑いて…

 "魔の四面体(テトラヘドロン)"…。パネラ、テオ、ドーコンボー、ミネルヴァという四つの恒性に囲まれた死の海域である。過去九十年間に百八十件もの事故が発生している魔界だ。この謎の究明に乗り出した宇宙スナイパー・ネコとノイズだったが、いきなりの災厄が二人を襲う。事故を引き起こすといわれる「悪霊」の正体とは一体何なのか…? 表題作をはじめ全六作を収録した「パーミリオンのネコ」シリーズの短編集。

●竹本健治(たけもと・けんじ)
1954年、兵庫県生まれ。大学在学中にデビュー作『匣の中の失楽』を「幻影城」に連載し、1978年に幻影城より刊行。日本ミステリ界に衝撃を与えた。1999年には『入神』で漫画家としてデビュー。ミステリ、漫画、SF、ホラーと幅広く活躍し、ファンからの熱狂的支持を受けている。著書に『匣の中の失楽』(講談社)、『囲碁殺人事件』(東京創元社)など多数。

クー

amazon Kindle

『クー』

竹本健治・著

未来世界を舞台に繰り広げられる、血と凌辱に彩られた過酷な戦い

 父親によって強制的に私設戦闘訓練所に入れられたクー。父の死後、訓練所から解放された彼女の部屋が何者かに荒らされる。彼女を追う謎の敵が姿を現した時、父の隠された過去とクー自身の秘密が明らかになるのだが、それは衰亡の一途を辿る人類にとっても重大な意味を持つものだった。悲劇のヒロイン・クーの孤独な戦いを描くSFバイオレンス。

●竹本健治(たけもと・けんじ)
1954年、兵庫県生まれ。大学在学中にデビュー作『匣の中の失楽』を「幻影城」に連載し、1978年に幻影城より刊行。日本ミステリ界に衝撃を与えた。1999年には『入神』で漫画家としてデビュー。ミステリ、漫画、SF、ホラーと幅広く活躍し、ファンからの熱狂的支持を受けている。著書に『匣の中の失楽』(講談社)、『囲碁殺人事件』(東京創元社)など多数。

鏡面のクー

amazon Kindle

『鏡面のクー』

竹本健治・著

悲劇のヒロイン・クーに再び災厄が降りかかる

 「救世の科学」……人類救済を標榜する思想団体だが、実態は各地に網を張り巡らし、社会支配を目論む組織である。ブレスト・バレイにマネー・ルートを築くべく執行委員アレックスを派遣した「救世の科学」だったが、突如その計画に中止命令を下す。かつて彼らが追っていたサイ能力者に関連してのことらしいのだが…。好評SFバイオレンス『クー』の続編。

●竹本健治(たけもと・けんじ)
1954年、兵庫県生まれ。大学在学中にデビュー作『匣の中の失楽』を「幻影城」に連載し、1978年に幻影城より刊行。日本ミステリ界に衝撃を与えた。1999年には『入神』で漫画家としてデビュー。ミステリ、漫画、SF、ホラーと幅広く活躍し、ファンからの熱狂的支持を受けている。著書に『匣の中の失楽』(講談社)、『囲碁殺人事件』(東京創元社)など多数。

まずは一報ポプラパレスより1

amazon Kindle

『まずは一報ポプラパレスより1』

小川一水・著

お転婆王女とスパイの繰り広げるファンタジーストーリー!

 私の名はデューイ=トランス。イウォーン帝国情報部員、ありていに言えばスパイである。私は、崇高なる(!)職務を遂行するため、ここウルムスター王国に足を踏み入れた。政府の要職である王宮長官秘書官という肩書を得た私は、母国の礎となるべく、果敢なる勇気と狡知、そして決断力をもって、その任務をまっとうする、はずだったのだが…。
 第6回ジャンプ小説・NF大賞大賞受賞作品、珠玉のファンタジーノベルが電子で復刊! 巻末に単行本未収録イラストを追加。

●小川一水(おがわ・いっすい)
1975年生まれ、愛知県在住。SF作家。『群青神殿』『こちら郵政省特配課』『不全世界の創造手』(朝日ソノラマ/朝日新聞出版)、『導きの星』(角川春樹事務所)、『妙なる技の乙女たち』(ポプラ社)、『トネイロ会の非殺人事件』(光文社)、『コロロギ岳から木星トロヤへ』『天冥の標』(早川書房、続刊中)などの著作がある。

まずは一報ポプラパレスより2

amazon Kindle

『まずは一報ポプラパレスより2』

小川一水・著

あのグリーナ王女が再び登場! 傍若無人の大活躍!

 私の名はデューイ=トランス。ポプラパレスに勤務する主席秘書官である。肩書は立派だが、本当のところは隣接するイウォーン帝国のスパイから転職したばかりの新米雑用係。今日はグリーナ王女のお供で、「マリンブレード」に同乗したが、王女のよっぱらい操縦のために機は墜落! 一方、ハイマーラの森の奥では、怪しげな男たちの一団が…!?
 グリーナ王女が活躍する人気シリーズ第2弾。単行本未収録の第四話「ブランシャール嬢はお悩み」のほか、巻末に単行本未収録イラストを追加して電子で復刊!

●小川一水(おがわ・いっすい)
1975年生まれ、愛知県在住。SF作家。『群青神殿』『こちら郵政省特配課』『不全世界の創造手』(朝日ソノラマ/朝日新聞出版)、『導きの星』(角川春樹事務所)、『妙なる技の乙女たち』(ポプラ社)、『トネイロ会の非殺人事件』(光文社)、『コロロギ岳から木星トロヤへ』『天冥の標』(早川書房、続刊中)などの著作がある。

グレイ・チェンバー

amazon Kindle

『グレイ・チェンバー』

小川一水・著

次々と襲いかかるネイバーにクラスの皆は一致団結して戦いを挑む!

 学校なんてただの灰色の入れ物かも知れない。そんな思いで学園生活を送る生徒たちの前に突然現れたピンク色をした異様な生き物。それは気味の悪い鋭利な舌でやにわに襲いかかってきた。級長の如月そよぎは、椅子でなんとかしとめたが、それが大災難の始まりだった。
 次々と襲いかかる異界の生物・ネイバー。クラスの誰にも逃げる道はない。ひたすら闘うのみ…。学園パニック・ノベル。

●小川一水(おがわ・いっすい)
1975年生まれ、愛知県在住。SF作家。『群青神殿』『こちら郵政省特配課』『不全世界の創造手』(朝日ソノラマ/朝日新聞出版)、『導きの星』(角川春樹事務所)、『妙なる技の乙女たち』(ポプラ社)、『トネイロ会の非殺人事件』(光文社)、『コロロギ岳から木星トロヤへ』『天冥の標』(早川書房、続刊中)などの著作がある。

ここほれONE-ONE!1

amazon Kindle

『ここほれONE-ONE!1』

小川一水・著

工事現場で時折掘り出される「鉄床石」に隠された謎を解け!

 丘のふもとに住む竹葉要平は、友人の渡拓丸とともに物理探査会社・山水ジオテクノを訪れる。屋根裏で見つけた先祖が残した古地図を調べてもらうためだ。ところが二人の前に現れたのは、ジオテクノの社長を名乗る山水備絵という少女。不審な目を向ける拓丸をよそに、古地図は本物で「鉄床石(かなとこいし)」が埋まっているという。さっそく探査が始まった。地中に点在する鉄床石とはいったい…。

●小川一水(おがわ・いっすい)
1975年生まれ、愛知県在住。SF作家。『群青神殿』『こちら郵政省特配課』『不全世界の創造手』(朝日ソノラマ/朝日新聞出版)、『導きの星』(角川春樹事務所)、『妙なる技の乙女たち』(ポプラ社)、『トネイロ会の非殺人事件』(光文社)、『コロロギ岳から木星トロヤへ』『天冥の標』(早川書房、続刊中)などの著作がある。

ここほれONE-ONE!2

amazon Kindle

『ここほれONE-ONE!2』

小川一水・著

東北一帯で地震が頻発! 謎の穴掘り集団・山水ジオテクノが集める「鉄床石」と関係が?

 霞が関の内閣府ビルで、総理大臣を長とし、全閣僚と重要産業の代表者、有識者を集めて、災害対策会議が行われていた。気象庁技官の報告によると、日本列島がわずか二週間で50センチから1メートル水平方向に移動しているらしい。観測史上ない異常事態に首脳陣はどよめいた。そして、山水ジオテクノの面々と「鉄床石(かなとこいし)」探しに精を出す竹葉要平のもとに、内閣府の防災担当参事官・福部が訪れる。白穂県で増加する地震と鉄床石との関係は…。

●小川一水(おがわ・いっすい)
1975年生まれ、愛知県在住。SF作家。『群青神殿』『こちら郵政省特配課』『不全世界の創造手』(朝日ソノラマ/朝日新聞出版)、『導きの星』(角川春樹事務所)、『妙なる技の乙女たち』(ポプラ社)、『トネイロ会の非殺人事件』(光文社)、『コロロギ岳から木星トロヤへ』『天冥の標』(早川書房、続刊中)などの著作がある。

グラルナイト戦争

amazon Kindle

『グラルナイト戦争』

藤原征矢・著

ハードボイルドをこよなく愛する一匹狼の運び屋、だったはずが…?

 宇宙には、ハードボイルドな男がよく似合う……。おれの名はマキシン・グレンディー。戦域での仕事を得意とする、一匹狼の運び屋だ。今回おれが引き受けたのは、内戦中の惑星から王女を運び出すという、実におれ好みの仕事だった……のだが、現役女子高生のカイリがパートナーとして押しかけてきてから、おれの世界がボロボロと崩れ始めていく。畜生、おれの明日はどっちなんだ!?

●藤原征矢(ふじわら・せいや)
1960年東京都生まれ。東京大学法学部卒。著書に『かたゆでマック』シリーズ、『クールフェイス』シリーズ(以上、朝日ソノラマ)、『電子恐慌』(ケイエスエス出版)、『ドル・ハンターズ』(祥伝社)、『鳴弦の巫女』(HJ文庫)など。小説の他、ゲーム・アニメ等の脚本も手がけ、また経済ライターとして別名で取材・執筆活動を行っている。

龍の後継者

amazon Kindle

『龍の後継者』

藤原征矢・著

ハードボイルドを求める男にさらなる苦難が降りかかる

 宇宙では、タフでなければ生きていけない……。おれの名はマキシン・グレンディー。腕一本で大宇宙を生き抜いてきた、一匹狼の宇宙船乗り(スペースシップ・ライダー)だ。しかし、カイリとキム……二人の女どもが船に押しかけてきてから、おれの華麗なるハードボイルド・ライフも遠い昔のこととなってしまった。……許せん! おれは栄光の日々を取り戻すべく、船の針路を一路、人工惑星ホンコンに向けた!

●藤原征矢(ふじわら・せいや)
1960年東京都生まれ。東京大学法学部卒。著書に『かたゆでマック』シリーズ、『クールフェイス』シリーズ(以上、朝日ソノラマ)、『電子恐慌』(ケイエスエス出版)、『ドル・ハンターズ』(祥伝社)、『鳴弦の巫女』(HJ文庫)など。小説の他、ゲーム・アニメ等の脚本も手がけ、また経済ライターとして別名で取材・執筆活動を行っている。

 

狼がいっぱい

amazon Kindle

『狼がいっぱい』

藤原征矢・著

美少女プロレスラーと狼軍団、さらにはマッド・サイエンティストまで現れて…

 宇宙では、狼が生きて豚は死ぬ……。おれの名はマキシン・グレンディー。危険な香りを漂わせる、クールでドライな凄腕の宇宙船乗り(スペースシップ・ライダー)だ。今は訳あって二人の女どもに船に居座られているが、奴らがおれのハードボイルドな生活についてこれなくなるのも時間の問題であろう……と、思っているうちに二ヵ月たった。な、なぜだ!? その上、宇宙で助けた美少女プロレスラーが、おれを……。

●藤原征矢(ふじわら・せいや)
1960年東京都生まれ。東京大学法学部卒。著書に『かたゆでマック』シリーズ、『クールフェイス』シリーズ(以上、朝日ソノラマ)、『電子恐慌』(ケイエスエス出版)、『ドル・ハンターズ』(祥伝社)、『鳴弦の巫女』(HJ文庫)など。小説の他、ゲーム・アニメ等の脚本も手がけ、また経済ライターとして別名で取材・執筆活動を行っている。

ラットレーサー・ブルース

amazon Kindle

『ラットレーサー・ブルース』

藤原征矢・著

数年ぶりに再開した親友の妹は、なぜかおれに敵意を向けた!

 宇宙では、死して屍(しかばね)拾う者なし……。おれの名はマキシン・グレンディー。孤独なハードボイルド世界を愛す、一匹狼の宇宙船乗り(スペースシップ・ライダー)だ。えっ、カイリとキムがいるって? うるさい、黙れ! とにかく、今回のおれの仕事は、銀河で最も危険な宇宙レース、カルロカップのレースコース調査をすることだ。実は4年前のこのレースで、おれは親友を亡くしている。そんなレースに今年、奴の妹が……!?

●藤原征矢(ふじわら・せいや)
1960年東京都生まれ。東京大学法学部卒。著書に『かたゆでマック』シリーズ、『クールフェイス』シリーズ(以上、朝日ソノラマ)、『電子恐慌』(ケイエスエス出版)、『ドル・ハンターズ』(祥伝社)、『鳴弦の巫女』(HJ文庫)など。小説の他、ゲーム・アニメ等の脚本も手がけ、また経済ライターとして別名で取材・執筆活動を行っている。

ブルー・ムーン

amazon Kindle

『ブルー・ムーン』

藤原征矢・著

狂気の魔女に支配された惑星アッシュ、そこでは凶暴な獣が目を光らせていた

 宇宙では、誰も皆、無口な兵士……。おれの名はマキシン・グレンディー。孤独なハードボイルド世界に生きる、一匹狼の宇宙船乗り(スペースシップ・ライダー)だ。そう、いくらカイリとキムが居座り続けようと、おれの魂は常に孤高を保っているのだ。そんなおれの今回の仕事は、セザールの母親と妹を惑星アッシュから救出すること……。しかし、おれはまだ知らなかった。その惑星が魔女によって支配されていることを。

●藤原征矢(ふじわら・せいや)
1960年東京都生まれ。東京大学法学部卒。著書に『かたゆでマック』シリーズ、『クールフェイス』シリーズ(以上、朝日ソノラマ)、『電子恐慌』(ケイエスエス出版)、『ドル・ハンターズ』(祥伝社)、『鳴弦の巫女』(HJ文庫)など。小説の他、ゲーム・アニメ等の脚本も手がけ、また経済ライターとして別名で取材・執筆活動を行っている。

星の牢獄

amazon Kindle

『星の牢獄』

藤原征矢・著

邪教集団から囚われの美少女を救い出せるか!?

 宇宙では、鬼に逢うては鬼を斬り、仏に逢うては仏を斬る……。おれの名はマキシン・グレンディー。孤独を唯一の友とする一匹狼の宇宙船乗り(スペースシップ・ライダー)……だった。そう、カイリとキムが押しかけてくるまでは。そんなおれが今回引き受けたのは、邪教集団に囚われている美少女の救出だ。ところがこの教団、バックにファイブ・スターズがついていて、いきなりおれは命を狙われるハメになっちまった。

●藤原征矢(ふじわら・せいや)
1960年東京都生まれ。東京大学法学部卒。著書に『かたゆでマック』シリーズ、『クールフェイス』シリーズ(以上、朝日ソノラマ)、『電子恐慌』(ケイエスエス出版)、『ドル・ハンターズ』(祥伝社)、『鳴弦の巫女』(HJ文庫)など。小説の他、ゲーム・アニメ等の脚本も手がけ、また経済ライターとして別名で取材・執筆活動を行っている。

ピルグリム

amazon Kindle

『ピルグリム』

藤原征矢・著

少女の魂を救わなければ人類は滅亡する…? 堂々の完結篇!

 宇宙には、金と名誉が落ちている……。おれの名はマキシン・グレンディー。孤独なハードボイルド世界を愛す一方、青年実業家としての頭角も現し始めた前途有望な宇宙船乗り(スペースシップ・ライダー)だ。「ファイブ・スターズ」が壊滅してから半年……。おれは寝込んだエージェンシー総裁リュウ・バンブーを見舞うため、惑星ネーヴェにやって来た。それが、全宇宙を巻き込んだ最終戦争に発展するとも知らないで……。

●藤原征矢(ふじわら・せいや)
1960年東京都生まれ。東京大学法学部卒。著書に『かたゆでマック』シリーズ、『クールフェイス』シリーズ(以上、朝日ソノラマ)、『電子恐慌』(ケイエスエス出版)、『ドル・ハンターズ』(祥伝社)、『鳴弦の巫女』(HJ文庫)など。小説の他、ゲーム・アニメ等の脚本も手がけ、また経済ライターとして別名で取材・執筆活動を行っている。

調査員ランラン

amazon Kindle

『調査員ランラン』

藤原征矢・著

宇宙から突然やってきたおてんば娘、実は地球には哀しい思い出が…?

 宮地修平は高校一年生。両親が転勤で関西へいってしまうことになったので、新築の我が家を守るべく、四月から一人暮らしを始めることになった。記念すべき自由な生活、第一日目。しかし、庭で拾った珍しい石が突然、家の広間で明滅を始めたかと思うや、それに導かれるように新たな光が修平の眼前の空間に生じた! やがて中からセクシーな服を着た、かわいいショートヘアの女の子が現れた!? 果たして、この女の子は天使か悪魔か…。明るく、楽しく、そしてちょっぴり切ないハートフルSF物語。

●藤原征矢(ふじわら・せいや)
1960年東京都生まれ。東京大学法学部卒。著書に『かたゆでマック』シリーズ、『クールフェイス』シリーズ(以上、朝日ソノラマ)、『電子恐慌』(ケイエスエス出版)、『ドル・ハンターズ』(祥伝社)、『鳴弦の巫女』(HJ文庫)など。小説の他、ゲーム・アニメ等の脚本も手がけ、また経済ライターとして別名で取材・執筆活動を行っている。

聖母の部隊

amazon Kindle

『聖母の部隊』

酒見賢一・著

幼い頃から戦闘のプロとして育てられた「ぼく」の戦いと"お母さん"の謎を描く

 村を焼かれ、ジャングルにとり残された少年たち。彼らの前に現れたのは、一人の女性兵士だった。その女は、自分を"お母さん"と呼ばせ、戦闘技術を教えこむ。彼らの前に待ちうけるものとは?
 映画化された『後宮小説』『墨攻』でファンタジーに新境地を拓いた著者が、SFマインドを存分に発揮した短篇集。単行本刊行時の装丁画(生瀬範義)を纏い待望の電子化。
・地下街
・ハルマゲドン・サマー
・聖母の部隊
・追跡した猫と家族の写真

●酒見賢一(さけみ・けんいち)
福岡県生まれ。愛知大学卒業。1989年『後宮小説』で第1回日本ファンタジーノベル大賞を受賞(「雲のように風のように」の題でアニメ化)しデビュー。1992年『墨攻』他で中島敦記念賞を、2000年『周公旦』で、新田次郎文学賞を受賞。その他、『陋巷に在り』『泣き虫弱虫諸葛孔明』など著書多数。

時の果てのフェブラリー

amazon Kindle

『時の果てのフェブラリー』

山本 弘・著

科学者さえも苦しめる物理現象を解明できるのは、オムニパシー能力を持つひとりの少女だけだった

 アメリカのオクラホマをはじめとして、地球の6箇所に時間重力異常地帯〈スポット〉が出現した。直径10マイルの地帯に電磁誘導現象が起こり、重力異常が生む低気圧が全地球的な気候変動を作り出し、地球に危機が迫る。〈スポット〉は幾科学的に並び、自然現象とは思えなかった。あらゆる科学調査は失敗したが、超感覚知覚のオムニパシー能力を持つ11歳の少女フェブラリーだけが、ある仮説で謎を解明する。現地調査隊と共に彼女は〈スポット〉へと出発。その中では、時間が200倍に加速され、UFOが飛びかう驚くべき世界が…。

●山本弘(やまもと・ひろし)
作家。元「と学会」会長。日本SF作家クラブ会員。1956年京都府生まれ。1978年『スタンピード!』で第1回奇想天外SF新人賞佳作に入選。1987年ゲーム創作集団「グループSNE」に参加。作家、ゲームデザイナーとしてデビュー。2003年『神は沈黙せず』が第25回日本SF大賞の、また2007年発表の『MM9』が第29回日本SF大賞の候補作となり、2006年の『アイの物語』は第28回吉川英治文学新人賞ほか複数の賞の候補に挙がる。2011年『去年はいい年になるだろう』で第42回星雲賞を受賞。

アリスへの決別

amazon Kindle

『アリスへの決別』

山本 弘・著

行き過ぎた検閲社会の暴力が、非実在聖少女を葬り去る

 少女アリス・リデルの生まれたままの姿を撮影していたルイス・キャロルは、その合間に不思議な未来の話をはじめる…。暗黒の検閲社会を描く表題作をはじめ、低IQ化スパイラルが進行する日本社会の暴走を描く「リトルガールふたたび」、夢と現実の中間にある"亜夢界"を舞台に、人間と登場人物との幸福な共存を力強く謳う中篇「夢幻潜航艇」など、SF的想像力で社会通念やカルト思想の妥当性を問い直す傑作中短篇7本収録。

・アリスへの決別
・リトルガールふたたび
・七歩跳んだ男
・地獄はここに
・地球から来た男
・オルダーセンの世界
・夢幻潜航艇

●山本弘(やまもと・ひろし)
作家。元「と学会」会長。日本SF作家クラブ会員。1956年京都府生まれ。1978年『スタンピード!』で第1回奇想天外SF新人賞佳作に入選。1987年ゲーム創作集団「グループSNE」に参加。作家、ゲームデザイナーとしてデビュー。2003年『神は沈黙せず』が第25回日本SF大賞の、また2007年発表の『MM9』が第29回日本SF大賞の候補作となり、2006年の『アイの物語』は第28回吉川英治文学新人賞ほか複数の賞の候補に挙がる。2011年『去年はいい年になるだろう』で第42回星雲賞を受賞。

憎悪の惑星

amazon Kindle

『憎悪の惑星』

友成純一・著

惑星〈青〉の人口調整地区では殺し合いが全面的に合法化された

 爆発的な人口増によって植民惑星の開発を余儀なくされた惑星〈青〉。傍若無人な侵略を重ね、数多くの先住民族を滅亡させてきた彼らが、新たに開発に着手した惑星〈緑〉で受けた、恐怖の審判とは…。
 人類の世紀末をオーバーラップさせて描いた表題作の他、著者が真骨頂を発揮したスプラッタ・ホラー4篇を収録するSF・ホラー短篇集。
・闘殺拳
・呪縛女
・九龍城の悪夢
・狂える魔神
・憎悪の惑星

●友成純一(ともなり・じゅんいち)
1954年福岡生まれ。1976年、早稲田大学在学中に「透明人間の定理リラダンについて」が幻影城新人評論部門に入選。映画評などでも活躍したのち、1985年「肉の儀式」で小説家デビュー。官能的でバイオレントな作風が注目を浴びる。以後、スプラッター小説のパイオニアとしてだけでなく、SF、ホラー、怪獣小説などでも鬼才ぶりを発揮し、多くの著作を発表。またロンドン関連の著書も多い。現在はバリ島在住。

街の博物誌

amazon Kindle

『街の博物誌』

河野典生・著、新井苑子・イラスト

現代人の心奥底に眠る原始への郷愁を呼び、未来への不安を暗示する幻想小説集

 歩行者天国で賑わう渋谷の街にそそりたつメタセコイアの巨木、二人の若い婚約者たちに生えてしまったかわいらしいシッポ、老いて現代に見捨てられた男を訪れる面妖な鳥"ニッポンカサドリ"etc。日常性に覆い尽くされているかに見える私たちの街に、ふと垣間見えるこうした不思議なものの姿……。
 幻想SFの名作が、新井苑子の表紙・挿し絵とともに奇跡の復刊!

●河野典生(こうの・てんせい)
1935年1月高知県生まれ。詩作、劇作のかたわら1960年『陽光の下、若者は死ぬ』でデビュー。1964年『殺意という名の家畜』で推理作家協会賞を受賞。日本のハードボイルド小説の先駆者となる。幻想派SF小説、ジャズ小説など、多彩な執筆分野とジャズのフィーリングを持つ作家として特異な存在。

続・街の博物誌

amazon Kindle

『続・街の博物誌』

河野典生・著、新井苑子・イラスト

手にするは不思議な街の案内状、自然と文明とが溶け合う幻影のオムニバス

 その男と少年にしか見えない巨鳥"モア"、街じゅうで飼われるようになった"ドードー"、ある日突然大人たちが鰐になってしまった街、奇妙な"バンヤン・ツリー"と暮らす家族、etc。いつもの街の、いつもの通り。少しばかり目をこらして見れば、不思議なものの姿が見えてくる……。
 幻想SFの名作が、新井苑子の表紙・挿し絵とともに奇跡の復刊!

●河野典生(こうの・てんせい)
1935年1月高知県生まれ。詩作、劇作のかたわら1960年『陽光の下、若者は死ぬ』でデビュー。1964年『殺意という名の家畜』で推理作家協会賞を受賞。日本のハードボイルド小説の先駆者となる。幻想派SF小説、ジャズ小説など、多彩な執筆分野とジャズのフィーリングを持つ作家として特異な存在。

町の案内図 声、そして彼らの旅

amazon Kindle

『町の案内図 声、そして彼らの旅』

河野典生・著

演奏するかのように言葉が奏でられ、やがて幻想SFという魅力あふれる未知の領域を発見する

 光と闇、生と死、喜悦と不安……はるかな記憶の底に内在するイメージを抽出し、選びぬかれた言葉と、乾いた文体で構築するユニークな作品世界。長らく入手困難だった幻想SF短篇集の名作が、ついに電子書籍で復刊!

●河野典生(こうの・てんせい)
1935年1月高知県生まれ。詩作、劇作のかたわら1960年『陽光の下、若者は死ぬ』でデビュー。1964年『殺意という名の家畜』で推理作家協会賞を受賞。日本のハードボイルド小説の先駆者となる。幻想派SF小説、ジャズ小説など、多彩な執筆分野とジャズのフィーリングを持つ作家として特異な存在。

10万光年のエスケープ ギャラクシー・トリッパー美葉1

amazon Kindle

『10万光年のエスケープ ギャラクシー・トリッパー美葉1』

山本 弘・著

ミョーな宇宙を飛び回る、ツッコミ・美葉ちゃんと大ボケ・ルーくんの珍道中!

 あたし、飾美葉14歳。平均的美少女で頭は良いが性格は悪い。中学校教育に疑念を持つあたしは、ある晴れた月曜日の午前10時に学校の屋上で英和辞典を枕にまどろんでいた。「あの〜、ウラジオストックはどっちでしょうか」と声をかけてきたのは巡航ミサイルのルーくんだった。頭の固い教師に追われるあたしと、米空軍に回収されそうなルーくんは、勢い余って宇宙まで逃亡しちゃった。でも、宇宙っていろいろミョーな生物ばっかり。笑って笑って、頭の中にアリンコが住んじゃいそうなナンセンス・スペースオペラ第1弾。

●山本弘(やまもと・ひろし)
作家。元「と学会」会長。日本SF作家クラブ会員。1956年京都府生まれ。1978年『スタンピード!』で第1回奇想天外SF新人賞佳作に入選。1987年ゲーム創作集団「グループSNE」に参加。作家、ゲームデザイナーとしてデビュー。2003年『神は沈黙せず』が第25回日本SF大賞の、また2007年発表の『MM9』が第29回日本SF大賞の候補作となり、2006年の『アイの物語』は第28回吉川英治文学新人賞ほか複数の賞の候補に挙がる。2011年『去年はいい年になるだろう』で第42回星雲賞を受賞。

空のかなたのユートピア ギャラクシー・トリッパー美葉2

amazon Kindle

『空のかなたのユートピア ギャラクシー・トリッパー美葉2』

山本 弘・著

果たして宇宙に楽園は存在するのか? 邪悪な人工惑星から銀河系を守れ!

 あたし、飾美葉14歳。地球を探してさまよう宇宙の放浪者となったあたしとルーくんは、無体なスプレー缶型宇宙船に追われていた異星娘マイニを救った。彼女は探検家だったお祖父さんの日記をもとに、「真の楽園」を探して旅しており、その日記が悪者達に狙われているという。地球のことも載っているというその日記を守るため、マイニとともに旅することになったあたしたち。でも待ち受ける星々は、相も変わらず…。究極のナンセンス・スペースオペラ第2弾。

●山本弘(やまもと・ひろし)
作家。元「と学会」会長。日本SF作家クラブ会員。1956年京都府生まれ。1978年『スタンピード!』で第1回奇想天外SF新人賞佳作に入選。1987年ゲーム創作集団「グループSNE」に参加。作家、ゲームデザイナーとしてデビュー。2003年『神は沈黙せず』が第25回日本SF大賞の、また2007年発表の『MM9』が第29回日本SF大賞の候補作となり、2006年の『アイの物語』は第28回吉川英治文学新人賞ほか複数の賞の候補に挙がる。2011年『去年はいい年になるだろう』で第42回星雲賞を受賞。

寄り道だらけのオデッセイ ギャラクシー・トリッパー美葉3

amazon Kindle

『寄り道だらけのオデッセイ ギャラクシー・トリッパー美葉3』

山本 弘・著

「あなたは、だれ?」美葉のピンチを救ってくれた謎の美女の正体は!?

 あたし、飾美葉14歳。地球目前で食中毒になってしまったあたしは、ようやく医者をみつけたものの、これがとんでもない悪徳医だったのよね。子宮を人質に法外な料金をふっかけられたあたしは、手っとり早く稼ぐため、カジノの人生ゲームにチャレンジ。見事、大金を手にし、豪遊を始めたところ、今度は賞金稼ぎが追ってきた…。どーしてよっっ。ワケのわからないピンチにパニくるあたしを救ってくれたのは…? ナンセンス・スペースオペラ、第3弾にしてついに完結。

●山本弘(やまもと・ひろし)
作家。元「と学会」会長。日本SF作家クラブ会員。1956年京都府生まれ。1978年『スタンピード!』で第1回奇想天外SF新人賞佳作に入選。1987年ゲーム創作集団「グループSNE」に参加。作家、ゲームデザイナーとしてデビュー。2003年『神は沈黙せず』が第25回日本SF大賞の、また2007年発表の『MM9』が第29回日本SF大賞の候補作となり、2006年の『アイの物語』は第28回吉川英治文学新人賞ほか複数の賞の候補に挙がる。2011年『去年はいい年になるだろう』で第42回星雲賞を受賞。

神の禽1 イアルの野

amazon Kindle

『神の禽1 イアルの野』

河原よしえ・著、岩崎陽子・イラスト

冥界より蘇りし者、ホルス神の力を借りて侵略者と戦え!

 三〇〇〇年にわたる輝かしい文化を開かせた古代エジプト。だがその長い時の流れには、幾度かの盛衰の歴史があった…。紀元前一五〇〇年頃、下エジプトは、ヘカ・カスウェト軍の侵略を受けていた。八歳になる少年、セレクの村にも魔の手が伸びてきたが、間一髪のところで王(ファラオ)率いるケーメ軍に助けられる。その日から、セレクは王と共に戦うことを夢見ていた。やがて成長したセレクは、希望どおり王の軍隊に志願。執拗に攻め来る侵略者の手から母国を守ろうとするのだが…。古代エジプト英雄譚、第1弾。

●河原よしえ(かわはら・よしえ)
東京都杉並区出身。小学生時代から漫画家を目指しつつ、1975年にアニメーション制作会社、株式会社サンライズ(旧・有限会社サンライズスタジオ)でアルバイトを開始。翌1976年からは企画室所属の契約社員として、設定制作、文芸、企画などを『風間洋』名にて担当。1984年『重戦機エルガイム』で脚本、1989年に企画を担当した番組のノベライズ『鎧正伝サムライトルーパー』で小説家デビュー。趣味である古代エジプト学の知識を元にしたファンタジーをはじめとする小説や、ムック本の解説などの他、ラジオドラマ脚本、作詞など、活動は多方面。古代エジプト学、博物学、イラスト、マンガ製作、最近はホビーロボット大会のボランティア活動等が趣味。

神の禽2 邪神の胎動

amazon Kindle

『神の禽2 邪神の胎動』

河原よしえ・著、岩崎陽子・イラスト

ウジャトの力でホルス神に変身し、エジプトに平和をもたらせ!

 大緑海(地中海)の温暖な気候に恵まれた豊かな都市タニス。しかし、ヘカ・カスウェト軍の支配下に入ってからは、高い堅固な壁に囲まれた要塞都市へと一変してしまった。激しさをますケーメ軍とヘカ・カスウェト軍との戦い。しかし、その戦いの陰には目に見えぬ邪神の存在が…。ウジャトの力を借りて冥界より復活、隼神(はやぶさしん)ホルスの姿に生まれ変わり、想像を越えた力(パワー)を得たセレク。もう一度人々が安心して暮らせる国を取り戻すことはできるのか…? 古代エジプト英雄譚、第2弾。電子版特別付録として、岩崎陽子による1〜3巻のイラストラフスケッチ集を収録。

●河原よしえ(かわはら・よしえ)
東京都杉並区出身。小学生時代から漫画家を目指しつつ、1975年にアニメーション制作会社、株式会社サンライズ(旧・有限会社サンライズスタジオ)でアルバイトを開始。翌1976年からは企画室所属の契約社員として、設定制作、文芸、企画などを『風間洋』名にて担当。1984年『重戦機エルガイム』で脚本、1989年に企画を担当した番組のノベライズ『鎧正伝サムライトルーパー』で小説家デビュー。趣味である古代エジプト学の知識を元にしたファンタジーをはじめとする小説や、ムック本の解説などの他、ラジオドラマ脚本、作詞など、活動は多方面。古代エジプト学、博物学、イラスト、マンガ製作、最近はホビーロボット大会のボランティア活動等が趣味。

神の禽3 神話への石碑(ピラミッド)

amazon Kindle

『神の禽3 神話への石碑(ピラミッド)』

河原よしえ・著、岩崎陽子・イラスト

ついに邪神セトがその姿を現し、ホルス神と激突する!

 ティス、アトリビス、バタリ、アシュート、そしてベニ・ハッサンと立て続けに勝利をおさめたケーメ軍は、更にその戦線を北に進めていた。だが、いまだにヘカ・カスウェト軍には目に見えぬ不気味さが漂う。邪神に思うままに操られて単なる操り人形と化したエムサムはついに…! 一方、ホルスの力を得たセレクの身体には次第に"異変"が起こり始めていた。さらに、タニス城の最上階に捕らわれているメウイは、皇子シアンがいるヘリオポリスへと連れさられることになってしまう…。古代エジプト英雄譚、第3弾にして完結篇。

●河原よしえ(かわはら・よしえ)
東京都杉並区出身。小学生時代から漫画家を目指しつつ、1975年にアニメーション制作会社、株式会社サンライズ(旧・有限会社サンライズスタジオ)でアルバイトを開始。翌1976年からは企画室所属の契約社員として、設定制作、文芸、企画などを『風間洋』名にて担当。1984年『重戦機エルガイム』で脚本、1989年に企画を担当した番組のノベライズ『鎧正伝サムライトルーパー』で小説家デビュー。趣味である古代エジプト学の知識を元にしたファンタジーをはじめとする小説や、ムック本の解説などの他、ラジオドラマ脚本、作詞など、活動は多方面。古代エジプト学、博物学、イラスト、マンガ製作、最近はホビーロボット大会のボランティア活動等が趣味。

宇宙船ヴァニスの歌

amazon Kindle

『宇宙船ヴァニスの歌』

友成純一・著

娼妓宇宙船ヴァニス号の美女達が、鍛え上げた戦闘能力と性技で暴れまくる!

 パトリシアとメアリアンの唇が、ニールの首筋、胸、腹、下腹、内腿……唾液のねっとりとした感触をたたえて忙しく這いまわる。薬の効果で、その刺激が、ジリジリと痛いくらいの快感を伝えてくる。「あら、ニール、もうこんなになって……この二時間で、三回目よ」……だが、やってもやっても物足りず、陰茎はそそり立って飢えを表現する。やらなければ。ヴァニスの滞在時間は、一週間。あとまた何年も、単純な肉体労働と女房という定食を味わわなければならない。陰茎がすり切れ、血が吹き出すまでやりまくらなければ……。
 辺境の開拓星で春をひさぐ女たちを乗せた娼妓宇宙船ヴァニス。そこで繰りひろげられる、凄絶な官能SFバイオレンス第1弾が「電子版あとがき」を追加収録して、ついに復刊!

●友成純一(ともなり・じゅんいち)
1954年福岡生まれ。1976年、早稲田大学在学中に「透明人間の定理リラダンについて」が幻影城新人評論部門に入選。映画評などでも活躍したのち、1985年「肉の儀式」で小説家デビュー。官能的でバイオレントな作風が注目を浴びる。以後、スプラッター小説のパイオニアとしてだけでなく、SF、ホラー、怪獣小説などでも鬼才ぶりを発揮し、多くの著作を発表。またロンドン関連の著書も多い。現在はバリ島在住。

恐怖の暗黒魔王

amazon Kindle

『恐怖の暗黒魔王』

友成純一・著

民主軍ゲリラの四天王・竜神童子が娼妓宇宙船ヴァニス号に潜入した!

 コワルスキーは、チャイナ・ドレスの下で露わに蠢く女の肉体に、舌舐めずりした。「ヘヘ、エヘヘ……男は愛する女のためなら、たとえ犬死であっても生命を投げだすものなのさ……」コワルスキーはわけもなく口走ると、フゴフゴ鼻を鳴らし、メアリアンの髪や首筋の匂いを嗅ぎまわった。「いい匂いだね、君。すてきな身体だ……」レーザー・ナイフの刃を、今にも切らんばかりに、乳房に近づけたり離したりする。そして、切ない溜息をつきながら、物問いたげに竜神童子を盗み見る。肉を削って良いかどうか、目つきで問うているのだ。「ダメだ、コワルスキー。大事な人質だ。殺すな……おれは人殺しは嫌なんだ。特に女は、な……」
 辺境の開拓星で春を売る女たちと血腥い男たちの闘い! 凄絶な官能SFバイオレンス第2弾が「電子版あとがき」を追加収録して、ついに復刊!

●友成純一(ともなり・じゅんいち)
1954年福岡生まれ。1976年、早稲田大学在学中に「透明人間の定理リラダンについて」が幻影城新人評論部門に入選。映画評などでも活躍したのち、1985年「肉の儀式」で小説家デビュー。官能的でバイオレントな作風が注目を浴びる。以後、スプラッター小説のパイオニアとしてだけでなく、SF、ホラー、怪獣小説などでも鬼才ぶりを発揮し、多くの著作を発表。またロンドン関連の著書も多い。現在はバリ島在住。

血飛沫電脳世界

amazon Kindle

『血飛沫電脳世界』

友成純一・著

寿命が尽きかけた地球統合政府大統領・ラオを救う、その最終手段とは!?

「挨拶(ファック)だ、挨拶だ、おれも挨拶がしたい」ドレスの裾をめくりあげたヨハネの手は、サイボーグ・ハンドである。生身のなよやかなシンディの腕では、これをはねのけるなど絶対に不可能。シンディはせめて陰部だけをかくそう、もじもじと腿と腿をすり合わせる。「ほほう、これが生の女」ダニエルが両手でシンディの腰を抑え、右に左にひねって肉のつき具合いを値踏みする。「ちょっと、ちょっと……そんな……やあだこれ、お止め」シンディのたっぷりした尻たぶが、やんやん、羞恥の痙攣を繰りかえす……。
 五年ぶりに地球に戻る宇宙船ヴァニスの娼妓たちを待っていたのは、太陽系ワープ中継ステーションで働く男達だった。いま、飽くなき肉弾戦がはじまる! 凄絶な官能SFバイオレンス第3弾が「電子版あとがき」を追加収録して、ついに復刊!

●友成純一(ともなり・じゅんいち)
1954年福岡生まれ。1976年、早稲田大学在学中に「透明人間の定理リラダンについて」が幻影城新人評論部門に入選。映画評などでも活躍したのち、1985年「肉の儀式」で小説家デビュー。官能的でバイオレントな作風が注目を浴びる。以後、スプラッター小説のパイオニアとしてだけでなく、SF、ホラー、怪獣小説などでも鬼才ぶりを発揮し、多くの著作を発表。またロンドン関連の著書も多い。現在はバリ島在住。

戦闘娼妓伝

amazon Kindle

『戦闘娼妓伝』

友成純一・著

銀河連邦に反旗を翻す民主主義の魔王を倒せ! エロチシズムと戦慄が横溢する宇宙戦の決着は!?

 密偵娼妓船〈ヴァニス号〉がザハル太陽系にやって来て一年が経った。ザハル太陽系はいまや、ゲリラと海賊の跳梁する大暗黒星域と化したヴラド星域で、最大の歓楽街となっていた。鉱夫達が、酒と女と麻薬を求めてやって来るからだ。娼妓達はその卓越した性技と魅力で、苛酷な肉体労働の苦悩を発散させる娯楽が何もない鉱夫達の心を完全に掴んでいた。そして、魔王プレッジ・スミスを捜して放浪しつづけた〈ヴァニス号〉は、ついに彼の姿を捉えた!
 スリムなボディに秘めた戦闘能力と性技を駆使して魔王軍団と対決する戦闘娼妓達! 凄絶な官能SFバイオレンス第4弾が「電子版あとがき」を追加収録して、ついに復刊!

●友成純一(ともなり・じゅんいち)
1954年福岡生まれ。1976年、早稲田大学在学中に「透明人間の定理リラダンについて」が幻影城新人評論部門に入選。映画評などでも活躍したのち、1985年「肉の儀式」で小説家デビュー。官能的でバイオレントな作風が注目を浴びる。以後、スプラッター小説のパイオニアとしてだけでなく、SF、ホラー、怪獣小説などでも鬼才ぶりを発揮し、多くの著作を発表。またロンドン関連の著書も多い。現在はバリ島在住。

ファラオを盗め!! 冥府の聖女(上)

amazon Kindle

『ファラオを盗め!! 冥府の聖女(上)』

河原よしえ・著、柴田昌弘・イラスト

封印された姫の亡霊から依頼され、墓泥棒たちはファラオの王宮へ忍び込む!

「あんた……魔女……なのか」盗賊ウェンが美しい姫の亡霊に出会ったのは、呪文によって封印され、その存在すら抹殺された墓だった。彼女はフロネと名乗り、かつての許婚、そして今や全エジプトの支配者にして神たるファラオ救出を願う。ウェンは陰謀と妖術渦巻く王宮から、ファラオを盗み出せるのか。若き盗賊が古代エジプトを駆けるアクション・ファンタジー。

●河原よしえ(かわはら・よしえ)
東京都杉並区出身。小学生時代から漫画家を目指しつつ、1975年にアニメーション制作会社、株式会社サンライズ(旧・有限会社サンライズスタジオ)でアルバイトを開始。翌1976年からは企画室所属の契約社員として、設定制作、文芸、企画などを『風間洋』名にて担当。1984年『重戦機エルガイム』で脚本、1989年に企画を担当した番組のノベライズ『鎧正伝サムライトルーパー』で小説家デビュー。趣味である古代エジプト学の知識を元にしたファンタジーをはじめとする小説や、ムック本の解説などの他、ラジオドラマ脚本、作詞など、活動は多方面。古代エジプト学、博物学、イラスト、マンガ製作、最近はホビーロボット大会のボランティア活動等が趣味。

ファラオを盗め!! 冥府の聖女(下)

amazon Kindle

『ファラオを盗め!! 冥府の聖女(下)』

河原よしえ・著、柴田昌弘・イラスト・著

狙うお宝はエジプトの神!? 姫との約束を果たすべく、大神官の魔術を打ち破れ!

 暴政を敷く王妃タウスレットを狙ってハトホルの祝祭に斬り込んだ将軍マフサだったが、大神官アメソモスの魔術の前には為す術もなかった。さらに、ウェンと出会い、失意の軟禁生活から目覚めたファラオ、シプターに危機が迫る。エジプトを揺るがす陰謀は、まさにその成就の時を迎えつつあった。フロネ姫との約束を果たすべく、ウェンと盗賊仲間たちは大神官アメソモスに挑む!

●河原よしえ(かわはら・よしえ)
東京都杉並区出身。小学生時代から漫画家を目指しつつ、1975年にアニメーション制作会社、株式会社サンライズ(旧・有限会社サンライズスタジオ)でアルバイトを開始。翌1976年からは企画室所属の契約社員として、設定制作、文芸、企画などを『風間洋』名にて担当。1984年『重戦機エルガイム』で脚本、1989年に企画を担当した番組のノベライズ『鎧正伝サムライトルーパー』で小説家デビュー。趣味である古代エジプト学の知識を元にしたファンタジーをはじめとする小説や、ムック本の解説などの他、ラジオドラマ脚本、作詞など、活動は多方面。古代エジプト学、博物学、イラスト、マンガ製作、最近はホビーロボット大会のボランティア活動等が趣味。

マジカル・シティ・ナイト1

amazon Kindle

『マジカル・シティ・ナイト1』

朝松健・著、義仲翔子・イラスト

昼と夜、神と悪魔、科学と魔法の逆転した都市"マジカル・シティ"に現れた殺人鬼を倒せ!

 マジカル・シティ……それは現代の科学技術から隔離され、中世以来魔術が発達した〈もうひとつの世界〉。市民は日常的に魔術や妖術、呪術を使い、夜ともなれば魔神、悪魔、精霊、妖魔達の跋扈する百鬼夜行の世界へとシティは変貌する。あるとき、毒ガスを噴射し無差別に市民を殺害する怪人、マッド・ガッサーが現れた。命を受け、魔術犯罪専門特捜官〈騎士(ナイト)〉である、道術師のベン・スズキと吸血鬼女のエスターがその捜査に乗り出した!
 大人気オカルト・ホラー・アクション、その第1弾が電子で復刊! 表紙&口絵イラストは義仲翔子による描き下ろし。

●朝松 健(あさまつ・けん)
1956年札幌生まれ。東洋大学卒。出版社勤務を経て、1986年『魔教の幻影』でデビュー。ホラー、伝奇など、幅広い執筆活動を続けている。2006年『東山殿御庭』が第58回推理作家協会賞短編部門の候補となる。近年は室町時代に材をとった幻想怪奇小説〈室町ゴシック〉、一休宗純を主人公とした〈一休シリーズ〉、妖怪と人間との心温まる交流をユーモアたっぷりに描いた〈ちゃらぽこ〉ほかの妖怪時代コメディなどを発表している。

旧支配者の足音 マジカル・シティ・ナイト2

amazon Kindle

『旧支配者の足音 マジカル・シティ・ナイト2』

朝松健・著、義仲翔子・イラスト

邪神クトゥールーの召喚を阻止するため、ギルマン街に潜入せよ!

 招春祭(メイ・イヴ)の夜、ギルマン街のあるアパートメントの一室で行われた召喚儀式……それは〈こちら側〉でも〈向こう側〉でもない、もうひとつの世界〈旧宇宙〉から邪神クトゥールーを召喚するために、あるものを呼び出す儀式であった。あるものの名は、召喚者N。Nの正体は、そして、もうひとつのNとは? 魔術犯罪専門特捜官〈騎士(ナイト)〉のペンは邪神降臨を阻止することができるか!?
 大人気オカルト・ホラー・アクション、その第2弾が電子で復刊!

●朝松 健(あさまつ・けん)
1956年札幌生まれ。東洋大学卒。出版社勤務を経て、1986年『魔教の幻影』でデビュー。ホラー、伝奇など、幅広い執筆活動を続けている。2006年『東山殿御庭』が第58回推理作家協会賞短編部門の候補となる。近年は室町時代に材をとった幻想怪奇小説〈室町ゴシック〉、一休宗純を主人公とした〈一休シリーズ〉、妖怪と人間との心温まる交流をユーモアたっぷりに描いた〈ちゃらぽこ〉ほかの妖怪時代コメディなどを発表している。

魔法庁ウォーズ マジカル・シティ・ナイト3

amazon Kindle

『魔法庁ウォーズ マジカル・シティ・ナイト3』

朝松健・著、義仲翔子・イラスト

ベンたちを罠にかけたのは、ギャング団か、魔法庁か、それとも…!?

 魔術犯罪専門特捜官〈騎士(ナイト)〉のベンは、ふと気がつくと「災難(ミザリー)」という酒場のトイレの前に立っていた。そこで、ギャングの殺し屋である、忍者ハヤテとトロルのバレリー、市長専属の〈城(ルーク)〉リュウ、見習い魔女のナンナに出会う。五人は、なぜか身に覚えのない濡れ衣を着せられ、それぞれの組織から追われる身に……。さらに、身体を何者かに操られ、魔王の御寝所があるという地下777階へと向かわされる。いったい誰が、なんの目的で、ベンたちを操るのか!?
 大人気オカルト・ホラー・アクション、その第3弾が電子で復刊!

●朝松 健(あさまつ・けん)
1956年札幌生まれ。東洋大学卒。出版社勤務を経て、1986年『魔教の幻影』でデビュー。ホラー、伝奇など、幅広い執筆活動を続けている。2006年『東山殿御庭』が第58回推理作家協会賞短編部門の候補となる。近年は室町時代に材をとった幻想怪奇小説〈室町ゴシック〉、一休宗純を主人公とした〈一休シリーズ〉、妖怪と人間との心温まる交流をユーモアたっぷりに描いた〈ちゃらぽこ〉ほかの妖怪時代コメディなどを発表している。

天空の敵 マジカル・シティ・ナイト4

amazon Kindle

『天空の敵 マジカル・シティ・ナイト4』

朝松健・著、義仲翔子・イラスト

シティの連続誘拐事件の謎を追うベンが、立入禁止地帯「西の砂漠」で見たものは…!?

 マジカル・シティに連続誘拐事件発生。羽ばたく飛行機械で、シティの空を自由に飛びまわり、若い女性を次々と拐う謎の怪人、レーダーマン。〈向こう側〉の新たな刺客か、それとも科学信者のしわざか。シティは事件解決に天空パトロール隊を結成、魔術犯罪専門特捜官〈騎士(ナイト)〉のベンがその捜査に乗り出す。怪人レーダーマンの正体は、そして奴の目的はいったい何なのか!?
 大人気オカルト・ホラー・アクション、その第4弾が電子で復刊!

●朝松 健(あさまつ・けん)
1956年札幌生まれ。東洋大学卒。出版社勤務を経て、1986年『魔教の幻影』でデビュー。ホラー、伝奇など、幅広い執筆活動を続けている。2006年『東山殿御庭』が第58回推理作家協会賞短編部門の候補となる。近年は室町時代に材をとった幻想怪奇小説〈室町ゴシック〉、一休宗純を主人公とした〈一休シリーズ〉、妖怪と人間との心温まる交流をユーモアたっぷりに描いた〈ちゃらぽこ〉ほかの妖怪時代コメディなどを発表している。

ベンを探せ! マジカル・シティ・ナイト5

amazon Kindle

『ベンを探せ! マジカル・シティ・ナイト5』

朝松健・著、義仲翔子・イラスト

ギャング団の罠にかかったベンは、科学技術が支配する「シブヤ」という恐怖の街に飛ばされた!

 ベンが消えた!〈騎士(ナイト)〉連続殺人犯GOGを追跡中、アルトゥラとボーンの目の前からベンは突然、姿を消してしまった。ベンはギャング団のボス、トードストゥールの罠にはまり、〈向こう側〉に送られてしまったのだ。北の監獄にいる科学信者たちの煽動、アジト移動となにやらまた不穏な動きをしはじめるギャング団。マジカル・シティはじまって以来、最大の危機が訪れようとしていた!
 大人気オカルト・ホラー・アクション、その第5弾が電子で復刊!

●朝松 健(あさまつ・けん)
1956年札幌生まれ。東洋大学卒。出版社勤務を経て、1986年『魔教の幻影』でデビュー。ホラー、伝奇など、幅広い執筆活動を続けている。2006年『東山殿御庭』が第58回推理作家協会賞短編部門の候補となる。近年は室町時代に材をとった幻想怪奇小説〈室町ゴシック〉、一休宗純を主人公とした〈一休シリーズ〉、妖怪と人間との心温まる交流をユーモアたっぷりに描いた〈ちゃらぽこ〉ほかの妖怪時代コメディなどを発表している。

凍殺(ころし)のステルス マジカル・シティ・ナイト6

amazon Kindle

『凍殺(ころし)のステルス マジカル・シティ・ナイト6』

朝松健・著、義仲翔子・イラスト

ベンが住むアパートの大家クレイヴンが凍死体で発見され、その殺害容疑をかけられてしまう!

 マジカル・シティに新たな侵入者が出現! 味方であるはずの科学信者を凍殺し、科学だけでなく魔術も使う謎の殺人鬼、ステルス。そして、クレイヴン殺しの容疑をかけられた魔術犯罪専門特捜官〈騎士(ナイト)〉のベンは、メア市長の要請を受け、〈炮妹(パオメイ)〉の保護観察下で捜査にあたる。果たしてベンは、ステルスの足跡を追い、彼の目的を探り出せるか!?
 大人気オカルト・ホラー・アクション、その第6弾が電子で復刊!

●朝松 健(あさまつ・けん)
1956年札幌生まれ。東洋大学卒。出版社勤務を経て、1986年『魔教の幻影』でデビュー。ホラー、伝奇など、幅広い執筆活動を続けている。2006年『東山殿御庭』が第58回推理作家協会賞短編部門の候補となる。近年は室町時代に材をとった幻想怪奇小説〈室町ゴシック〉、一休宗純を主人公とした〈一休シリーズ〉、妖怪と人間との心温まる交流をユーモアたっぷりに描いた〈ちゃらぽこ〉ほかの妖怪時代コメディなどを発表している。

青龍(ドラゴン)仕掛けのアリア マジカル・シティ・ナイト7

amazon Kindle

『青龍(ドラゴン)仕掛けのアリア マジカル・シティ・ナイト7』

朝松健・著、義仲翔子・イラスト

古代中国科学VS道教魔術! 看守や囚人たちの目を盗み、真相に近づくことができるか!?

 北の砂漠にある監獄で、囚人が作業中に掘り出した〈玉〉。それは〈向こう側〉の情報を記録した古代中国科学の記憶装置だった! 記憶をよみがえらせた看守たちは、囚人を人質にしてメア市長を脅迫。シティの秘密と市民の〈向こう側〉への解放を要求する。魔術犯罪専門特捜官〈騎士(ナイト)〉のベンは、人質解放の命を受け、新米〈騎士(ナイト)〉トベラとともに監獄に潜入する!
 大人気オカルト・ホラー・アクション、その第7弾が電子で復刊!

●朝松 健(あさまつ・けん)
1956年札幌生まれ。東洋大学卒。出版社勤務を経て、1986年『魔教の幻影』でデビュー。ホラー、伝奇など、幅広い執筆活動を続けている。2006年『東山殿御庭』が第58回推理作家協会賞短編部門の候補となる。近年は室町時代に材をとった幻想怪奇小説〈室町ゴシック〉、一休宗純を主人公とした〈一休シリーズ〉、妖怪と人間との心温まる交流をユーモアたっぷりに描いた〈ちゃらぽこ〉ほかの妖怪時代コメディなどを発表している。

暗黒は我を蔽う マジカル・シティ・ナイト8

amazon Kindle

『暗黒は我を蔽う マジカル・シティ・ナイト8』

朝松健・著、義仲翔子・イラスト

新たな仲間とともに〈向こう側〉に消えた女忍者トベラを探し出せ!

 人間、悪魔、妖怪などが共存する魔界の都市、マジカル・シティ。市警の魔術犯罪専門特別捜査官〈騎士(ナイト)〉であるベンは、ある日不可思議な事件に巻き込まれる。大捕物の最中、たしかにいたはずの同僚や犯罪者が目の前で暗黒に包まれて消え去り、しかも人々の記憶やシティの記録からさえも、彼らの存在した痕跡が消えていたのだ。シティ全体にはびこりはじめた不穏な気配の中、美貌の悪魔刑事ルナリスや、〈騎士(ナイト)〉見習いの"妖怪すねこすり"らとともに、事態解決に動き始めるベン。果たしてマジカル・シティに平穏を取り戻すことができるのか!?
 大人気オカルト・ホラー・アクション、その第8弾が電子で復刊! 表紙&口絵イラストは義仲翔子による描き下ろし。

●朝松 健(あさまつ・けん)
1956年札幌生まれ。東洋大学卒。出版社勤務を経て、1986年『魔教の幻影』でデビュー。ホラー、伝奇など、幅広い執筆活動を続けている。2006年『東山殿御庭』が第58回推理作家協会賞短編部門の候補となる。近年は室町時代に材をとった幻想怪奇小説〈室町ゴシック〉、一休宗純を主人公とした〈一休シリーズ〉、妖怪と人間との心温まる交流をユーモアたっぷりに描いた〈ちゃらぽこ〉ほかの妖怪時代コメディなどを発表している。

鏡影都市 マジカル・シティ・ナイト9

amazon Kindle

『鏡影都市 マジカル・シティ・ナイト9』

朝松健・著、義仲翔子・イラスト

シティを襲った〈暗黒〉の正体を暴き、自らの運命を切り開くことは可能なのか!?

 マジカル・シティを襲った災厄をどうにか退けたベンは、暗黒に包まれて街から消えてしまった女忍者トベラを救い出すため、〈向こう側〉へと足を踏み入れる。だが、〈向こう側〉でベンを待ち受けていたのは、過酷な運命と巨大な陰謀だった! 魔法の否定される世界でみつけた自分自身の死体。さらに、謎の協力者マジックに告げられた自らの寿命。事態は加速度的に混迷を増していく。ベンに残されたのはわずか九時間。その間に、愛するトベラを救い出すことはできるのか!?
 大人気オカルト・ホラー・アクション、その第9弾が電子で復刊! 表紙&口絵イラストは義仲翔子による描き下ろし。

●朝松 健(あさまつ・けん)
1956年札幌生まれ。東洋大学卒。出版社勤務を経て、1986年『魔教の幻影』でデビュー。ホラー、伝奇など、幅広い執筆活動を続けている。2006年『東山殿御庭』が第58回推理作家協会賞短編部門の候補となる。近年は室町時代に材をとった幻想怪奇小説〈室町ゴシック〉、一休宗純を主人公とした〈一休シリーズ〉、妖怪と人間との心温まる交流をユーモアたっぷりに描いた〈ちゃらぽこ〉ほかの妖怪時代コメディなどを発表している。

夜の騎士 マジカル・シティ・ナイト10

amazon Kindle

『夜の騎士 マジカル・シティ・ナイト10』

朝松健・著、義仲翔子・イラスト

シティをふたたび襲う脅威! ベンはトベラやマジックとともに、最強の敵に立ち向かう!

 トベラをついに取り戻し、マジカル・シティへと帰ってきたベン。ようやく訪れたかに思われた平穏な日々は、しかし突如墜ちてきた謎の流星によって、ふたたび破られた! マジックやトベラ、乱星号、心強い仲間たちとともに、シティを襲った脅威と対峙するベン。その中で彼は自らが何者なのかを思い出し始めるが……。ベンを襲う〈暗黒〉の正体はなんなのか、そもそもマジカル・シティとはどういった存在なのか、その謎がついに明かされる!
 大人気オカルト・ホラー・アクション、その第10弾にしてシリーズのフィナーレを飾る最終巻が電子で復刊! 表紙&口絵イラストは義仲翔子による描き下ろし。

●朝松 健(あさまつ・けん)
1956年札幌生まれ。東洋大学卒。出版社勤務を経て、1986年『魔教の幻影』でデビュー。ホラー、伝奇など、幅広い執筆活動を続けている。2006年『東山殿御庭』が第58回推理作家協会賞短編部門の候補となる。近年は室町時代に材をとった幻想怪奇小説〈室町ゴシック〉、一休宗純を主人公とした〈一休シリーズ〉、妖怪と人間との心温まる交流をユーモアたっぷりに描いた〈ちゃらぽこ〉ほかの妖怪時代コメディなどを発表している。

クールフェイス

amazon Kindle

『クールフェイス』

藤原征矢・著

数百年前に滅んだという古代科学文明の兵器が引き揚げ(サルベージ)されて…

 聖暦二五四年、神聖イレリア王国国立近衛師団士官学校を史上最年少の一五歳で卒業した少年がいた。彼の名はレニー・カレッカ。卒業席次は三番ながら、学校創設以来最強の不良候補生である。そんなレニーが、皇后陛下のお声掛かりで、卒業生総代を押しのけて宮廷護衛官に任命された。理由は、まだ十歳であるイレリア女王陛下の遊び相手にぴったりだからということだったが……。"クールフェイス"と綽名されるレニーが、幼い女王を守るため巨大な陰謀に立ち向かう。
 文明が中世まで後退した世界を描く未来ファンタジー「クールフェイス」シリーズ、第1弾。「電子版あとがき」を収録。

●藤原征矢(ふじわら・せいや)
1960年東京都生まれ。東京大学法学部卒。著書に『かたゆでマック』シリーズ、『クールフェイス』シリーズ(以上、朝日ソノラマ)、『電子恐慌』(ケイエスエス出版)、『ドル・ハンターズ』(祥伝社)、『鳴弦の巫女』(HJ文庫)など。小説の他、ゲーム・アニメ等の脚本も手がけ、また経済ライターとして別名で取材・執筆活動を行っている。

ストレンジャー

amazon Kindle

『ストレンジャー』

藤原征矢・著

リデル姫の危機を救った美貌の貴族はフードを目深に被った少女を従えていた

 イレリア王国の宮廷護衛官レニー・カレッカは、リデル姫の夏の巡幸のお供で、海沿いの町・イオナへ行くことになった。今回の巡幸の目玉は、パパラッチ・グループが三年がかりでレストアした引き揚げ品……自動車で女王母娘が移動すること。ところが、イオナまであと一日となったところで突然、自動車が原因不明の暴走を始める。女王母娘の危機に果たしてレニーは……!?
 文明が中世まで後退した世界を描く未来ファンタジー「クールフェイス」シリーズ、第2弾。「電子版あとがき」を収録。

●藤原征矢(ふじわら・せいや)
1960年東京都生まれ。東京大学法学部卒。著書に『かたゆでマック』シリーズ、『クールフェイス』シリーズ(以上、朝日ソノラマ)、『電子恐慌』(ケイエスエス出版)、『ドル・ハンターズ』(祥伝社)、『鳴弦の巫女』(HJ文庫)など。小説の他、ゲーム・アニメ等の脚本も手がけ、また経済ライターとして別名で取材・執筆活動を行っている。

ロイヤルブルー

amazon Kindle

『ロイヤルブルー』

藤原征矢・著

平和を望むキャリー皇后は国蝶"ロイヤルブルー"の探索をレニーたちに命じた

 軍事大国スパルキアで若手将校によるクーデターが起こった。新しく総督となったのは、ガルディアというまだ十代の若者。彼は、初演説の時にイレリアに対しての雪辱を宣言する。その話を聞きつけたイレリア側では、早急に国境沿いの軍備を固める一方、平和を呼ぶという伝説の蝶……ロイヤルブルー探しが、リデル姫たちの手によって始められる。果たしてロイヤルブルーの伝説は真実なのか? それとも、スパルキアとの戦いは避けられないのか……。
 文明が中世まで後退した世界を描く未来ファンタジー「クールフェイス」シリーズ、第3弾。「電子版あとがき」を収録。

●藤原征矢(ふじわら・せいや)
1960年東京都生まれ。東京大学法学部卒。著書に『かたゆでマック』シリーズ、『クールフェイス』シリーズ(以上、朝日ソノラマ)、『電子恐慌』(ケイエスエス出版)、『ドル・ハンターズ』(祥伝社)、『鳴弦の巫女』(HJ文庫)など。小説の他、ゲーム・アニメ等の脚本も手がけ、また経済ライターとして別名で取材・執筆活動を行っている。

スノーウインド

amazon Kindle

『スノーウインド』

藤原征矢・著

密書を届けるためコスケード山脈に潜入、そこは"雪女"が棲むとされる極寒の地だった

 キャリー皇后の命を受け、平和を求める書簡を密かに軍事大国スパルキアの参謀・レアルフに届けることになったレニーたち。彼らはまず、レニーの生まれ故郷であるイレリア最北端の町・ベルンに向かい、そこからレニーの知り合いの女性・ハンナを通じて知り合ったスパルキア人の少女とともに国境を越えた。ところが、スパルキア領に侵入を果たした彼らを待っていたのは……。
 文明が中世まで後退した世界を描く未来ファンタジー「クールフェイス」シリーズ、第4弾。「電子版あとがき」を収録。

●藤原征矢(ふじわら・せいや)
1960年東京都生まれ。東京大学法学部卒。著書に『かたゆでマック』シリーズ、『クールフェイス』シリーズ(以上、朝日ソノラマ)、『電子恐慌』(ケイエスエス出版)、『ドル・ハンターズ』(祥伝社)、『鳴弦の巫女』(HJ文庫)など。小説の他、ゲーム・アニメ等の脚本も手がけ、また経済ライターとして別名で取材・執筆活動を行っている。

ラストフライト

amazon Kindle

『ラストフライト』

藤原征矢・著

スパルキア軍が国境に侵入、リデル姫を護りつつ逃げ込んだのは古代科学文明が眠る地だった

 軍事大国スパルキアとの戦争が始まって以来、連戦連敗を続けるイレリア軍だったが、レニーの立案した作戦を実行したところ、圧倒的な勝利をおさめる。その戦果に喜んだリデル姫は、レニーを全イレリア軍の指揮官に抜擢しようとする。だが、それをこころよく思わない軍の上層部は、先手を打ってレニーを宮廷護衛官の任から解き、後方の補給部隊に転属させてしまった。果たして、この戦争の帰趨は? そしてレニーたちの運命は? 全ての謎を明らかにし、人気シリーズ、ここに感動の完結。
 文明が中世まで後退した世界を描く未来ファンタジー「クールフェイス」シリーズ、第5弾。「電子版あとがき」を収録。

●藤原征矢(ふじわら・せいや)
1960年東京都生まれ。東京大学法学部卒。著書に『かたゆでマック』シリーズ、『クールフェイス』シリーズ(以上、朝日ソノラマ)、『電子恐慌』(ケイエスエス出版)、『ドル・ハンターズ』(祥伝社)、『鳴弦の巫女』(HJ文庫)など。小説の他、ゲーム・アニメ等の脚本も手がけ、また経済ライターとして別名で取材・執筆活動を行っている。

プリンセス奪還 トウキョウ・バトル・フリークス

amazon Kindle

『プリンセス奪還 トウキョウ・バトル・フリークス』

牧野 修・著、米田仁士・イラスト

近未来SF格闘スポーツ「リカプト」のプロリーグ新加入を果たした彼らが目指すものは…?

 頑丈なプロテクターに身を包んだ男たちが、ふた手に分かれ、それぞれに得意の武器を使ってひとつの人形を奪い合うゲーム「リカプト」。それは、汚染した地球で、障壁に囲まれて暮らす人々の間で随一の人気を誇るスポーツであった。ここにひとりの男が新チームを結成した。勝ち進む、寄せ集め軍団。だが、彼らが掴みとろうとしたものは、単なる人形(プリンセス)ではなかった。

●牧野修(まきの・おさむ)
大阪府出身。1992年『王の眠る丘』で作家デビュー。1999年『スイート・リトル・ベイビー』で第6回日本ホラー小説大賞長編賞佳作。2002年『傀儡后』で第23回日本SF大賞受賞。著書は『死んだ女は歩かない1〜3』『冥福 日々のオバケ』『私の本気をあなたは馬鹿というかもね』『月世界小説』など多数。

乙女軍曹ピュセル・アン・フラジャーイル

amazon Kindle

『乙女軍曹ピュセル・アン・フラジャーイル』

牧野 修・著、羽住 都・イラスト

物語る乙女よ、人類の王を救え! 辺境の星から聖なる戦いが始まる

 宇宙標準暦10414年。人類はもはや、宇宙の片隅に追いやられていた。かつて、人類が惑星開発や病人介護のために造った「擬人種(ヒトデナシ)」に支配されていたのだ。そんな中、辺境の惑星に住む敬虔な少女、ピュセルが「神」の啓示を受けた。人類を解放せよ、と。少女は戦士となり、部下を探し、遙かなる惑星オルレアンを目指す。

●牧野修(まきの・おさむ)
大阪府出身。1992年『王の眠る丘』で作家デビュー。1999年『スイート・リトル・ベイビー』で第6回日本ホラー小説大賞長編賞佳作。2002年『傀儡后』で第23回日本SF大賞受賞。著書は『死んだ女は歩かない1〜3』『冥福 日々のオバケ』『私の本気をあなたは馬鹿というかもね』『月世界小説』など多数。

アシャワンの乙女たち

amazon Kindle

『アシャワンの乙女たち』

牧野 修・著、山本ヤマト・イラスト

可憐に、ひたむきに、力強く! 絶対悪・ドゥルジを倒すため4人の乙女が立ち上がった

 四月。天真爛漫で前向きな少女・木戸美弥は、全寮制の女子校・私立第四ボロヴィニア学園の中等部二年に進級した。完璧な美貌を持つ白鳥、長身で武闘派の燐、声も体も小さな薫の三人が、美弥の新しいルームメイトとなった。誰もがクラス替えの雰囲気に浮き足立つさなか、一人の生徒の自殺未遂をきっかけに、学園の平和はゆっくりとほころび始める。それは、"絶対悪"が、古より続く"美徳の象徴"との対立にピリオドを打つべく仕掛けた全面戦争のプロローグだった…。

●牧野修(まきの・おさむ)
大阪府出身。1992年『王の眠る丘』で作家デビュー。1999年『スイート・リトル・ベイビー』で第6回日本ホラー小説大賞長編賞佳作。2002年『傀儡后』で第23回日本SF大賞受賞。著書は『死んだ女は歩かない1〜3』『冥福 日々のオバケ』『私の本気をあなたは馬鹿というかもね』『月世界小説』など多数。

幻の将軍(上)

amazon Kindle

『幻の将軍(上)』

河原よしえ・著、いのまたむつみ・イラスト

王子に間違われた娘フレイは、自分が女であることを隠しつつ軍を率いることになる

 大国アシュの庇護の下、豊かな自然の懐で平和を謳歌しているシェン。そこに暮らす鍛冶の娘フレイは、剣術も馬術も大人顔負けの腕前で、まるで少年のように振舞っていた。幼馴染のアルセスと共に、アシュの偉い人の依頼だという剣を父の代わりに届ける船旅の途中、二人は海賊に襲われ、嵐の海ではぐれてしまう。フレイはアシュの軍船に助けられたが、アルセスの行方は杳として知れない。彼らが人違いをしていることに気付いたフレイは…。

●河原よしえ(かわはら・よしえ)
東京都杉並区出身。小学生時代から漫画家を目指しつつ、1975年にアニメーション制作会社、株式会社サンライズ(旧・有限会社サンライズスタジオ)でアルバイトを開始。翌1976年からは企画室所属の契約社員として、設定制作、文芸、企画などを『風間洋』名にて担当。1984年『重戦機エルガイム』で脚本、1989年に企画を担当した番組のノベライズ『鎧正伝サムライトルーパー』で小説家デビュー。趣味である古代エジプト学の知識を元にしたファンタジーをはじめとする小説や、ムック本の解説などの他、ラジオドラマ脚本、作詞など、活動は多方面。古代エジプト学、博物学、イラスト、マンガ製作、最近はホビーロボット大会のボランティア活動等が趣味。

幻の将軍(下)

amazon Kindle

『幻の将軍(下)』

河原よしえ・著、いのまたむつみ・イラスト

国の危機を救い人望を集める若き将軍、しかし「彼」を暗殺せんと恐るべき罠が張られていた

 異常なまでの民族主義者であったアシュの高官ダルフルと、王位継承権の順位の低さから隣国アシュを掌中に収めようとするディルの王族ウルバ。二人の策謀によって、現在アシュでは、アシュ人と先住民族メルタ人との対立が先鋭化していた。フレイが人違いされたのは、この混乱を治めるために呼び戻された、前アシュ王とメルタ人の寵姫の間に生まれし異端の王子だった。行方不明の幼馴染を捜すため、そして父が復刻した伝説の剣を本物にするため、懸命に将軍職を務めるフレイ。その姿は、徐々に人々の心を解かしていった。

●河原よしえ(かわはら・よしえ)
東京都杉並区出身。小学生時代から漫画家を目指しつつ、1975年にアニメーション制作会社、株式会社サンライズ(旧・有限会社サンライズスタジオ)でアルバイトを開始。翌1976年からは企画室所属の契約社員として、設定制作、文芸、企画などを『風間洋』名にて担当。1984年『重戦機エルガイム』で脚本、1989年に企画を担当した番組のノベライズ『鎧正伝サムライトルーパー』で小説家デビュー。趣味である古代エジプト学の知識を元にしたファンタジーをはじめとする小説や、ムック本の解説などの他、ラジオドラマ脚本、作詞など、活動は多方面。古代エジプト学、博物学、イラスト、マンガ製作、最近はホビーロボット大会のボランティア活動等が趣味。

緑の時代

amazon Kindle

『緑の時代』

河野典生・著

現実を超現実(幻想)の世界に解放していくのがファンタジー

 緑色の苔におおわれ、人も建物も風化していく新宿……その緑の世界を闊歩するヒッピーたちの姿を通して、自由な魂を謳いあげる表題作ほか、子供の姿をした作者が内側から子供たちの世界を描き、おとなたちの失われた故郷をかたる「子供の情景」、見すてられた草原となった東京の街にSLを走らせるため生命をかけるひとりの老人と少年たちを描いた「機関車、草原に」など、独自のファンタジーを追い求める著者が、内部に結晶するイメージを、ひとつひとつつまみあげ、小さく繊細な、しかしじゅうぶんに堅固な宇宙を創造していく傑作SF短篇集。

●河野典生(こうの・てんせい)
1935年1月高知県生まれ。詩作、劇作のかたわら1960年『陽光の下、若者は死ぬ』でデビュー。1964年『殺意という名の家畜』で推理作家協会賞を受賞。日本のハードボイルド小説の先駆者となる。幻想派SF小説、ジャズ小説など、多彩な執筆分野とジャズのフィーリングを持つ作家として特異な存在。

コガネムシの棲む町

amazon Kindle

『コガネムシの棲む町』

田中文雄・著、新井苑子・イラスト

幻想SFファンタジー、そして現代ホラー……珠玉の短篇集

 ムシを殺せば、刑務所行きか、国外退去。宇宙開発省土星支部から10年ぶりに帰省したリョウ・タキハラは、故郷の変貌に面くらってしまった。優しかったコリンズ老人は意地悪になり、酒を受けつけなかった父は、酒飲みになっていた。そして、母もかつての友人も…。なにもかもがチグハグなのだ。そして、コガネムシを叩き落した時、リョウの世界は反転した。(「コガネムシの棲む町」)
 現代ホラーの第一人者が贈る、幻想SFファンタジー短篇集。

・コガネムシの棲む町
・ハメルンの笛がきこえる
・鰐を飼う女
・鴉猫
・魔女の系譜
・死人起こし
・魚怪
・汽笛
・神遣い

●田中文雄(たなか・ふみお)
1941年東京生まれ。早稲田大学卒業後、東宝入社。70年代を中心にプロデューサーとして映画製作に携わる。1974年に『夏の旅人』で早川書房SF三大コンテスト佳作入選。1975年に『さすらい』で幻影城新人賞佳作入選。1986年東宝を退社して作家専業となり、ミステリー、ホラー、SFバイオレンスなどに健筆をふるう。草薙圭一郎名義では時代小説、架空戦記も発表している。

南から来た拳銃使い 能なしワニ1

amazon Kindle

『南から来た拳銃使い 能なしワニ1』

中井紀夫・著、沖一・イラスト

超能力者だらけの西部劇惑星で、何の超能力もない流れ者が拳銃片手に悪党どもと渡り合う!

 能なしだからってなめちゃケガするぜ。おれの拳銃はなまじかな能力より手強いからな……ナインガックは文明に見離された植民惑星。しかし住民は西部開拓時代の風俗にどっぷりつかって結構楽しくやっている。その上、住民のほとんどが超能力を持っているあきれた星でもある。しかし、たまに何の能力も持たない奴もいる。主人公ワニはその「能なし」なのだ。くやしさから拳銃の腕をみがいたくだらん流れ者だが、妙に愛嬌があって憎めない。今日も賞金首を求めてさすらうそんなワニの行く手には……軽妙なタッチで描く不思議なウエスタン開幕! 「能なしワニ」シリーズ第1弾。

●中井紀夫(なかい・のりお)
1952年生まれ。武蔵大学人文学部卒業。ハヤカワSFコンテストを経てデビューし、短篇「山の上の交響楽」で星雲賞を受賞。主な著書に、『能なしワニ』シリーズ、『タルカス伝』シリーズ(ともに早川書房)、『漂着神都市』、『海霊伝』(ともに徳間書店)など著書多数。

裏切り砦の拳銃無頼 能なしワニ2

amazon Kindle

『裏切り砦の拳銃無頼 能なしワニ2』

中井紀夫・著、沖一・イラスト

食いつめて騎兵隊に入隊したワニ、現住民と一触即発の砦で奇怪な超能力者相手に大暴れ!

 ここは超能力者だらけの西部劇風植民惑星。主人公ワニはすご腕の拳銃使いだが何の超能力もない能なし。と思っていたら、少女アンドロイドを探し歩く中年男クサフリと組むと凄まじい放火能力を発揮するのは前回の活躍にくわしい。さて今回ワニはクサフリにさそわれ、食うために騎兵隊に入る。しかしその砦は大酋長尻尾怖い率いる原住民の大軍と一触即発の危機にあった! 拳銃使いが騎兵隊に入ってもろくなことはなかろうという大方の予想の下、やはり奇怪な超能力、超絶な濡れ場、火を噴く拳銃が入り乱れ……乞御期待。奇想天外なワニの活躍! 「能なしワニ」シリーズ第2弾。

●中井紀夫(なかい・のりお)
1952年生まれ。武蔵大学人文学部卒業。ハヤカワSFコンテストを経てデビューし、短篇「山の上の交響楽」で星雲賞を受賞。主な著書に、『能なしワニ』シリーズ、『タルカス伝』シリーズ(ともに早川書房)、『漂着神都市』、『海霊伝』(ともに徳間書店)など著書多数。

恋の拳銃無宿 能なしワニ3

amazon Kindle

『恋の拳銃無宿 能なしワニ3』

中井紀夫・著、沖一・イラスト

西部劇ショーに入ったワニはいたいけな少女と恋に落ちる……連続殺人事件にかかわる恋の願末!

 ワニは東部に来た。おなじみ超能力者だらけの西部劇惑星という設定らしからぬ宇宙港と百万都市をひかえた文明の地。何の超能力もない能なしの拳銃使いなど使いみちがない。と考えるのは早計で、芸は身を助く。首尾よく西部劇ショーの一座にもぐり込む。そして、エッタ・フェアに出会ったのである。その能なしの少女はワニを前代未聞の気持ちにさせた。どうやらワニが恋をしたらしい。やれやれ。しかし、それが謎の連続殺人事件にからんでくるとは、ワニならずとも知る由もなかった……。能天気な拳銃使いといたいけな少女の甘くてこわい恋の顛末! 「能なしワニ」シリーズ第3弾。

●中井紀夫(なかい・のりお)
1952年生まれ。武蔵大学人文学部卒業。ハヤカワSFコンテストを経てデビューし、短篇「山の上の交響楽」で星雲賞を受賞。主な著書に、『能なしワニ』シリーズ、『タルカス伝』シリーズ(ともに早川書房)、『漂着神都市』、『海霊伝』(ともに徳間書店)など著書多数。

ワニよ銃をとれ 能なしワニ4

amazon Kindle

『ワニよ銃をとれ 能なしワニ4』

中井紀夫・著、沖一・イラスト

冗談のような能力者たちを味方に、ワニは前代未聞の能力をもつ究極の悪役と対決する!

 ワニは南部に来た。腰には拳銃がない。エッタの喪に服して拳銃断ちをしているのだ。しおらしい限りだが、ずい分思いきったものである。さて、金山の町に足を止めたワニ。おとなしくしていられるはずもなく、たちまち町のボスと険悪な間柄になる。相手はこれまでの悪役とはケタ違いの強大な能力者だ。敢然と立ち向かうワニ。そしてワニを助ける実にやくたいもない能力者たち! 一方、尻尾怖い率いるナッツと騎兵隊の緊張高まる中、クサフリは呪術修行に余念がない。さらにマリエも元気に再登場。なんだか彼瀾万丈の展開が予感されるのだが……。「能なしワニ」シリーズ第4弾。

●中井紀夫(なかい・のりお)
1952年生まれ。武蔵大学人文学部卒業。ハヤカワSFコンテストを経てデビューし、短篇「山の上の交響楽」で星雲賞を受賞。主な著書に、『能なしワニ』シリーズ、『タルカス伝』シリーズ(ともに早川書房)、『漂着神都市』、『海霊伝』(ともに徳間書店)など著書多数。

続・ワニよ銃をとれ 能なしワニ5

amazon Kindle

『続・ワニよ銃をとれ 能なしワニ5』

中井紀夫・著、沖一・イラスト

究極の能力者カルロスはワニの両親をも殺していた! 復讐を誓ったワニの戦いのゆくえは?

 ワニの両親はカルロスに殺されていた。ワニは復讐を誓う。七人の頼もしい仲間も集まった。元保安官のピートは念動力を使うと絶頂感にある女性と交感し、なんでも屋のモンタナは生まれた場所へだけテレポートでき、女教師ローラは念動力で家具を動かし、牧童頭のジョニーは頭の中で正確に時をきざむ、などなど。しかも、事なかれ主義の町の人間はことごとくワニたちを妨害する。いやになるほどハンデを負ったワニは、究極の能力者カルロスに挑むのだった! さらに騎兵隊とナッツの戦い、カルロスに拉致されたマリエの運命は? 「能なしワニ」シリーズ第5弾。

●中井紀夫(なかい・のりお)
1952年生まれ。武蔵大学人文学部卒業。ハヤカワSFコンテストを経てデビューし、短篇「山の上の交響楽」で星雲賞を受賞。主な著書に、『能なしワニ』シリーズ、『タルカス伝』シリーズ(ともに早川書房)、『漂着神都市』、『海霊伝』(ともに徳間書店)など著書多数。

荒野のトカゲ・ライダーズ 能なしワニ6

amazon Kindle

『荒野のトカゲ・ライダーズ 能なしワニ6』

中井紀夫・著、沖一・イラスト

人々の超能力が暴走を始めた、その原因究明のため旅にでかけたワニたちだったが……

 悪戦苦闘の末にワニたちはカルロスを倒した。だが、カルロスは死んでなお崇るとんでもない奴だった。死体から流れ出る"闇"が人々の超能力を暴走させたのだ。死体を燃やし尽くしていったんは危機を脱したが、呪術を修めたクサフリの破滅への予感は強まる一方。かくて、ワニたちは大陸の西へ赴くことになった。破滅の原因を解明すべく、かつてこの惑星を発見した後、大峡谷に消えた無人探査船の伝説を求めて。だが、マリエや少女アンドロイドらとの珍道中は、途中、奇妙で兇暴な盗賊団との遭遇により、思わぬ道草を食うはめになるのだった……。「能なしワニ」シリーズ第6弾。

●中井紀夫(なかい・のりお)
1952年生まれ。武蔵大学人文学部卒業。ハヤカワSFコンテストを経てデビューし、短篇「山の上の交響楽」で星雲賞を受賞。主な著書に、『能なしワニ』シリーズ、『タルカス伝』シリーズ(ともに早川書房)、『漂着神都市』、『海霊伝』(ともに徳間書店)など著書多数。

遙かなる大渓谷 能なしワニ7

amazon Kindle

『遙かなる大渓谷 能なしワニ7』

中井紀夫・著、沖一・イラスト

能なし男が世界を救う? 無限の深さをもつ大渓谷へ向かうワニには多難が待ち構えていた!

 カルロスの死体から生じた"闇"が再び世界を覆い始めていた。一方、トカゲ・ライダーズの魔手を逃れ、別れ別れになったワニ、クサフリ、マリエらは各々妖女とのあぶない行為や大自然の猛威、謎の美丈夫との恋などを経験しつつ、いつしか無限の深さをもつ大渓谷へ向かう。騎兵隊に追われる尻尾怖いらも加わり、期せずして主要登場人物一同が目指すそこには、惑星を発見した探査船が眠っているという。ついに、この奇妙な惑星の謎が明かされるのか。果たして闇の侵攻を阻止できるのか。愛すべき能天気野郎のシリーズ完結篇。その首尾やいかに? 「能なしワニ」シリーズ第7弾。

●中井紀夫(なかい・のりお)
1952年生まれ。武蔵大学人文学部卒業。ハヤカワSFコンテストを経てデビューし、短篇「山の上の交響楽」で星雲賞を受賞。主な著書に、『能なしワニ』シリーズ、『タルカス伝』シリーズ(ともに早川書房)、『漂着神都市』、『海霊伝』(ともに徳間書店)など著書多数。

暗黒の城(ダーク・キャッスル)

amazon Kindle

『暗黒の城(ダーク・キャッスル)』

有村とおる・著

「死の恐怖」からの解放は人間のDNAが求める最終到達地点なのか

 バーチャルリアリティを使ったホラーゲーム「ダークキャッスル3」制作中に、主要スタッフが相次いで変死する。一人は激突死、もう一人はロシアンルーレットでという、あたかも死を望んでいたかのような死に方で…。さらに、スタッフの一員である早川優作は、同僚で恋人でもある佐藤美咲までが死を恐れない自傷行為をとるのを見て愕然とする。「ダークキャッスル3」と一連の事態との間になんらかのつながりを感じた優作は、大学時代の女友達で今は雑誌記者の鷹石茜とともに事件の真相を追いはじめた。だが、二人の前に現れたのは、ある狂信的な医学研究と、恐るべき過去のカルト宗教団体事件の全貌であった…。第5回小松左京賞受賞作品。

●有村とおる(ありむら・とおる)
1945年生まれ。早稲田大学卒業。IT・ネットワーク・ソフトウエア企業で30年以上の経験を有する。企業間エレクトロニック・コマース(B2B・EC)のパイオニア。2004年、死すべき人間に死の恐怖が埋め込まれた不条理をテーマにした『暗黒の城(ダーク・キャッスル)』が第5回小松左京賞を受賞。2011年、文鳥への愛情と財務省の不正な二重課税を描いた『ほらピーちゃんが飛んでいる』を電子書籍で上梓。日本SF作家クラブ会員。

地を継ぐ子供たち

amazon Kindle

『地を継ぐ子供たち』

有村とおる・著

謎の疫病〈えぶ〉と軍事警察に怯えて暮らす子供たちが目指す場所とは

〈えぶ〉と呼ばれる謎の疫病が人類を襲い、世界人口は最盛期に比べて十分の一以下になった。荒廃後の日本列島では〈東国〉と〈西国〉に分裂した人々が、チュウブ無人地帯を間に挟んだまま、にらみ合いを続けていた。軍事国家〈東国〉に住む「まひる」たち四人の少年は、町の人々の間で「スフィンクスやピラミッドより大きい」と伝説になっている人工の遺跡〈石棺〉を探検しよう、と進入禁止区域に足を踏み入れる。
 鳥が次々と空から落ちて死んでいく。再び〈えぶ〉が発生した。人間の滅亡を意味する〈えぶ〉とは何か? なぜ大人たちは〈石棺〉の正体をひた隠しにするのか? そして、人類が生き残るすべはあるのか? すべての謎を解く鍵は、旧世界の科学者が記した〈ゆまノート〉に隠されている…。電子オリジナルの長篇SF小説。

●有村とおる(ありむら・とおる)
1945年生まれ。早稲田大学卒業。IT・ネットワーク・ソフトウエア企業で30年以上の経験を有する。企業間エレクトロニック・コマース(B2B・EC)のパイオニア。2004年、死すべき人間に死の恐怖が埋め込まれた不条理をテーマにした『暗黒の城(ダーク・キャッスル)』が第5回小松左京賞を受賞。2011年、文鳥への愛情と財務省の不正な二重課税を描いた『ほらピーちゃんが飛んでいる』を電子書籍で上梓。日本SF作家クラブ会員。

ミルキーピア物語(1) 京美ちゃんの家出

amazon Kindle

『ミルキーピア物語(1) 京美ちゃんの家出』

東野 司・著、横山えいじ・イラスト

電脳世界に潜りこんで、家出した仮想アイドル『京美』を連れ戻せ!

「京美が逃げだしたァ!」システムハウス・ミルキーピアの朝は、こうして始まった。うちの大切な商品でありコンピュータ・ネットワーク上で稼働するパーソナルアイドルの人気ナンバー1ソフト『京美』が家出してしまったのだ! たった一人の男性社員こと俺、片山秀人はヨネコ社長と麻矢さんに無理やり頼まれて、俺の裏ワザ"ネットワーク潜り"をやるはめになってしまったのだけど…。ソフトウェア業界と電脳空間を舞台にして、ミルキーピアの面々がきょうも繰り広げる、笑いとスリルと冒険と涙の数々。
 1987年5月号のSFマガジンに初登場して以来、絶大な人気を誇ったドタバタ電脳SF小説「ミルキーピア物語」シリーズが、横山えいじのイラストを完全収録して電子で復刊! 「バーチャルアイドル」や「ネットの世界にダイブする」という概念を日本で初めて扱った元祖的な名作であり、本書はその第1弾。以下のエピソードを収録している。

第1話 京美ちゃんの家出
第2話 聖哉くん、誘拐!
第3話 フェスティバルキャラの逆襲

●東野 司(とうの・つかさ)
1957年、愛媛県生まれ。横浜国立大学大学院中退。テクニカルライターを経て、1986年『赤い涙』(「SFマガジン」早川書房)でデビュー。主な著書に『ミルキーピア物語』シリーズ、『地球SOS』(早川書房)、『よろず電脳調査局ページ11』(徳間書店)、『電脳祈祷師』(学習研究社)、『展翅蝶』(エニックス)など。また、2013年子ども向け書き下ろしSFシリーズ「21世紀空想科学小説」企画立案。同シリーズ『何かが来た』(岩崎書店)。日本SF作家クラブ会員、日本児童文学者協会会員、日本文藝家協会会員。日本SF作家クラブ第17代会長。

ミルキーピア物語(2) つかのまの間奏曲(インターミッション)

amazon Kindle

『ミルキーピア物語(2) つかのまの間奏曲(インターミッション)』

東野 司・著、横山えいじ・イラスト

みかん農家に現出した電脳ワールド! 行方不明の姉弟を探してネットへ

 システムハウス・ミルキーピアの大黒柱、片山秀人があまりの忙しさに転職を決意した。納期につぐ納期、さらにその上にヨネコ社長のお願いにまけてのネット潜りと、精も根もつきはてたのだ。そこで転職した先は、海のみえる、みかん農家相手のシステムハウス・シーサイドキララ。社長と二人きりの小さな会社でのんびりすごしていたが……ある日、みかん農家の美少女高校生、すみかちゃんの救いを求める声! 弟のヒロキ坊がネットに入りきりになってしまった、という。秀人は二度とやりたくないはずのネット潜りをやるはめになってしまった…。
 1987年5月号のSFマガジンに初登場して以来、絶大な人気を誇ったドタバタ電脳SF小説「ミルキーピア物語」シリーズが、横山えいじのイラストを完全収録して電子で復刊! 「バーチャルアイドル」や「ネットの世界にダイブする」という概念を日本で初めて扱った元祖的な名作であり、本書はその第2弾。以下のエピソードを収録している。

第4話 つかのまの間奏曲(インターミッション)

●東野 司(とうの・つかさ)
1957年、愛媛県生まれ。横浜国立大学大学院中退。テクニカルライターを経て、1986年『赤い涙』(「SFマガジン」早川書房)でデビュー。主な著書に『ミルキーピア物語』シリーズ、『地球SOS』(早川書房)、『よろず電脳調査局ページ11』(徳間書店)、『電脳祈祷師』(学習研究社)、『展翅蝶』(エニックス)など。また、2013年子ども向け書き下ろしSFシリーズ「21世紀空想科学小説」企画立案。同シリーズ『何かが来た』(岩崎書店)。日本SF作家クラブ会員、日本児童文学者協会会員、日本文藝家協会会員。日本SF作家クラブ第17代会長。

ミルキーピア物語(3) ジュリエット作戦

amazon Kindle

『ミルキーピア物語(3) ジュリエット作戦』

東野 司・著、横山えいじ・イラスト

ゲームの世界で遭遇したニンジャの正体は? 彼の顔を見て鳴琳は驚きの声を上げた

 システムハウス・ミルキーピアのシステム・エンジニア片山秀人は、実はネットの中に意識を滑り込ませる裏ワザの持ち主。その能力を売り物にミルキーピアはネット探偵局に様変わり、ネット潜りが秀人の専門になってしまった。さっそく舞い込んだ初仕事は、ゲームシステム『ザナドウ・パラダイス』の看板擬似人格ソフト、ローラ姫を脳ませるイリーガル・プレイヤーをつきとめてほしいというもの。大はりきりの鳴琳と共にゲーム・ネットに潜入、ローラ姫に接触して問題の核心に迫った時、「ジュリエット!」と姫を呼ぶ声が……。
 1987年5月号のSFマガジンに初登場して以来、絶大な人気を誇ったドタバタ電脳SF小説「ミルキーピア物語」シリーズが、横山えいじのイラストを完全収録して電子で復刊! 「バーチャルアイドル」や「ネットの世界にダイブする」という概念を日本で初めて扱った元祖的な名作であり、本書はその第3弾。以下のエピソードを収録している。

第5話 ジュリエット作戦

●東野 司(とうの・つかさ)
1957年、愛媛県生まれ。横浜国立大学大学院中退。テクニカルライターを経て、1986年『赤い涙』(「SFマガジン」早川書房)でデビュー。主な著書に『ミルキーピア物語』シリーズ、『地球SOS』(早川書房)、『よろず電脳調査局ページ11』(徳間書店)、『電脳祈祷師』(学習研究社)、『展翅蝶』(エニックス)など。また、2013年子ども向け書き下ろしSFシリーズ「21世紀空想科学小説」企画立案。同シリーズ『何かが来た』(岩崎書店)。日本SF作家クラブ会員、日本児童文学者協会会員、日本文藝家協会会員。日本SF作家クラブ第17代会長。

ミルキーピア物語(4) 8ビットの魔術師

amazon Kindle

『ミルキーピア物語(4) 8ビットの魔術師』

東野 司・著、横山えいじ・イラスト

超高性能コンピュータのデータがタイムトラベル!? 秀人と鳴琳は30年前の電脳世界へ

 システムハウス"ミルキーピア"からネット探偵局"ミルキーピア"に変身し、迎えためでたい初春。ヨネコ社長宅でおとそ気分でもりあがっている中、ミルキーピア一同の眼前にヨネコ社長のボーイフレンド・快傑ゾロ氏と依頼人が現われた。依頼の件は過去へのタイム・トラベル!? 新開発ハードウェアの演算処理結果が途中で戻って来ないので調べたところ、時間軸を逆行していったことをつきとめた。そこで、過去へ飛んでいったデータをトレースして持ち帰ると同時に時空間データを収集して欲しい、というのだが……。
 1987年5月号のSFマガジンに初登場して以来、絶大な人気を誇ったドタバタ電脳SF小説「ミルキーピア物語」シリーズが、横山えいじのイラストを完全収録して電子で復刊! 「バーチャルアイドル」や「ネットの世界にダイブする」という概念を日本で初めて扱った元祖的な名作であり、本書はその第4弾。以下のエピソードを収録している。

第6話 8ビットの魔術師

●東野 司(とうの・つかさ)
1957年、愛媛県生まれ。横浜国立大学大学院中退。テクニカルライターを経て、1986年『赤い涙』(「SFマガジン」早川書房)でデビュー。主な著書に『ミルキーピア物語』シリーズ、『地球SOS』(早川書房)、『よろず電脳調査局ページ11』(徳間書店)、『電脳祈祷師』(学習研究社)、『展翅蝶』(エニックス)など。また、2013年子ども向け書き下ろしSFシリーズ「21世紀空想科学小説」企画立案。同シリーズ『何かが来た』(岩崎書店)。日本SF作家クラブ会員、日本児童文学者協会会員、日本文藝家協会会員。日本SF作家クラブ第17代会長。

ミルキーピア物語(5) 京美対京美 南欧の大決闘 〈上〉

amazon Kindle

『ミルキーピア物語(5) 京美対京美 南欧の大決闘 〈上〉』

東野 司・著、横山えいじ・イラスト

電脳世界を荒らし回る不法侵入者は……京美!? その正体はホンモノかニセモノか!

 最近アミューズネットに頻出してはネットを荒らしまわる不法侵入者。その犯人を捕まえようと秘技を駆使してネットに潜り、待ち伏せした秀人と鳴琳の前に現われたのは、四年前に家出して恋人と一緒に外国へ行ったはずの擬似人格ソフト『京美Ver.1』だった。精魂込めて開発した京美がなぜこんなことを? システムハウス・ミルキーピアの名誉にかけて、秀人たちは捜査に乗り出すが……。
 1987年5月号のSFマガジンに初登場して以来、絶大な人気を誇ったドタバタ電脳SF小説「ミルキーピア物語」シリーズが、横山えいじのイラストを完全収録して電子で復刊! 「バーチャルアイドル」や「ネットの世界にダイブする」という概念を日本で初めて扱った元祖的な名作であり、本書はその第5弾。以下のエピソードを収録している。

第7話 京美対京美 南欧の大決闘(前編)

●東野 司(とうの・つかさ)
1957年、愛媛県生まれ。横浜国立大学大学院中退。テクニカルライターを経て、1986年『赤い涙』(「SFマガジン」早川書房)でデビュー。主な著書に『ミルキーピア物語』シリーズ、『地球SOS』(早川書房)、『よろず電脳調査局ページ11』(徳間書店)、『電脳祈祷師』(学習研究社)、『展翅蝶』(エニックス)など。また、2013年子ども向け書き下ろしSFシリーズ「21世紀空想科学小説」企画立案。同シリーズ『何かが来た』(岩崎書店)。日本SF作家クラブ会員、日本児童文学者協会会員、日本文藝家協会会員。日本SF作家クラブ第17代会長。

ミルキーピア物語(6) 京美対京美 南欧の大決闘 〈下〉

amazon Kindle

『ミルキーピア物語(6) 京美対京美 南欧の大決闘 〈下〉』

東野 司・著、横山えいじ・イラスト

鳴琳が敵に捕らえられ、アーノルドはダウン! 絶体絶命のピンチのまま事件は新たな展開へ

 突然帰ってきてアミューズネットを荒らし始めた『京美Ver.1』。アーノルドの必死の捜査で、京美を操っている拠点がスペインはバルセロナであることをつきとめた秀人たちミルキーピアの面々は、ヨーロッパのネットに潜るべく、バルセロナへ向けて初の海外出張を敢行。色彩あふれる南欧の港町で捜査を進めるうち、事件は思わぬ展開に……。周到なワナ、裏で糸を引く悪党は誰なのか?
 1987年5月号のSFマガジンに初登場して以来、絶大な人気を誇ったドタバタ電脳SF小説「ミルキーピア物語」シリーズが、横山えいじのイラストを完全収録して電子で復刊! 「バーチャルアイドル」や「ネットの世界にダイブする」という概念を日本で初めて扱った元祖的な名作であり、本書はその第6弾。以下のエピソードを収録している。

第7話 京美対京美 南欧の大決闘(後編)

●東野 司(とうの・つかさ)
1957年、愛媛県生まれ。横浜国立大学大学院中退。テクニカルライターを経て、1986年『赤い涙』(「SFマガジン」早川書房)でデビュー。主な著書に『ミルキーピア物語』シリーズ、『地球SOS』(早川書房)、『よろず電脳調査局ページ11』(徳間書店)、『電脳祈祷師』(学習研究社)、『展翅蝶』(エニックス)など。また、2013年子ども向け書き下ろしSFシリーズ「21世紀空想科学小説」企画立案。同シリーズ『何かが来た』(岩崎書店)。日本SF作家クラブ会員、日本児童文学者協会会員、日本文藝家協会会員。日本SF作家クラブ第17代会長。

ミルキーピア物語(7) 消えた十二支の謎

amazon Kindle

『ミルキーピア物語(7) 消えた十二支の謎』

東野 司・著、横山えいじ・イラスト

巧妙に仕掛けられたトリックを見破れ! 謎解き要素も加わってますますパワーアップ

 占いネット『電脳十二支占い倶楽部』のツールの十二支が、誰もアクセスしていない密室状態で消失してしまった。ネットパトロールの依頼で、秀人と鳴琳が秘技を駆使してネットに潜入、捜査を進めるうちに思いもよらない事実がイモヅル式に明らかになっていく。春たけなわの季節、宴会大好きのシステムハウス・ネット探偵局"ミルキーピア"の面々がお花見そっちのけで事件解明に大奔走。
 1987年5月号のSFマガジンに初登場して以来、絶大な人気を誇ったドタバタ電脳SF小説「ミルキーピア物語」シリーズが、横山えいじのイラストを完全収録して電子で復刊! 「バーチャルアイドル」や「ネットの世界にダイブする」という概念を日本で初めて扱った元祖的な名作であり、本書はその第7弾。以下のエピソードを収録している。

第8話 消えた十二支の謎

●東野 司(とうの・つかさ)
1957年、愛媛県生まれ。横浜国立大学大学院中退。テクニカルライターを経て、1986年『赤い涙』(「SFマガジン」早川書房)でデビュー。主な著書に『ミルキーピア物語』シリーズ、『地球SOS』(早川書房)、『よろず電脳調査局ページ11』(徳間書店)、『電脳祈祷師』(学習研究社)、『展翅蝶』(エニックス)など。また、2013年子ども向け書き下ろしSFシリーズ「21世紀空想科学小説」企画立案。同シリーズ『何かが来た』(岩崎書店)。日本SF作家クラブ会員、日本児童文学者協会会員、日本文藝家協会会員。日本SF作家クラブ第17代会長。

ミルキーピア物語(8) 成層圏スタジアム

amazon Kindle

『ミルキーピア物語(8) 成層圏スタジアム』

東野 司・著、横山えいじ・イラスト

電脳ベースボール、試合開始! スポ根モードに入ってしまった鳴琳に戸惑う秀人は…

 スポーツネットのベースボールエリア「コスモスリーグ」に、麻薬ウイルス使用による八百長の噂があるという。捜査の依頼をうけたネット探偵局・ミルキーピアの秀人や鳴琳たちは、人気実力ともにナンバーワンの湘南トルネードーズに選手としてもぐりこむ。しかし、リーグ三連覇めざして一生懸命にベースボールにとりくむプレイヤープログラムたちの姿を見た秀人たちには、麻薬ウイルスの噂などとても信じられないのだが……。
 1987年5月号のSFマガジンに初登場して以来、絶大な人気を誇ったドタバタ電脳SF小説「ミルキーピア物語」シリーズが、横山えいじのイラストを完全収録して電子で復刊! 「バーチャルアイドル」や「ネットの世界にダイブする」という概念を日本で初めて扱った元祖的な名作であり、本書はその第8弾。以下のエピソードを収録している。

第9話 成層圏スタジアム

●東野 司(とうの・つかさ)
1957年、愛媛県生まれ。横浜国立大学大学院中退。テクニカルライターを経て、1986年『赤い涙』(「SFマガジン」早川書房)でデビュー。主な著書に『ミルキーピア物語』シリーズ、『地球SOS』(早川書房)、『よろず電脳調査局ページ11』(徳間書店)、『電脳祈祷師』(学習研究社)、『展翅蝶』(エニックス)など。また、2013年子ども向け書き下ろしSFシリーズ「21世紀空想科学小説」企画立案。同シリーズ『何かが来た』(岩崎書店)。日本SF作家クラブ会員、日本児童文学者協会会員、日本文藝家協会会員。日本SF作家クラブ第17代会長。

ミルキーピア物語(9) 京美・誕生 小さなイヤリング

amazon Kindle

『ミルキーピア物語(9) 京美・誕生 小さなイヤリング』

東野 司・著、横山えいじ・イラスト

ミルキーピアが誇るナンバー1アイドルソフト『京美』の誕生にまつわる外伝ストーリー

 片山秀人は頭を抱えていた。ネットワーク上で稼働するパーソナルアイドル『京美』の開発が、土壇場でトラブルに見舞われていたのだ。いちばんの問題はトラブルの原因が皆目わからないこと。直前になって、デビューしたくない、と京美自身が言いはじめたのだ。秀人は脳波電流イメージ検出キャップをかぶって、ダイレクトに意識をネットワーク内に送りこむという不思議な能力を持っていた。しかしこれは何年も使ったことがなく、社内でも秘密にしていたのだが、決意した秀人はその能力を使うことにした。
 ドタバタ電脳SF小説「ミルキーピア物語」シリーズ第1弾である『京美ちゃんの家出』では、すでに京美ちゃんはネットの人気者となっていた。本書はその第9弾であり、京美ちゃんのデビュー秘話ともいえる短篇作品。SFマガジン1991年8月号に掲載されたまま単行本未収録だった幻の作品が、電子オリジナルとして登場! また、特別付録として、新たに執筆された「ミルキーピア物語顛末記――電子書籍版によせて」を収録。ミルキーピア物語がシリーズ化するまで、キャラクター誕生秘話、さらには変則的な出版形態について等々、顛末記を著者が語る。

第0話 京美・誕生 小さなイヤリング
ミルキーピア物語顛末記――電子書籍版によせて

●東野 司(とうの・つかさ)
1957年、愛媛県生まれ。横浜国立大学大学院中退。テクニカルライターを経て、1986年『赤い涙』(「SFマガジン」早川書房)でデビュー。主な著書に『ミルキーピア物語』シリーズ、『地球SOS』(早川書房)、『よろず電脳調査局ページ11』(徳間書店)、『電脳祈祷師』(学習研究社)、『展翅蝶』(エニックス)など。また、2013年子ども向け書き下ろしSFシリーズ「21世紀空想科学小説」企画立案。同シリーズ『何かが来た』(岩崎書店)。日本SF作家クラブ会員、日本児童文学者協会会員、日本文藝家協会会員。日本SF作家クラブ第17代会長。

ミルキーピア物語(10) 霧のエトランゼ

amazon Kindle

『ミルキーピア物語(10) 霧のエトランゼ』

東野 司・著、横山えいじ・イラスト

意識不明に陥った麻矢さんを救うべく、彼女の意識に潜った秀人は、悲しい過去を体験する

 そこは信じたくないが事実、麻矢さんの病室だった。突発性脳幹機能不全症候群の患者に自らの脳幹反応パターンを転送する手術に臨んだ麻矢さんだが、手術が無事終了し、患者は機能回復したというのに、なぜか意識がもどらなくなったのだった。患者の名は、杉元裕太。麻矢さんのひとり息子だった。半狂乱になったヨネコ社長を押し留めたのは、メガファイトのゾロ社長。ゾロ氏は脳神経モデル人格ソフトを使って、麻矢さんの意識の中をシミュレートしてみせた。彼女の意識は、マシンノイズの混入にとってひどく乱れた構造になっている。秀人は麻矢さんの意識に潜ることにした。意識を集中して行き着いたその世界では、秀人は麻矢さんの恋人になっていた……。
 ドタバタ電脳SF小説「ミルキーピア物語」シリーズのうち、SFマガジン1994年2月号から5月号にわたって連載され、そのまま単行本にまとめられなかった幻の作品が、電子オリジナルとして登場! 本書はその第10弾。以下のエピソードを収録している。

第10話 霧のエトランゼ

●東野 司(とうの・つかさ)
1957年、愛媛県生まれ。横浜国立大学大学院中退。テクニカルライターを経て、1986年『赤い涙』(「SFマガジン」早川書房)でデビュー。主な著書に『ミルキーピア物語』シリーズ、『地球SOS』(早川書房)、『よろず電脳調査局ページ11』(徳間書店)、『電脳祈祷師』(学習研究社)、『展翅蝶』(エニックス)など。また、2013年子ども向け書き下ろしSFシリーズ「21世紀空想科学小説」企画立案。同シリーズ『何かが来た』(岩崎書店)。日本SF作家クラブ会員、日本児童文学者協会会員、日本文藝家協会会員。日本SF作家クラブ第17代会長。

ミルキーピア物語(11) 史上最大のメリークリスマス

amazon Kindle

『ミルキーピア物語(11) 史上最大のメリークリスマス』

東野 司・著、横山えいじ・イラスト

謎のウイルスに襲われた電脳世界、そしてミルキーピア存続の危機! オールスターキャスト総出演の最終話

 アミューズネットを吹き荒れる謎のウイルス赤死病の猛威。その原因は特定できず、ネットパトのチェックも効かない。またまたミルキーピア探偵局は、赤死病対策に乗り出すも、苦戦の連続。加えてこれまで蓄積したネット潜りの疲労に体調を崩して苦しむ片山秀人。復讐と因縁。さまざまに絡み合うものがほどけたときに現われたものは……。
 ドタバタ電脳SF小説「ミルキーピア物語」シリーズのうち、SFマガジン1995年1月臨時増刊号に掲載され、そのまま単行本にまとめられなかった幻の作品が、電子オリジナルとして登場! 本書はその第11弾にして完結編。1000枚を超える以下のエピソード(前・後編)のほか、作者口上、幕間まんがも併せて収録している。

第11話 史上最大のメリークリスマス(前・後編)

●東野 司(とうの・つかさ)
1957年、愛媛県生まれ。横浜国立大学大学院中退。テクニカルライターを経て、1986年『赤い涙』(「SFマガジン」早川書房)でデビュー。主な著書に『ミルキーピア物語』シリーズ、『地球SOS』(早川書房)、『よろず電脳調査局ページ11』(徳間書店)、『電脳祈祷師』(学習研究社)、『展翅蝶』(エニックス)など。また、2013年子ども向け書き下ろしSFシリーズ「21世紀空想科学小説」企画立案。同シリーズ『何かが来た』(岩崎書店)。日本SF作家クラブ会員、日本児童文学者協会会員、日本文藝家協会会員。日本SF作家クラブ第17代会長。

龍神の惑星

amazon Kindle

『龍神の惑星』

藤原征矢・著

禁を破って「龍神の泉」に落ちた一頭の犬と少年の運命は大きく変わっていく

 私の名はクオン。外宇宙航行船から仲間(バディ)の大鳥晶とともに脱出してきた、ハンサムな中型犬だ。我々は何とか生存可能な惑星にたどり着くことができたのだが、宇宙に漂っていた時間が少々長すぎたのか、晶の体力は歩くのも覚束ないほどに衰えてしまっていた。私はリーダーとしての自覚を強く持ち、晶の安全を確保しながら他の人間を探すことにした。その時、私の優れた感覚が捉えたのは人間の血の臭いと、男たちの怒声。どうやら我々は、いきなりピンチに陥ってしまったらしい…。

●藤原征矢(ふじわら・せいや)
1960年東京都生まれ。東京大学法学部卒。著書に『かたゆでマック』シリーズ、『クールフェイス』シリーズ(以上、朝日ソノラマ)、『電子恐慌』(ケイエスエス出版)、『ドル・ハンターズ』(祥伝社)、『鳴弦の巫女』(HJ文庫)など。小説の他、ゲーム・アニメ等の脚本も手がけ、また経済ライターとして別名で取材・執筆活動を行っている。

透明戦隊

amazon Kindle

『透明戦隊』

田中文雄・著

核戦争勃発後の世界で、透明人間、獣人、改造犬ケルベの戦いが列島を覆う!

 核戦争に生き残った男を中心としたLRT(生存者救出軍)の分遣隊は、列島中部山岳地帯の生存者を求めて、飛騨地方に入った。そこで出会った奇怪な鬼面をつけた玉木村の住人たち、彼らは透明人間と化していた…。透明人間を軍隊化して利用しようとするLRT上層部。その頃、敵がはなった戦闘用改造犬ケルベ、さらに獣人部隊が日本に出現! 透明人間、獣人、改造犬ケルベ、そしてLRT、四つ巴となった凄絶な戦闘が展開する。スーパー・バイオレンスの決定版!

●田中文雄(たなか・ふみお)
1941年東京生まれ。早稲田大学卒業後、東宝入社。70年代を中心にプロデューサーとして映画製作に携わる。1974年に『夏の旅人』で早川書房SF三大コンテスト佳作入選。1975年に『さすらい』で幻影城新人賞佳作入選。1986年東宝を退社して作家専業となり、ミステリー、ホラー、SFバイオレンスなどに健筆をふるう。草薙圭一郎名義では時代小説、架空戦記も発表している。

聖(セント)ベリアーズ騎士団!

amazon Kindle

『聖(セント)ベリアーズ騎士団!』

霜島ケイ・著

配属先は"おちこぼれ騎士団"!? 少女騎士シャルの苦難は続く

 平和な女王国セルフィア。十六回も停学処分を受けながら、なんとか王立騎士養成学校を卒業した少女シャル。王宮護衛団への入団を志願していたのに、決定した配属先は、なんと第十一騎士団。別名"セルフィア騎士団のおちこぼれ"だった。翌日、シャルは気を取り直し配属先へと向かう。しかしそこで紹介されたのは、動物にしか興味を示さないオーラン、根っからの卑怯者デイエ、ただひたすら無口なサイア……と超のつく変人ばかり。自分の運命を呪うばかりのシャルだったが……。

●霜島ケイ(しもじま・けい)
大阪府生まれ。1990年、『出てこい、ユーレー三兄弟』(朝日ソノラマ)でデビュー。主にファンタジーとホラーのジャンルで活動中。「封殺鬼」シリーズ(小学館)、「カラクリ荘の異人たち」(ソフトバンククリエイティブ)、「のっぺら」(廣済堂)等、著作多数。

赤い瞳のシェスタ(1)

amazon Kindle

『赤い瞳のシェスタ(1)』

霜島ケイ・著、坂井久仁江・イラスト

少年・リヤドは深紅の瞳の少女に出会う……彼女はその瞳ゆえに幽閉されていた皇女だった!

 月の光の下、森の奥深くにある泉のほとりで、風を操る少年リヤドが出会ったのは赤い瞳を持つ少女シェスタ。彼女は、乱を呼び世を乱す魔性の星"蛍星"の運命をもつゆえに、皇宮の一室に幽閉されていたリィアン皇室の皇女だった。四百年の繁栄を誇った皇室が皇都カル・アラーンもろとも一夜にして滅ぼされるという事件ののち、商業都市ヴァリで傭兵部隊の一員として再会するふたり。皇室滅亡の陰で、かつて敗れ去ったはずの魔族が再び甦り暗躍するなか、シェスタの運命が動きはじめる…。
 冒険ヒロイック・ファンタジー小説の傑作、「赤い瞳のシェスタ」シリーズ第1弾。

●霜島ケイ(しもじま・けい)
大阪府生まれ。1990年、『出てこい、ユーレー三兄弟』(朝日ソノラマ)でデビュー。主にファンタジーとホラーのジャンルで活動中。「封殺鬼」シリーズ(小学館)、「カラクリ荘の異人たち」(ソフトバンククリエイティブ)、「のっぺら」(廣済堂)等、著作多数。

赤い瞳のシェスタ(2) 銀砂の覇者

amazon Kindle

『赤い瞳のシェスタ(2) 銀砂の覇者』

霜島ケイ・著、坂井久仁江・イラスト

野望の黒魔道術士・オーガスタが復活!? 彼と戦うことを決意したシェスタと仲間たちは…

 リィアン皇室を滅ぼしたザーン皇室の背後には、四百年の時を越えて甦った伝説の黒魔道術士オーガスタ・ディーと、彼が操る魔族の存在があった。乱を呼ぶ"蛍星"の運命を知りながら、シェスタは彼らの野望との対決を決意する。そんなとき、奴隷商人に追われる少女アージュラを助け、彼女の話から、砂の荒野「大砂地」の奥に失われた「土の神霊」に仕えた聖者の子孫が暮らしていることを知る。早速、リヤド達とともに「大砂地」へと向かうシェスタだったが、彼女を狙うオーガスタの魔手が…。
 冒険ヒロイック・ファンタジー小説の傑作、「赤い瞳のシェスタ」シリーズ第2弾。

●霜島ケイ(しもじま・けい)
大阪府生まれ。1990年、『出てこい、ユーレー三兄弟』(朝日ソノラマ)でデビュー。主にファンタジーとホラーのジャンルで活動中。「封殺鬼」シリーズ(小学館)、「カラクリ荘の異人たち」(ソフトバンククリエイティブ)、「のっぺら」(廣済堂)等、著作多数。

赤い瞳のシェスタ(3) 黒炎の貴公子

amazon Kindle

『赤い瞳のシェスタ(3) 黒炎の貴公子』

霜島ケイ・著、坂井久仁江・イラスト

ゼビア国王が謎の死を遂げ、カミル皇子の野望が露わに……そして魔性の星を持つ皇女の運命は!?

 四百年の時を越えて甦った伝説の黒魔道術士オーガスタ・ディーがついに動きだした。ザーン皇室の皇帝が急死し、オーガスタ・ディーの魂を宿すカミル皇子が次の皇帝に即位する、というのである。時を同じくして、シェスタの盟友アムスィル率いる小国エリアルが、突如近隣諸国に攻め入り、領土の拡大を始めた。シェスタ自身、商業都市ヴァリの三分の一が失われるほどの、炎魔バルログの激しい襲撃を受ける。その赤い瞳に予言された乱を呼ぶ"蛍星"の運命が今、成就しようとしていた。
 冒険ヒロイック・ファンタジー小説の傑作、「赤い瞳のシェスタ」シリーズ第3弾にして完結篇。

●霜島ケイ(しもじま・けい)
大阪府生まれ。1990年、『出てこい、ユーレー三兄弟』(朝日ソノラマ)でデビュー。主にファンタジーとホラーのジャンルで活動中。「封殺鬼」シリーズ(小学館)、「カラクリ荘の異人たち」(ソフトバンククリエイティブ)、「のっぺら」(廣済堂)等、著作多数。

カーマイン・レッド セトの神民(前編)

amazon Kindle

『カーマイン・レッド セトの神民(前編)』

霜島ケイ・著、古張乃莉・イラスト

テロリストとして育てられた少年エイジュと情報屋のジャスパーは銀河系を救えるか!?

 辺境の惑星タピス。情報屋のジャスパーは、正体不明の暗殺者の何度目かの襲撃から逃げ回っていた。その時、目前に降り落ちてきた運命の赤……赤い髪と赤褐色の瞳を持つ、テロリストの少年エイジュとの、それが出会いだった。それぞれの思惑のもと、謎の都アム・ドゥアト"冥界"へと向かう二人。砂漠を旅する彼らになおも襲いかかる暗殺者たちの目的は、報酬目当ての死のゲームなのか、それとも……!?

●霜島ケイ(しもじま・けい)
大阪府生まれ。1990年、『出てこい、ユーレー三兄弟』(朝日ソノラマ)でデビュー。主にファンタジーとホラーのジャンルで活動中。「封殺鬼」シリーズ(小学館)、「カラクリ荘の異人たち」(ソフトバンククリエイティブ)、「のっぺら」(廣済堂)等、著作多数。

カーマイン・レッド セトの神民(後編)

amazon Kindle

『カーマイン・レッド セトの神民(後編)』

霜島ケイ・著、古張乃莉・イラスト

最終目的地に辿りついたジャスパーたちを待っていたのは、銀河系征服の野望に燃える美少女だった!

 暗殺者の襲撃をくぐり抜け、ようやくアム・ドゥアト"冥界"に辿りついたジャスパーとエイジュ、そしてチェン。そこで彼らは"神に選ばれたる証"の石が、実はこの世界を統べる後継者を決めるための物だったと聞かされる。最後に残った後継者候補は二人……美しいが冷酷な少女アシュリアと、その兄。しかしアシュリアはその幼い体に恐るべき意図を秘めていた! 地球勢力圏に激震を起こす未曾有の危機の正体が、今明らかになる……。

●霜島ケイ(しもじま・けい)
大阪府生まれ。1990年、『出てこい、ユーレー三兄弟』(朝日ソノラマ)でデビュー。主にファンタジーとホラーのジャンルで活動中。「封殺鬼」シリーズ(小学館)、「カラクリ荘の異人たち」(ソフトバンククリエイティブ)、「のっぺら」(廣済堂)等、著作多数。

夏の旅人

amazon Kindle

『夏の旅人』

田中文雄・著

懐かしい思い出に光をあててくれた旅人の描く絵は、やがて忌まわしい記憶へと変貌する…

 穏やかな夏の日の夕暮れ、夏子の前に不思議な旅人が現れた。彼は絵筆を操り、彼女の過去を描き出す。歳月とともに変容し、かすれてしまった幼児期の思い出との再会に、感動する夏子。だが、白いカンバスは、深く閉ざされた戦慄の記憶さえも…。(「夏の旅人」より)
 第4回ハヤカワSFコンテストで世に出た表題作をはじめ、詩情あふれる繊細なタッチで描かれたモダンホラー、そして珠玉のSF作品を収録した短篇集。

*約束
*海賊船長
*黄昏屋敷
*処刑
*さすらい
*故郷に死す
*夏の旅人

●田中文雄(たなか・ふみお)
1941年東京生まれ。早稲田大学卒業後、東宝入社。70年代を中心にプロデューサーとして映画製作に携わる。1974年に『夏の旅人』で早川書房SF三大コンテスト佳作入選。1975年に『さすらい』で幻影城新人賞佳作入選。1986年東宝を退社して作家専業となり、ミステリー、ホラー、SFバイオレンスなどに健筆をふるう。草薙圭一郎名義では時代小説、架空戦記も発表している。

魔海戦記 ダゴンの復讐

amazon Kindle

『魔海戦記 ダゴンの復讐』

田中文雄・著

大魔王に我が子を奪われたサムソンの怒り! 王道のヒロイック・ファンタジー小説

 十二人の子供を惨殺し、サムソンの子ノバをさらっていった大魔王エグザイル。海の神ダゴンを封じ込め、冥府を支配するエグザイルの狙いは何か。ノバの奪還と、子供たちの復讐のため、サムソンは魔界城へ向け旅立った。だが、その行く手には、さまざまな魔性の剣士や、禍々しき罠が待ち受けていた。サムソンの刃は、邪悪を葬り、この世に正義を取り戻せるか。
 幻想と怪奇の世界に繰り広げられる冒険スペクタクル長篇。

●田中文雄(たなか・ふみお)
1941年東京生まれ。早稲田大学卒業後、東宝入社。70年代を中心にプロデューサーとして映画製作に携わる。1974年に『夏の旅人』で早川書房SF三大コンテスト佳作入選。1975年に『さすらい』で幻影城新人賞佳作入選。1986年東宝を退社して作家専業となり、ミステリー、ホラー、SFバイオレンスなどに健筆をふるう。草薙圭一郎名義では時代小説、架空戦記も発表している。

死人起こし(1) 迷宮の獣王

amazon Kindle

『死人起こし(1) 迷宮の獣王』

田中文雄・著

エジプト王家の秘密、クレタの魔神の復活……そして世界滅亡の時が来た

 旧約聖書の成立よりさかのぼること一世紀。時は紀元前一三五〇年。当時、栄華をきわめたエジプト王国の地には、王家の墓を狙う「墓荒らし」という盗賊達がいた。「死人起こし」の異名を持つパキも、そんな盗賊のうちの一人であった。ある日彼は、ふとしたことから現王イクナテンの共同統治者であるスメンクカラー王の死と秘密を知る。王の頭には二本の角があり、しかもその生地はエジプトではなく、牛を神と崇めるクレタ島であったのだ。半人半獣であったエジプトの王とクレタとのつながりを解明すべく、パキの冒険が始まった。
 古代エジプトを舞台にした長篇英雄活劇、第1弾。

●田中文雄(たなか・ふみお)
1941年東京生まれ。早稲田大学卒業後、東宝入社。70年代を中心にプロデューサーとして映画製作に携わる。1974年に『夏の旅人』で早川書房SF三大コンテスト佳作入選。1975年に『さすらい』で幻影城新人賞佳作入選。1986年東宝を退社して作家専業となり、ミステリー、ホラー、SFバイオレンスなどに健筆をふるう。草薙圭一郎名義では時代小説、架空戦記も発表している。

死人起こし(2) 魔境のツタンカーメン

amazon Kindle

『死人起こし(2) 魔境のツタンカーメン』

田中文雄・著

邪教の花が枯れる時、それがエジプト滅亡の時

 死ぬことはなかったのだ…。紀元前一四九六年、エジプト女王・ハトシェプストは自ら建設した巨大な葬祭殿の前にたたずみ、自害した忠臣・センムトに思いを馳せていた。葬祭殿建設の最大功労者であり、愛人でもあったセンムトを、女王は忘れることができなかった。葬祭殿の一角に自らの像を刻んだことが発覚し、毒を仰いで死んだセンムトを…。それから一五〇年後、「死人起こし」と呼ばれ、かつて凄腕の墓荒らしだったパキの許に、昔の仲間が転がり込んだ。葬祭殿で死んでいるはずの女王を見たというのだ。パキの冒険が再び始まる…。
 古代エジプトを舞台にした長篇英雄活劇、第2弾。

●田中文雄(たなか・ふみお)
1941年東京生まれ。早稲田大学卒業後、東宝入社。70年代を中心にプロデューサーとして映画製作に携わる。1974年に『夏の旅人』で早川書房SF三大コンテスト佳作入選。1975年に『さすらい』で幻影城新人賞佳作入選。1986年東宝を退社して作家専業となり、ミステリー、ホラー、SFバイオレンスなどに健筆をふるう。草薙圭一郎名義では時代小説、架空戦記も発表している。

魔聖女マリアン 金狼オーロラに翔ぶ

amazon Kindle

『魔聖女マリアン 金狼オーロラに翔ぶ』

田中文雄・著

ロシアの大地で繰り広げられる魔界との攻防! 姫の身代わりとなった見習い魔女マリアンの運命は!?

 バーバ・ヤガーのもとで魔女の修業をする聖魔女マリアン。彼女は、オーロラ王国の宰相レオンの頼みにより、ナスターシャ姫の身代わりとしてロブ国へ輿入れをする。しかし、殺すべき相手、国王スミルノフを愛してしまう…。ロブ国の周りには、魔界の香りが漂よう。マリアンに迫る危機、そこに現われる金狼の正体とは…!
 ロシア民話をベースとしたスーパー伝奇アクション長篇作品。

●田中文雄(たなか・ふみお)
1941年東京生まれ。早稲田大学卒業後、東宝入社。70年代を中心にプロデューサーとして映画製作に携わる。1974年に『夏の旅人』で早川書房SF三大コンテスト佳作入選。1975年に『さすらい』で幻影城新人賞佳作入選。1986年東宝を退社して作家専業となり、ミステリー、ホラー、SFバイオレンスなどに健筆をふるう。草薙圭一郎名義では時代小説、架空戦記も発表している。

琥珀のティトラ(1) 聖女さま、参る!

amazon Kindle

『琥珀のティトラ(1) 聖女さま、参る!』

霜島ケイ・著、中村龍徳・イラスト

美しき三聖女たちが「愛」と「平和」の珍道中! こんな聖女ってアリなの!?

 聖女フランセスカの奇跡以来三二八年。大陸がふたたび戦乱に包まれようとしていた時、精霊議会は、世界に平和をもたらすため、三人の聖女を指名した……って、それはかまわねぇが、どうーして、オレがそいつらの従者なんだ!! しかもこの聖女たちときたら……。
 不運な盗賊アンバー・ティトラと、何かが間違っている聖女たちの苦難(?)の旅を描く、爆笑度50%増量、感涙度50%増量のコミカル・ファンタジー、第1弾。

●霜島ケイ(しもじま・けい)
大阪府生まれ。1990年、『出てこい、ユーレー三兄弟』(朝日ソノラマ)でデビュー。主にファンタジーとホラーのジャンルで活動中。「封殺鬼」シリーズ(小学館)、「カラクリ荘の異人たち」(ソフトバンククリエイティブ)、「のっぺら」(廣済堂)等、著作多数。

琥珀のティトラ(2) 聖女さま、走る!

amazon Kindle

『琥珀のティトラ(2) 聖女さま、走る!』

霜島ケイ・著、中村龍徳・イラスト

爆笑・絶笑のコミカルファンタジー! 美しき(だがとんでもなく個性的な)三聖女との旅の行方は?

 オレの名はティトラ。ちなみに性別は女だ、念のため。本業は盗賊……のはずが、なぜかなぜか、黙って立ってりゃ超美人・その実とんでもなく素っ頓狂な三聖女の、世直し旅に同行するハメになって、冗談じゃねえやいっ。そんなオレたちが次に向かうのはイフランド。そこでは数年前から国王が行方不明らしく、しかも戦争勃発の予感が。ここは平和の使者=聖女さまご一行の出番……だよな!?
 爆笑&感涙度120%増量のコミカル・ファンタジー、第2弾。

●霜島ケイ(しもじま・けい)
大阪府生まれ。1990年、『出てこい、ユーレー三兄弟』(朝日ソノラマ)でデビュー。主にファンタジーとホラーのジャンルで活動中。「封殺鬼」シリーズ(小学館)、「カラクリ荘の異人たち」(ソフトバンククリエイティブ)、「のっぺら」(廣済堂)等、著作多数。

時界を超えて 東京ベルリンの壁

amazon Kindle

『時界を超えて 東京ベルリンの壁』

藤本 泉・著

米ソによって東西に分断された日本、偽造パスポートで"向こう側"へ渡った男は…

 ソ連支配下の〈日本人民共和国〉からアメリカ支配下の〈日本民主共和国〉へ亡命した画家の矢川岳。別れた妻から一ヵ月前のパリの消印のある手紙を受け取った彼は、危険を顧みず国境を越えた。だが妻は、一年前の火災で死んだという。不審な思いで焼け跡を訪ねた矢川がそこで見たものは…。(「時界を超えて」より)
 米ソに分断統治された日本が舞台。かつて亡命した男が妻に会うため"西側から東側へ"越境する中篇「時界を超えて」、少年が自らの勇気を試すため"東側から西側へ"越境する短篇「ひきさかれた街」、さらには聖徳太子を主人公とした短篇、計3本のSF作品を収録。

*時界を超えて
*ひきさかれた街
*クロノプラスティック六〇二年

●藤本泉(ふじもと・せん)
1923年、東京生まれ。日本大学国文科卒業。1966年に「媼繁盛記」で第6回小説現代新人賞を受賞し文壇にデビュー。部落問題を扱った第17回江戸川乱歩賞最終候補「藤太夫谷の毒」(のちに『地図にない谷』と改題して刊行)、第75回直木賞候補『呪いの聖域』、第30回日本推理作家協会賞長編賞候補『ガラスの迷路』など話題作を立て続けに発表したのち、1977年に『時をきざむ潮』で第23回江戸川乱歩賞を受賞。その他、伝奇ミステリ「えぞ共和国」シリーズなど著書多数。1989年2月、旅行先のフランスから子息に手紙を出したのを最後に消息を絶ち、行方不明のまま現在に至っている。

死霊の町

amazon Kindle

『死霊の町』

藤本 泉・著

極端に出生率が低下した近未来社会……この世界でしかあり得ない"殺人動機"とは?

 中性子爆弾による〈大被爆〉から三十年。人口は激減し、文明社会は崩壊。放射能の影響で人類の生殖能力が低下したこの世界では、子供は貴重な存在となっており、グループ婚が一般的になっていた。妻と腹の子を殺され、自ら事件の捜査にあたる刑事・江藤の前に、かつて乳呑み児だった自分と母親を捨てた父が突然現れた。当惑は次第に父への疑惑に変わる。二十数年前、父と母との間に何があったのか? 手がかりを求め、江藤は廃墟と化した東京の高層ビル街をさまよう…。異色のSFサスペンス長篇。

●藤本泉(ふじもと・せん)
1923年、東京生まれ。日本大学国文科卒業。1966年に「媼繁盛記」で第6回小説現代新人賞を受賞し文壇にデビュー。部落問題を扱った第17回江戸川乱歩賞最終候補「藤太夫谷の毒」(のちに『地図にない谷』と改題して刊行)、第75回直木賞候補『呪いの聖域』、第30回日本推理作家協会賞長編賞候補『ガラスの迷路』など話題作を立て続けに発表したのち、1977年に『時をきざむ潮』で第23回江戸川乱歩賞を受賞。その他、伝奇ミステリ「えぞ共和国」シリーズなど著書多数。1989年2月、旅行先のフランスから子息に手紙を出したのを最後に消息を絶ち、行方不明のまま現在に至っている。

1008年源氏物語の謎

amazon Kindle

『1008年源氏物語の謎』

藤本 泉・著

源氏物語成立の謎に迫る表題作ほか二編を収めたSF短編集

 社会主義国「ソビエト日本」が世界に誇る古典女流作家・紫式部……その否定は国家に対する裏切りと反逆を意味した。二〇七三の京都。粛清された国文学者を父にもつウチダは、密かに「源氏物語」の研究を進め、紫式部は作者でないとの確信をもった。そんな折、「源氏」誕生の一〇〇八年に時間旅行をする機会を得たウチダは、藤原道長の土御門邸に忍び込んだ。(「一〇〇八年源氏物語の謎」より)
 源氏物語成立の真相を探りに時間旅行する「一〇〇八年源氏物語の謎」、超インフレの未来社会を描いた「紙幣は吹雪のごとく」、ある日突然もう1本の左腕が生えてしまった大学教授の苦悩を描いた中編「後天性多肢症」の3本を収録。

*一〇〇八年源氏物語の謎
*紙幣は吹雪のごとく
*後天性多肢症

●藤本泉(ふじもと・せん)
1923年、東京生まれ。日本大学国文科卒業。1966年に「媼繁盛記」で第6回小説現代新人賞を受賞し文壇にデビュー。部落問題を扱った第17回江戸川乱歩賞最終候補「藤太夫谷の毒」(のちに『地図にない谷』と改題して刊行)、第75回直木賞候補『呪いの聖域』、第30回日本推理作家協会賞長編賞候補『ガラスの迷路』など話題作を立て続けに発表したのち、1977年に『時をきざむ潮』で第23回江戸川乱歩賞を受賞。その他、伝奇ミステリ「えぞ共和国」シリーズなど著書多数。1989年2月、旅行先のフランスから子息に手紙を出したのを最後に消息を絶ち、行方不明のまま現在に至っている。

どーなつ

amazon Kindle

『どーなつ』

北野勇作・著、西島大介・イラスト

どこまでが自分でどこまでが他者なのかわからない……この記憶はほんとうに自分のもの?

 父の迎えを待ちながらピンボール・マシンで遊んだデパート屋上の夕暮れ、火星に雨を降らせようとした田宮さんに恋していたころ、そして、どことも知れぬ異星で電気熊に乗りこんで戦った日々……そんな“おれ”の想い出には何かが足りなくて、何かが多すぎる。いったい“おれ”はどこから来て、そもそも今どこにいるのだろう? どこかなつかしくて、せつなく、そしてむなしい曖昧な記憶の物語。連作短編SF小説。

●北野勇作(きたの・ゆうさく)
1962年生まれ。大阪府在住。SF作家。1992年『昔、火星のあった場所』で第4回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー。2001年『かめくん』で、日本SF大賞受賞。著書に『クラゲの海に浮かぶ舟』『どーなつ』『きつねのつき』『どろんころんど』『カメリ』等。

ザリガニマン

amazon Kindle

『ザリガニマン』

北野勇作・著、菅原芳人・イラスト

この世界のシナリオを書き換えてやろう……そのために、戦い続けるのだ!

『有限会社ムゲンテック』の社員トーノヒトシは、「人類の敵」を開発する最中に、謎の爆発事故に巻き込まれた。破壊された機材、飛び散った現実。生体素材と人間とのインターフェイスは思いがけない事態に発展。彼は「正義の味方」ザリガニマンとなってしまったのだ。ゆけ、トーノヒトシ! 戦え、ザリガニマン!

●北野勇作(きたの・ゆうさく)
1962年生まれ。大阪府在住。SF作家。1992年『昔、火星のあった場所』で第4回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー。2001年『かめくん』で、日本SF大賞受賞。著書に『クラゲの海に浮かぶ舟』『どーなつ』『きつねのつき』『どろんころんど』『カメリ』等。

イカ星人

amazon Kindle

『イカ星人』

北野勇作・著、前田真宏・イラスト

コンビニの裏の秘密工場で生み出されるイカ星人の陰謀とは?

 売れないSF作家「K」が、近所のコンビニで手にした謎の求人チラシ。「簡単な流れ作業で高収入、単純で今日から出来ます稼げます」今にして思えば、それこそがKにとってのイカ星人と戦いの始まりだったのだ! イカ星人の秘密工場でつくられるさまざまなイカ製品がもたらす、さまざまな悲劇・喜劇・不条理劇。噛めば噛むほど味わいがでるスルメみたいな北野ワンダー・ワールド。

●北野勇作(きたの・ゆうさく)
1962年生まれ。大阪府在住。SF作家。1992年『昔、火星のあった場所』で第4回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー。2001年『かめくん』で、日本SF大賞受賞。著書に『クラゲの海に浮かぶ舟』『どーなつ』『きつねのつき』『どろんころんど』『カメリ』等。

空獏

amazon Kindle

『空獏』

北野勇作・著、佐久間真人・イラスト

「獏」と呼ばれる制御システムがもたらす眠りのなか、延々と戦争の夢を見続けている

 昔々のこと。世界が古くなったので、えらい人たちは獏を創って、新しい世界を夢見てもらうことにしました。みんなは安心して獏のなかで眠りにつきました。でも、やがて獏は不安に囚われてしまったのです。自分のなかの人たちは実は死んでいるのではないか、と。まあ、そんなこんなで私は、戦いつづけているわけだ。商店街で敵を待ち伏せしたり、ヒト型戦闘機械に乗り込んだり、西瓜太郎の指揮で悪の王国に奇襲をかけたり。でも肝心の私とは誰か、まったく思い出せないのだけれどね、あの夕陽のきれいな街の風景以外は……。
 9つの短篇と10の掌篇が織りなす、不条理で情けなく、けれどヒトに優しい戦争の話。

●北野勇作(きたの・ゆうさく)
1962年生まれ。大阪府在住。SF作家。1992年『昔、火星のあった場所』で第4回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー。2001年『かめくん』で、日本SF大賞受賞。著書に『クラゲの海に浮かぶ舟』『どーなつ』『きつねのつき』『どろんころんど』『カメリ』等。

クラゲの海に浮かぶ舟

amazon Kindle

『クラゲの海に浮かぶ舟』

北野勇作・著

蛋白質工学を専門とするぼくは、人工の生き物をつくる研究をしていた

 科学者になりたかった。科学者になって怪獣を創りたかったのだ。どんなものでも創れるシステム。なんでも売っているデパート。人に夢を見せてくれる機械。大人になったぼくは「会社」の技術開発部に所属して、新しい生き物を作る研究をしていた。だが、意に反した方向で進められることになった研究の続行を拒否し、会社を去ることになってしまった。そのせいであれに関する記憶のすべては、会社によって破壊されることに……。

●北野勇作(きたの・ゆうさく)
1962年生まれ。大阪府在住。SF作家。1992年『昔、火星のあった場所』で第4回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー。2001年『かめくん』で、日本SF大賞受賞。著書に『クラゲの海に浮かぶ舟』『どーなつ』『きつねのつき』『どろんころんど』『カメリ』等。

那智と銀狼(1) 明日に向かって祓え!

amazon Kindle

『那智と銀狼(1) 明日に向かって祓え!』

霜島ケイ・著、四位広猫・イラスト

那智&銀狼のコンビが怪事件に挑む! 笑って泣けるオカルティック・ファンタジー

 美貌で若くて超優秀! 三拍子そろった(でも貧乏)霊能師・水月那智は、お気楽な狼の妖怪・銀狼(容姿も中身も十三歳)と二人暮らし。「このバケモノの出来損ないオオカミ!」「出来損ないってのはひどいじゃーん?」日夜情けない漫才を繰り広げる彼らのもとには、自称霊媒刑事・尾方からとんでもない依頼が舞い込んできて……。那智&銀狼の絶妙(?)コンビが、三つの謎の事件に挑む!
 笑いと涙の痛快オカルティック・ファンタジー第1弾。連作短編3本を収録。

*桜一夜闇千夜
*精霊人形
*君恋し

●霜島ケイ(しもじま・けい)
大阪府生まれ。1990年、『出てこい、ユーレー三兄弟』(朝日ソノラマ)でデビュー。主にファンタジーとホラーのジャンルで活動中。「封殺鬼」シリーズ(小学館)、「カラクリ荘の異人たち」(ソフトバンククリエイティブ)、「のっぺら」(廣済堂)等、著作多数。

那智と銀狼(2) 風と共に祓え!

amazon Kindle

『那智と銀狼(2) 風と共に祓え!』

霜島ケイ・著、四位広猫・イラスト

俺たち二人に、敵はない! ただし霊能師はボランティアではありません!

 顔も能力も超一流……なのになぜか受難多き人生の、若き霊能師・水月那智は、ボロアパートで能天気な狼の妖怪・銀狼と同居中。そんな彼のもとに、実家からSOSが入る。著名な霊能師である父に破門された元弟子が、水月家に呪詛をかけにきたというのだ。今度こそタダ働きはごめんだ! と涙ぐましい決意を固める那智だったが……。那智と銀狼の凸凹コンビが、またまた遭遇した三つの事件!
 笑いと涙の痛快オカルティック・ファンタジー第2弾。連作短編3本を収録。また、電子版の特別付録として、雑誌掲載時のイラスト(「群青の声」)を巻末に収録。

*月下美人
*五月闇の使者
*群青の声

●霜島ケイ(しもじま・けい)
大阪府生まれ。1990年、『出てこい、ユーレー三兄弟』(朝日ソノラマ)でデビュー。主にファンタジーとホラーのジャンルで活動中。「封殺鬼」シリーズ(小学館)、「カラクリ荘の異人たち」(ソフトバンククリエイティブ)、「のっぺら」(廣済堂)等、著作多数。

那智と銀狼(3) 祓うのは奴らだ!

amazon Kindle

『那智と銀狼(3) 祓うのは奴らだ!』

霜島ケイ・著、四位広猫・イラスト

「無駄に美形」な超有能霊能師・那智は来月の家賃を払えるのか?

 受難の霊能師・水月那智と、彼のもとに居候中のオオカミの妖怪・銀狼。そんな腐れ縁な二人が怪現象・怪事件を解決していく。何者かに憑依されたらしい旧家の令嬢。その裏には、ある切ない物語が隠されていて……。闇のなか、追いかけてくるかくれんぼのオニの声。それは少女の霊の呪いなのか……。
 笑いと涙の痛快オカルティック・ファンタジー第3弾。連作短編3本を収録。

*夕色の童話
*死人遊び
*銀花の舞うとき

●霜島ケイ(しもじま・けい)
大阪府生まれ。1990年、『出てこい、ユーレー三兄弟』(朝日ソノラマ)でデビュー。主にファンタジーとホラーのジャンルで活動中。「封殺鬼」シリーズ(小学館)、「カラクリ荘の異人たち」(ソフトバンククリエイティブ)、「のっぺら」(廣済堂)等、著作多数。

わたしの勇者さま(1)

amazon Kindle

『わたしの勇者さま(1)』

とまとあき、塚本裕美子・著

庭先に落っこちてきた異世界の勇者は、とんでもなく大メシ喰らいだった!

 松宮陽子、17歳、高校2年生。シナリオライターを生業とする父と由緒正しき雑種犬と暮らす、ごく普通の女の子、だったが…。ある日、陽子の前に現われたシン。巨大な剣を手にした彼は異世界ルーの人間だという。そのルーの王女が、邪悪な魔道士ディーアックに連れ去られたため、それを救うべく魔神と戦っていたが、魔法によりこの世界に来てしまったのだと語った。とまどう陽子であったが、次第にシンに惹かれていく…。しかし、平穏な日々もつかの間、ディーアックの魔の手は、こちらの世界にも忍び寄る! ファンタジック・コメディ第1弾。

●とまとあき
音楽その他もろもろディレクター。エネルギー源/ヱビスビール。

●塚本裕美子(つかもと・ゆみこ)
蟹座。B型。趣味/千羽鶴に乗馬。好物/おいしいもの。

わたしの勇者さま(2)

amazon Kindle

『わたしの勇者さま(2)』

とまとあき、塚本裕美子・著

異世界ルーへ戻るシンと、彼についていく陽子&モルト……強敵ディーアックを倒せるのか?

 ダークウルフを倒したシン。しかし、ディーアックの次なる下僕、大鴉は執拗にも迫り来る。一方、シンと陽子は、異世界ルーへ戻る方法を探し出すのに悪戦苦闘していた。そんなある日、霊感占い師の“古き竜の護る、振り子の下”というお告げをてがかりにルーへの入口を探しあてる。そして、陽子はシンとモルトと共に、ルーへと旅立つ。そこで彼等をまちうけるものは? ファンタジック・コメディ第2弾。

●とまとあき
音楽その他もろもろディレクター。エネルギー源/ヱビスビール。

●塚本裕美子(つかもと・ゆみこ)
蟹座。B型。趣味/千羽鶴に乗馬。好物/おいしいもの。

わたしの勇者さま(3) 魔法使いのティータイム

amazon Kindle

『わたしの勇者さま(3) 魔法使いのティータイム』

とまとあき、塚本裕美子・著

異世界ルーで特訓中の新米魔法使い・陽子の前に立ちふさがったのは……高貴なお姫様!?

 異世界ルーで、勇者シンとともに暮らすことになった陽子。いままで自分のいた世界とはまったく違った文明に驚く陽子であった。しかし、それもつかの間、陽子には毎日厳しい魔法の修行がまっていたのである。ある日、陽子は王宮内で、ソニア姫と瓜二つの従姉妹のリミアと出逢う。その矢先、魔物騒動がおこり、リミアが退治にいくことになり、お目付け役として陽子が同行することになった…。不安につつまれながら城門を出ていく二人と一匹。彼女たちを待ちうけるものは。ファンタジック・コメディ第3弾。

●とまとあき
音楽その他もろもろディレクター。エネルギー源/ヱビスビール。

●塚本裕美子(つかもと・ゆみこ)
蟹座。B型。趣味/千羽鶴に乗馬。好物/おいしいもの。

わたしの勇者さま(4) ぼくの女神さま

amazon Kindle

『わたしの勇者さま(4) ぼくの女神さま』

とまとあき、塚本裕美子・著

現代ニッポンを訪れた異世界の魔術師リミア、そして彼女を案内する一臣くん……二人の恋の行方は?

 陽子が勇者シンとともに異世界ルーへと旅立ってから、何となく沈みがちだった一臣。しかし最近では毎日のように陽子の父・松宮崇のもとを訪れては、崇の仕事の手伝いをするようになっていた。そんなある日。松宮家の庭先に、またもやルーからの訪問者が降ってきた。今度のお客様は、あの魔術師リミア姫。異世界を知るために自ら転移の術を行ったという彼女は、一臣の案内でこちらの世界を見てまわることになる。気位が高く、高度な魔法を使いこなすリミア姫。彼女は行く先々で大騒動を巻き起こす。ファンタジック・コメディ第4弾。

●とまとあき
音楽その他もろもろディレクター。エネルギー源/ヱビスビール。

●塚本裕美子(つかもと・ゆみこ)
蟹座。B型。趣味/千羽鶴に乗馬。好物/おいしいもの。

わたしの勇者さま(5) 女神さまに乾杯

amazon Kindle

『わたしの勇者さま(5) 女神さまに乾杯』

とまとあき、塚本裕美子・著

リミアの一途な想いが一臣を異世界へ召喚した!? 陽子たちとの再会に喜ぶ暇もなく新たな試練が…

 リミアと一臣の別離から一年余り。こちらの世界に残った一臣は大学に進学し、シナリオライターを目指して勉強中。一方、異世界ルーに戻ったリミアは、女王となって国を継ぐよう要請されていた。しかし、そのためにはしかるべき人物と結婚しなくてはならないのだという。一臣への想いを断ち切れないリミアは、無意識のうちに一臣をルーへ召換してしまった! ルーで再会したふたりの運命は…。ファンタジック・コメディ第5弾。

●とまとあき
音楽その他もろもろディレクター。エネルギー源/ヱビスビール。

●塚本裕美子(つかもと・ゆみこ)
蟹座。B型。趣味/千羽鶴に乗馬。好物/おいしいもの。

【合本版】〈反逆〉号ログノート

amazon Kindle

『【合本版】〈反逆〉号ログノート』

伊東麻紀・著

美貌の女運び屋・レイヴンが活躍する愛と憎しみの“ニュー・スペースオペラ”!

 砂漠と荒野ばかりの、辺境の惑星バーディヤ。そのサハラ地区に住まいを持つレイヴン。宇宙船〈反逆〉号の船長で、褐色の肌に黒い瞳の美女、一匹狼の運び屋だ。今回の“ブツ”は、プラチナブロンドの髪をみつあみのおさげにした少女リジィだった……。銀河連邦軍の元戦闘軍用サイボーグ“賢者”を航宙士として雇い、レイヴンとリジィの戦いが、今、始まった。
 名作SF「〈反逆〉号ログノート」シリーズ1〜4巻が、合本版として登場!

●伊東麻紀(いとう・まき)
茨城県生まれ。お茶の水女子大学理学部化学科中退。大学時代はSF研究会に所属。『宝剣物語』シリーズ、『エストレリャ国異聞』シリーズ(ともに大陸書房)、『海賊ランスロット・華麗なる冒険』シリーズ(角川書店)、『特殊工作員アンジェラ』シリーズ(朝日ソノラマ)などの著書がある。

【合本版】パーミリオンのネコ

amazon Kindle

『【合本版】パーミリオンのネコ』

竹本健治・著

美貌のスナイパー・ネコ、元情報局員・ノイズともに“D種犯罪者”を暗殺せよ!

 銀河スナイパー・百万分の一(パーミリオン)のネコ。死と隣り合わせの困難な任務を確実に成功させる彼女は、畏敬と嫌悪の混じった通り名を持つ。彼女の任務とは、存在自体が極秘扱いとされる“D種犯罪者”たちを狩り出し、仕留めることであった。
 名作SF「パーミリオンのネコ」シリーズ1〜4巻が、合本版として登場!

●竹本健治(たけもと・けんじ)
1954年、兵庫県生まれ。大学在学中にデビュー作『匣の中の失楽』を「幻影城」に連載し、1978年に幻影城より刊行。日本ミステリ界に衝撃を与えた。1999年には『入神』で漫画家としてデビュー。ミステリ、漫画、SF、ホラーと幅広く活躍し、ファンからの熱狂的支持を受けている。著書に『匣の中の失楽』(講談社)、『囲碁殺人事件』(東京創元社)など多数。

【合本版】幻視界

amazon Kindle

『【合本版】幻視界』

川又千秋・著

異世界に飛ばされた大学生・宇土羅光男が見たものは……光と闇の天地創造!?

 異様な光景であった。見渡す限り赤茶けた砂地が拡がり、眼前に、巨大な髑髏がひとつ、その空虚な眼窩から、彼を見下していた…。宇土羅光男、21歳。大学3年の夏休み、「旅に出る」という葉書一枚を最後に、行方の知れない父の手がかりを求めて伊豆の別荘に来ていた。書斎にあった石塊に埋め込まれた金色に輝く球体を握り、パソコン内に残されたファイルを調べているうちに、異世界に入りこんでしまったのだ。
 名作SF「幻視界」シリーズ1〜4巻が、合本版として登場!

●川又千秋(かわまた・ちあき)
1948年、北海道小樽市生まれ。作家、評論家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代よりファン活動を始め、SF専門誌で評論を発表。『火星人先史』で第12回星雲賞を、『幻詩狩り』で第5回日本SF大賞を受賞。他に『ラバウル烈風空戦録』シリーズ(中央公論社)、『亜人戦士』シリーズ(徳間書店)、『創星記』(早川書房)など著書多数。

【合本版】星狩人

amazon Kindle

『【合本版】星狩人』

川又千秋・著

狩られるのは、どちらなのか? 謎の寄生生命体と人間の死闘!

“何か”が秩父の山奥に落下した。現場に残された正体不明の獣骨と黒い結晶……それらを目撃したサイエンス・ライター清水浩太の身辺で、奇怪な事件が続発する。姿なき、呪われた寄生生命体は、数限りない死と恐怖の軌跡を描きながら、魔都・東京の夜を駆け巡る! 果たして……。
 名作SF「星狩人」シリーズ1〜4巻が、合本版として登場!

●川又千秋(かわまた・ちあき)
1948年、北海道小樽市生まれ。作家、評論家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代よりファン活動を始め、SF専門誌で評論を発表。『火星人先史』で第12回星雲賞を、『幻詩狩り』で第5回日本SF大賞を受賞。他に『ラバウル烈風空戦録』シリーズ(中央公論社)、『亜人戦士』シリーズ(徳間書店)、『創星記』(早川書房)など著書多数。

【合本版】タルカス伝

amazon Kindle

『【合本版】タルカス伝』

中井紀夫・著

官能、暴力、呪術、化学、神話、音楽、あらゆるものを飲み込んで想像力の限界に挑む!

 血と精液の匂いに満ちた狂乱の国グユ。そこを治める狂熱風雲王がひとりの娘に惚れた。その娘とは、狂熱風雲王が長年攻め落とせずにいる辺境の小国“花と硝子のふるさと”アムネシアの王、黙り牛のひとり娘だった。力ずくで彼女を手に入れようと考えた彼はアムネシアに対して兵を起こし、その不意をついて国境を越え攻め入ったのだった。
 名作SF「タルカス伝」シリーズ1〜5巻が、合本版として登場!

●中井紀夫(なかい・のりお)
1952年生まれ。武蔵大学人文学部卒業。ハヤカワSFコンテストを経てデビューし、短篇「山の上の交響楽」で星雲賞を受賞。主な著書に、『能なしワニ』シリーズ、『タルカス伝』シリーズ(ともに早川書房)、『漂着神都市』、『海霊伝』(ともに徳間書店)など著書多数。

【合本版】能なしワニ

amazon Kindle

『【合本版】能なしワニ』

中井紀夫・著

住民のほとんどが超能力を持っている星で、賞金首を求めてさすらう“能なし”ワニ!

 ナインガックは文明に見離された植民惑星。しかし住民は西部開拓時代の風俗にどっぷりつかって結構楽しくやっている。その上、住民のほとんどが超能力を持っているあきれた星でもある。しかし、たまに何の能力も持たない奴もいる。主人公ワニはその「能なし」なのだ。くやしさから拳銃の腕をみがいたくだらん流れ者だが、妙に愛嬌があって憎めない。
 名作SF「能なしワニ」シリーズ1〜7巻が、合本版として登場!

●中井紀夫(なかい・のりお)
1952年生まれ。武蔵大学人文学部卒業。ハヤカワSFコンテストを経てデビューし、短篇「山の上の交響楽」で星雲賞を受賞。主な著書に、『能なしワニ』シリーズ、『タルカス伝』シリーズ(ともに早川書房)、『漂着神都市』、『海霊伝』(ともに徳間書店)など著書多数。

【合本版】かたゆでマック

amazon Kindle

『【合本版】かたゆでマック』

藤原征矢・著

厄介な仕事を押しつけられ、美少女たちに振り回され、それでも命がけで“ハードボイルド”を求める!

 宇宙には、ハードボイルドな男がよく似合う……。おれの名はマキシン・グレンディー。戦域での仕事を得意とする、一匹狼の運び屋だ。今回おれが引き受けたのは、内戦中の惑星から王女を運び出すという、実におれ好みの仕事だった……のだが、現役女子高生のカイリがパートナーとして押しかけてきてから、おれの世界がボロボロと崩れ始めていく。畜生、おれの明日はどっちなんだ!?
 名作SF「かたゆでマック」シリーズ1〜7巻が、合本版として登場!

●藤原征矢(ふじわら・せいや)
1960年東京都生まれ。東京大学法学部卒。著書に『かたゆでマック』シリーズ、『クールフェイス』シリーズ(以上、朝日ソノラマ)、『電子恐慌』(ケイエスエス出版)、『ドル・ハンターズ』(祥伝社)、『鳴弦の巫女』(HJ文庫)など。小説の他、ゲーム・アニメ等の脚本も手がけ、また経済ライターとして別名で取材・執筆活動を行っている。

【合本版】クールフェイス

amazon Kindle

『【合本版】クールフェイス』

藤原征矢・著

古代科学文明が中世まで後退した世界を描いた未来ファンタジー!

 聖暦二五四年、神聖イレリア王国国立近衛師団士官学校を史上最年少の一五歳で卒業した少年がいた。彼の名はレニー・カレッカ。卒業席次は三番ながら、学校創設以来最強の不良候補生である。そんなレニーが、皇后陛下のお声掛かりで、卒業生総代を押しのけて宮廷護衛官に任命された。“クールフェイス”と綽名されるレニーが、幼い女王を守るため巨大な陰謀に立ち向かう。
 名作SF「クールフェイス」シリーズ1〜5巻が、合本版として登場!

●藤原征矢(ふじわら・せいや)
1960年東京都生まれ。東京大学法学部卒。著書に『かたゆでマック』シリーズ、『クールフェイス』シリーズ(以上、朝日ソノラマ)、『電子恐慌』(ケイエスエス出版)、『ドル・ハンターズ』(祥伝社)、『鳴弦の巫女』(HJ文庫)など。小説の他、ゲーム・アニメ等の脚本も手がけ、また経済ライターとして別名で取材・執筆活動を行っている。

【合本版】ミルキーピア物語

amazon Kindle

『【合本版】ミルキーピア物語』

東野司・著

「バーチャルアイドル」や「ネットの世界にダイブする」という概念を日本で初めて扱った元祖的な名作!

「京美が逃げだしたァ!」システムハウス・ミルキーピアの朝は、こうして始まった。うちの大切な商品でありコンピュータ・ネットワーク上で稼働するパーソナルアイドルの人気ナンバー1ソフト『京美』が家出してしまったのだ! たった一人の男性社員こと俺、片山秀人はヨネコ社長と麻矢さんに無理やり頼まれて、俺の裏ワザ“ネットワーク潜り”をやるはめになってしまったのだけど…。ソフトウェア業界と電脳空間を舞台にして、ミルキーピアの面々がきょうも繰り広げる、笑いとスリルと冒険と涙の数々。
 名作SF「ミルキーピア物語」シリーズ1〜11巻が、合本版として登場!

●東野 司(とうの・つかさ)
1957年、愛媛県生まれ。横浜国立大学大学院中退。テクニカルライターを経て、1986年『赤い涙』(「SFマガジン」早川書房)でデビュー。主な著書に『ミルキーピア物語』シリーズ、『地球SOS』(早川書房)、『よろず電脳調査局ページ11』(徳間書店)、『電脳祈祷師』(学習研究社)、『展翅蝶』(エニックス)など。また、2013年子ども向け書き下ろしSFシリーズ「21世紀空想科学小説」企画立案。同シリーズ『何かが来た』(岩崎書店)。日本SF作家クラブ会員、日本児童文学者協会会員、日本文藝家協会会員。日本SF作家クラブ第17代会長。

【合本版】宇宙船ヴァニスの歌

amazon Kindle

『【合本版】宇宙船ヴァニスの歌』

友成純一・著

娼妓宇宙船ヴァニスで繰りひろげられる、凄絶な官能SFバイオレンス!

 パトリシアとメアリアンの唇が、ニールの首筋、胸、腹、下腹、内腿……唾液のねっとりとした感触をたたえて忙しく這いまわる。薬の効果で、その刺激が、ジリジリと痛いくらいの快感を伝えてくる。「あら、ニール、もうこんなになって……この二時間で、三回目よ」……だが、やってもやっても物足りず、陰茎はそそり立って飢えを表現する。やらなければ。ヴァニスの滞在時間は、一週間。あとまた何年も、単純な肉体労働と女房という定食を味わわなければならない。陰茎がすり切れ、血が吹き出すまでやりまくらなければ……。
 名作SF「宇宙船ヴァニスの歌」シリーズ1〜4巻が、合本版として登場!

●友成純一(ともなり・じゅんいち)
1954年福岡生まれ。1976年、早稲田大学在学中に「透明人間の定理リラダンについて」が幻影城新人評論部門に入選。映画評などでも活躍したのち、1985年「肉の儀式」で小説家デビュー。官能的でバイオレントな作風が注目を浴びる。以後、スプラッター小説のパイオニアとしてだけでなく、SF、ホラー、怪獣小説などでも鬼才ぶりを発揮し、多くの著作を発表。またロンドン関連の著書も多い。現在はバリ島在住。

大魔界(1) 竜神戦士ハンニバル

amazon Kindle

『大魔界(1) 竜神戦士ハンニバル』

田中文雄・著、天野喜孝・イラスト

緊迫したストーリー、壮大なスケールで展開するヒロイック・ファンタジー、開幕!

 太陽系を離れること六五〇〇光年のかなた。魔船が海洋を徘徊し、海竜、神代鮫、水棲蜥蜴がうごめき、幻術師が霧世界を支配する星。戦士ハンニバルは海竜の角を奪わんものとバルボアの船着き場に忍び寄っていた。ところが、そこには思わぬ惨状が……。国々を略奪、殺戮のかぎりをつくして去る魔船の者どもが人々に襲いかかってくるのだ。この混乱のさなか、ハンニバルは瀕死の戦士から奪われたシャルーファ姫を取りもどすように懇願された。
 ヴィジュアルなイメージが全篇に横溢するヒロイック・ファンタジーの名作〈大魔界〉シリーズが、天野喜孝のイラストともに完全復活! 本作はその第1弾。

●田中文雄(たなか・ふみお)
1941年東京生まれ。早稲田大学卒業後、東宝入社。70年代を中心にプロデューサーとして映画製作に携わる。1974年に『夏の旅人』で早川書房SF三大コンテスト佳作入選。1975年に『さすらい』で幻影城新人賞佳作入選。1986年東宝を退社して作家専業となり、ミステリー、ホラー、SFバイオレンスなどに健筆をふるう。草薙圭一郎名義では時代小説、架空戦記も発表している。

大魔界(2) 氷神女王アーシュラ

amazon Kindle

『大魔界(2) 氷神女王アーシュラ』

田中文雄・著、天野喜孝・イラスト

幻獣、妖怪が徘徊し、剣と魔法が力をしのぎあう世界でハンニバルの戦いは続く!

 夕闇が世界を押しつつむ頃、無数の焚き火に照らされ、戦士ハンニバルと王女アラベラの婚礼の宴が盛大にとりおこなわれていた。純白の花嫁衣装を身にまとい、幸せそのもののアラベラ。だが、その幸福も長くはつづかなかった。一群の海鷲がどこからともなく現われ、襲ってきたのだ。そして、その海鷲の背には、意外にも幻術師ダンカンの姿があった。なぜ彼が? ハンニバルの妹シリアがいる霧世界にいかなる異変が起きたというのか……。
 ヴィジュアルなイメージが全篇に横溢するヒロイック・ファンタジーの名作〈大魔界〉シリーズが、天野喜孝のイラストともに完全復活! 本作はその第2弾。

●田中文雄(たなか・ふみお)
1941年東京生まれ。早稲田大学卒業後、東宝入社。70年代を中心にプロデューサーとして映画製作に携わる。1974年に『夏の旅人』で早川書房SF三大コンテスト佳作入選。1975年に『さすらい』で幻影城新人賞佳作入選。1986年東宝を退社して作家専業となり、ミステリー、ホラー、SFバイオレンスなどに健筆をふるう。草薙圭一郎名義では時代小説、架空戦記も発表している。

大魔界(3) 幻神惑星ナーガ

amazon Kindle

『大魔界(3) 幻神惑星ナーガ』

田中文雄・著、天野喜孝・イラスト

女人国と男人国との戦争に巻き込まれたジュンは、遠く離れた仲間に助けを求めた!

 戦士ハンニバルやその妹の幻術師シリアらと別れたジュンは、一路、故郷地球へと宇宙艇を駆った。しかし、亜空間飛行の後、現われ出た通常空間は、なんと地球とは似ても似つかぬ蛇神ナーガの支配する星。そこでは、女神リーマを崇める女人国イドールと男神シバを崇める男人国メイルがいつはてるともなく、血で血を洗う抗争を繰り広げていた。一方、ジュンへの熱い想いを胸に秘めながらも、霧世界でダンカンの跡をついだシリアは、ある日、妖しい霧の化け物に魔法の短剣で胸を刺され、昏々と眠りつづけるのだった……。
 ヴィジュアルなイメージが全篇に横溢するヒロイック・ファンタジーの名作〈大魔界〉シリーズが、天野喜孝のイラストともに完全復活! 本作はその第3弾。

●田中文雄(たなか・ふみお)
1941年東京生まれ。早稲田大学卒業後、東宝入社。70年代を中心にプロデューサーとして映画製作に携わる。1974年に『夏の旅人』で早川書房SF三大コンテスト佳作入選。1975年に『さすらい』で幻影城新人賞佳作入選。1986年東宝を退社して作家専業となり、ミステリー、ホラー、SFバイオレンスなどに健筆をふるう。草薙圭一郎名義では時代小説、架空戦記も発表している。

大魔界(4) 白蓮都市ネフェルタ

amazon Kindle

『大魔界(4) 白蓮都市ネフェルタ』

田中文雄・著、天野喜孝・イラスト

シリアの息子レムを伴い、戦士ハンニバルはクルクス探索の旅に出る!

 先端の折れたマストに無残にも切り裂かれた帆を掲げ、あたかも死霊の巣窟がごとき船がアガラスに入港してきた。リディア侵攻軍の本拠壊滅のため渡海したクルクス率いるアガラスの軍船が戻ってきたのだ。妖気漂う船内には冥境の道半ばをさまよう三人の兵士。周りには鼻を刺すばかりの屍臭が立ちこめている……。やがて漆黒のとばりが降りる頃、兵士たちは血潮に染めたまなこを見開き、腐臭を吐き散らしながらゾンビとして甦った。はたして、クルクスの軍隊に何が起こったのか……。
 ヴィジュアルなイメージが全篇に横溢するヒロイック・ファンタジーの名作〈大魔界〉シリーズが、天野喜孝のイラストともに完全復活! 本作はその第4弾。

●田中文雄(たなか・ふみお)
1941年東京生まれ。早稲田大学卒業後、東宝入社。70年代を中心にプロデューサーとして映画製作に携わる。1974年に『夏の旅人』で早川書房SF三大コンテスト佳作入選。1975年に『さすらい』で幻影城新人賞佳作入選。1986年東宝を退社して作家専業となり、ミステリー、ホラー、SFバイオレンスなどに健筆をふるう。草薙圭一郎名義では時代小説、架空戦記も発表している。

大魔界(5) 死霊塔主ジマ・ディンゴ

amazon Kindle

『大魔界(5) 死霊塔主ジマ・ディンゴ』

田中文雄・著、天野喜孝・イラスト

行方不明の甥レムの捜索に赴いたハンニバルは、雪崩に遭遇、九死に一生を得たが…

 見渡すかぎりの雪をいただく山のつらなり。秘境ビルカバンバに、旅に出たまま行方不明のレム捜索に赴いたハンニバル率いるアガラス軍は、凶族ガンバとの壮絶な戦闘の最中、巨大な雪崩に襲われた。自然の猛威の前にはひとたまりもなく、アガラス軍、ガンバ族はハンニバルただ一人をのぞいて全滅。九死に一生を得たハンニバルは近くの僧院に運びこまれたが……。一方、船に乗り、友人三人と冒険の旅に出たレムは嵐に遭遇、とある島に漂着するが、そこには巨大なコウモリのような怪獣がいた。
 ヴィジュアルなイメージが全篇に横溢するヒロイック・ファンタジーの名作〈大魔界〉シリーズが、天野喜孝のイラストともに完全復活! 本作はその第5弾。

●田中文雄(たなか・ふみお)
1941年東京生まれ。早稲田大学卒業後、東宝入社。70年代を中心にプロデューサーとして映画製作に携わる。1974年に『夏の旅人』で早川書房SF三大コンテスト佳作入選。1975年に『さすらい』で幻影城新人賞佳作入選。1986年東宝を退社して作家専業となり、ミステリー、ホラー、SFバイオレンスなどに健筆をふるう。草薙圭一郎名義では時代小説、架空戦記も発表している

大魔界(6) 漂流戦艦ナビゲイル

amazon Kindle

『大魔界(6) 漂流戦艦ナビゲイル』

田中文雄・著、天野喜孝・イラスト

科学≠ニ呼ばれる魔道を使い、空から降りてきた殺戮者たちを迎え撃て!

 海竜が徘徊し、呪術が支配する異星の地。その空に、異形の飛行体が現われ出た。巨大な巻き貝状の飛行体は、漂流戦艦ナビゲイル……殺戮と破壊の使者だった。メタリックシルバーの戦闘服に身をつつみ、最新兵器で武装した殺戮者たちの前には、無力な住民たちはひとたまりもない。戦士ハンニバルが統べる国、アガラスも例外ではなかった。殺戮者たちの皆殺し計画に、ハンニバルは自らの国、自らの世界の存亡を賭け、苛酷な闘いに赴く……。
 ヴィジュアルなイメージが全篇に横溢するヒロイック・ファンタジーの名作〈大魔界〉シリーズが、天野喜孝のイラストともに完全復活! 本作はその第6弾にて完結編。

●田中文雄(たなか・ふみお)
1941年東京生まれ。早稲田大学卒業後、東宝入社。70年代を中心にプロデューサーとして映画製作に携わる。1974年に『夏の旅人』で早川書房SF三大コンテスト佳作入選。1975年に『さすらい』で幻影城新人賞佳作入選。1986年東宝を退社して作家専業となり、ミステリー、ホラー、SFバイオレンスなどに健筆をふるう。草薙圭一郎名義では時代小説、架空戦記も発表している。

大魔界外伝 幻術師ダンカン

amazon Kindle

『大魔界外伝 幻術師ダンカン』

田中文雄・著、天野喜孝・イラスト

呪われた生を受けた幻術師ダンカンの驚異と冒険に満ちた少年時代を描く

 少年は渇いていた。先ほど、村の幼児の新鮮な血を飲んだあとでさえ、のどの渇きは抑えられなかった。そんな少年にとって、海辺の古い城跡にたたずむ少女は格好の餌食のはずだった。だが、襲いかかろうとした瞬間、振り向いた少女の大きな瞳に映った自らの醜い姿を認めた少年は、今までの自分が訣別していくのを感じた。妖術を操り、魔怪獣を創り出す魔王ゲルと、淫靡な妖婦ラマンの息子として生まれたダンカン。彼が選択する道は……。
 ヴィジュアルなイメージが全篇に横溢するヒロイック・ファンタジーの名作〈大魔界〉シリーズが、天野喜孝のイラストともに完全復活! 本作はその外伝作品。

●田中文雄(たなか・ふみお)
1941年東京生まれ。早稲田大学卒業後、東宝入社。70年代を中心にプロデューサーとして映画製作に携わる。1974年に『夏の旅人』で早川書房SF三大コンテスト佳作入選。1975年に『さすらい』で幻影城新人賞佳作入選。1986年東宝を退社して作家専業となり、ミステリー、ホラー、SFバイオレンスなどに健筆をふるう。草薙圭一郎名義では時代小説、架空戦記も発表している。

大冒険(上) 香港・澳門激発篇

amazon Kindle

『大冒険(上) 香港・澳門激発篇』

朝松 健・著

財産を秘す〈八宝塔〉を追え! 道術を使う美少女姉妹と日本男児が大暴れ

 東大生の高利貸・猪熊と元特攻のヤクザの用心棒・松浦が黒ずくめの男たちに襲われ、誘拐された先は香港(ホンコン)。ここでも始まる銃撃戦の中から、道術を使う美少女姉妹が喚起した旋亀で脱出した二人は、自分たちが三十五億円の宝を匿してアジア中を転移している八宝塔を開く〈宝鑰(トレジャー・キー)〉であることを知る。旧日本軍、ナチスの残党、英国情報部にCIA、中国秘密工作隊、さらには仙頭幇に麻薬シンジケートと、〈宝鑰〉争奪戦は入り乱れて香港から澳門(マカオ)へ!

●朝松 健(あさまつ・けん)
1956年札幌生まれ。東洋大学卒。出版社勤務を経て、1986年『魔教の幻影』でデビュー。ホラー、伝奇など、幅広い執筆活動を続けている。2006年『東山殿御庭』が第58回推理作家協会賞短編部門の候補となる。近年は室町時代に材をとった幻想怪奇小説〈室町ゴシック〉、一休宗純を主人公とした〈一休シリーズ〉、妖怪と人間との心温まる交流をユーモアたっぷりに描いた〈ちゃらぽこ〉ほかの妖怪時代コメディなどを発表している。

大冒険(下) ボロブドゥール決戦篇

amazon Kindle

『大冒険(下) ボロブドゥール決戦篇』

朝松 健・著

もはや戦後ではなくなった昭和31年、二組の日本男児と中国美少女姉妹の運命いかに!

 香港の海中に敵味方を巨大な渦に巻き込んだ八宝塔は、台湾に転移。猪熊・松浦と道教の姉妹は、霊的羅針盤「桃鐘」と「法笛」に導かれて烏来山中で塔を発見するが、塔は国府軍とアメリカ軍によって守られ、かつ風水師により結界が張られていた。天才ペテン師・猪熊は、巧みな口説で元ナチス美人将校や人民共和国工作員などを戦いに誘い込み、あと三歩まで接近したが塔はまたしても転移。八宝塔はいずこへ…。
 銃器と悪漢、恋と魔法、笑いとサスペンス、財宝と旅、そして美女との狂おしい情事が詰め込まれたオカルト・アクション「大冒険」完結篇。

●朝松 健(あさまつ・けん)
1956年札幌生まれ。東洋大学卒。出版社勤務を経て、1986年『魔教の幻影』でデビュー。ホラー、伝奇など、幅広い執筆活動を続けている。2006年『東山殿御庭』が第58回推理作家協会賞短編部門の候補となる。近年は室町時代に材をとった幻想怪奇小説〈室町ゴシック〉、一休宗純を主人公とした〈一休シリーズ〉、妖怪と人間との心温まる交流をユーモアたっぷりに描いた〈ちゃらぽこ〉ほかの妖怪時代コメディなどを発表している。

ウニバーサル・スタジオ

amazon Kindle

『ウニバーサル・スタジオ』

北野勇作・著

阪神、タコ焼き、通天閣、道頓堀、食いだおれ……魅惑と陶酔のテーマパークへようこそ!

 ここはウニバーサル・スタジオ。大阪をテーマにした楽しいアトラクションがあなたをお待ちしています。巨大タコが襲う水上バスの刺激的なライド、四天王寺の亀の池ではカメ型メカとザリガニ型怪生物の痛快なバトル、通天閣からは軌道上イカリングへの魅惑のツアーにお連れします。そして、阪神タイガース優勝を祝しての道頓堀ダイブも心ゆくまでどうぞ。いや現実には、人類滅亡まで二度と優勝できなかったわけですが…。

●北野勇作(きたの・ゆうさく)
1962年生まれ。大阪府在住。SF作家。1992年『昔、火星のあった場所』で第4回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー。2001年『かめくん』で、日本SF大賞受賞。著書に『クラゲの海に浮かぶ舟』『どーなつ』『きつねのつき』『どろんころんど』『カメリ』等。

ユニバーサル・アーミー

amazon Kindle

『ユニバーサル・アーミー』

藤原征矢・著、鈴木雅久・イラスト

地球出身の少女たちと植民地惑星宇宙軍の鬼(?)教官、涙と笑いの物語!

 人類が初めて手に入れた植民惑星クリシュナ……そこで生まれたおれ、諸星一馬は、宇宙軍に所属する大尉である。宇宙軍の任務というのは、この星を不測の災害から守ることだが、過去に一度だって不測の災害など起きたことはない。そんな平和な宇宙軍に、なんの酔狂か地球から六名の女性訓練生がやって来た。ちょうど休暇をとるはずだったおれは、ほとんどだまし討ちのように訓練生三名の面倒を押しつけられ、「人類のために献身することが生き甲斐」などと口にする女どもと、三ヵ月も一緒に過ごすはめになってしまった。
 ソノラマ文庫版から大幅に加筆・修正され、増ページとなった完全版が電子書籍となって登場!

●藤原征矢(ふじわら・せいや)
1960年東京都生まれ。東京大学法学部卒。著書に『かたゆでマック』シリーズ、『クールフェイス』シリーズ(以上、朝日ソノラマ)、『電子恐慌』(ケイエスエス出版)、『ドル・ハンターズ』(祥伝社)、『鳴弦の巫女』(HJ文庫)など。小説の他、ゲーム・アニメ等の脚本も手がけ、また経済ライターとして別名で取材・執筆活動を行っている。

赤い涙 マルチタスクVol.1

amazon Kindle

『赤い涙 マルチタスクVol.1』

東野司・著

堂谷の全身が震え上がった……「ロボット三原則」が破られている!

 バイオチップがネットワークをつくり、脳細胞を侵食していく……遺伝子合成クローンの赤ん坊に増設された生体ボードが熱暴走を始める……人工知能アンドロイドから、患者の残留意識パターンが消去できない……デジタル・コミュニケーションの方法は、マニュアルには書かれていないものだ。だから、ニューヴァージョンのOSとソフトウェアが必要になる。
 ニューロテクノロジイとハイパーメディアがあふれる未来社会を背景に、宇宙船から猫まで、あらゆるものをデジタライズし、コンピュータのテクニカルタームを駆使して描いた電脳SF短篇集。「電子版あとがき」を追加収録。
*バッドチューニング
*任務(ベスト・ミッション)
*キャットファイト
*こんにちは赤ちゃん
*門(ゲート)ひらくときに
*赤い涙

●東野 司(とうの・つかさ)
1957年、愛媛県生まれ。横浜国立大学大学院中退。テクニカルライターを経て、1986年『赤い涙』(「SFマガジン」早川書房)でデビュー。主な著書に『ミルキーピア物語』シリーズ、『地球SOS』(早川書房)、『よろず電脳調査局ページ11』(徳間書店)、『電脳祈祷師』(学習研究社)、『展翅蝶』(エニックス)など。また、2013年子ども向け書き下ろしSFシリーズ「21世紀空想科学小説」企画立案。同シリーズ『何かが来た』(岩崎書店)。日本SF作家クラブ会員、日本児童文学者協会会員、日本文藝家協会会員。日本SF作家クラブ第17代会長。

アリオン異伝

amazon Kindle

『アリオン異伝』

川又千秋・著、安彦良和・イラスト

ギリシャ神話の神々・英雄たちが登場する名作コミックの小説版

 おまえは間もなく旅に出る。そして、想像もできないほどの苦難に打ち克ち、私のところにやってくるのを、“予め知る者”である私は、待ち続ける……。夢をみた翌朝、羊を追って草原に出たアリオンは、巨馬にまたがった騎士に会い、“受け継ぐ者”に栄光をもたらすゼロスの剣を与えられる。神話世界にはばたく少年の愛と冒険。
 劇場アニメ化された大ヒット漫画『アリオン』のノベライズ。原作とも映画とも大幅に異なる“異伝”が、ついに電子で復刊! 文庫本の挿絵・解説、単行本の表紙・口絵・あとがきを全収録した完全版。

●川又千秋(かわまた・ちあき)
1948年、北海道小樽市生まれ。作家、評論家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代よりファン活動を始め、SF専門誌で評論を発表。『火星人先史』で第12回星雲賞を、『幻詩狩り』で第5回日本SF大賞を受賞。他に『ラバウル烈風空戦録』シリーズ(中央公論社)、『火星の白蛇伝説』(中央公論新社)、『翼に日の丸』(角川書店)など著書多数。

星々のクーリエ

amazon Kindle

『星々のクーリエ』

陰山琢磨・著

データから生成された少年クーリエをめぐり、現実とコンピュータ仮想空間で起きる逃走劇の結末は!?

 桑名真尋は東アジア系の顔だちの美人だが、実は軌道エレベータのある人工島を守る独立国連軍(IUNF)の遊撃戦闘員だ。その真尋が尊敬するバタライ中尉と“秘密任務”に参加することになった。植民惑星から護送されてきた人造人間・クーリエの身柄を確保するのだという。彼には卓越した知識と強力な感応能力を持ち、人間を意のままに操ることができる。指導者たちはクーリエに対して恐れを感じ始めていたのだ。だが、おおぎ様と呼ばれる宗教団体「仮想の基」の奇襲を受け、真尋たちはクーリエを奪い合う戦闘状態に突入してしまう。

●陰山琢磨(かげやま・たくま)
1963年兵庫県生まれ。3歳のおり自衛隊の基地祭で、通りすがりの61式戦車と見つめあってしまい、初恋に落ちる。高校生の時、学祭のアンケートに「自分に似ていると思う芸能人は?」と書いてあり「ジオン軍のモビルスーツ」と答えたら、女子に変な目で見られるようになった。その後、軍事マニア(専門はAFV)を経て、1997年に『大反撃一式砲戦車隊』(飛天出版)でデビュー。架空戦記、SF小説など著書多数。

創星記(上)

amazon Kindle

『創星記(上)』

川又千秋・著

金星を舞台に、SFと神秘主義の境界で語られる壮大な物語

 宇宙開発部隊の記録員ルー・風(フー)は補充要員として金星の衛星基地に着任した。しかし、そこで彼を待っていたのは、まさに混沌だった。荒んだ基地。狂った制御脳。えたいの知れぬ人々。錬金術に没頭する科学者。そして金星上での不可解なできごと。さらには人間がやってくる以前から金星にあったという謎の女人像。それらの作り出す状況に翻弄されながらルー・風は金星に降りたち、そこで世界創生の秘密を解く鍵を得るのだったが…。惑星探査を始めた人類につきつけられた謎を発端に、人智を越えた世界創生の物語が明らかにされようとしていた。

●川又千秋(かわまた・ちあき)
1948年、北海道小樽市生まれ。作家、評論家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代よりファン活動を始め、SF専門誌で評論を発表。『火星人先史』で第12回星雲賞を、『幻詩狩り』で第5回日本SF大賞を受賞。他に『ラバウル烈風空戦録』シリーズ(中央公論社)、『火星の白蛇伝説』(中央公論新社)、『翼に日の丸』(角川書店)など著書多数。

創星記(下)

amazon Kindle

『創星記(下)』

川又千秋・著

新たなる神話の誕生! 世界創世の秘密がいま明かされる

 火星の遺跡群。金星の女人像。人類の前に出現した謎の数々。それはら火星、地球、金星をめぐる神話の痕跡だった。戦乱に疲弊し、滅び去った火星。生きながらに腐り始め、死に瀕する地球。そして無垢のまま手つかずに残された金星。その金星に新たな世界を創造すべき時が来たのだ。ルー・風(フー)の前に世界創生の真相が明かされ、彼は神話世界の中へと入りこむ。そして運命に導かれるままに、新たな金星の神話をつくるべく、神々と行動をともにするのだった…。火星、地球の時はいまや過去のものとなった。金星の輝かしき神話の時が、いま始まる!

●川又千秋(かわまた・ちあき)
1948年、北海道小樽市生まれ。作家、評論家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代よりファン活動を始め、SF専門誌で評論を発表。『火星人先史』で第12回星雲賞を、『幻詩狩り』で第5回日本SF大賞を受賞。他に『ラバウル烈風空戦録』シリーズ(中央公論社)、『火星の白蛇伝説』(中央公論新社)、『翼に日の丸』(角川書店)など著書多数。

海賊ランスロット・華麗なる冒険(1) イヴェント・ホライズン

amazon Kindle

『海賊ランスロット・華麗なる冒険(1) イヴェント・ホライズン』

伊東麻紀・著、弘司・イラスト

弱小宇宙海賊の青年に舞い込んだ大仕事は、銀河一の人気歌手の護衛だった!

「ひとかどの犯罪者」を目指す青年ランスロットは、弱冠24歳、宇宙海賊船〈シルヴァー・ドラゴン〉号の艦長である。武骨で陰気な副艦長アル・フ、自称18歳の後方支援担当フォクシー等、総勢30名を抱えるまだまだ新興の弱小海賊だ。幹部がみなノンセクシュアルであるという奇妙な組織バシレイデス・コネクション、そのエージェントであるデウス・イラエから、超一流スターであるアスール・セレステの銀河系横断ツアー護衛の依頼があった。無名の海賊への、奇妙な者からの奇妙な仕事の依頼。その裏には…。謎とスリル、ロマンスの三拍子揃った痛快アクション。
 SFスペースオペラ、「海賊ランスロット・華麗なる冒険」シリーズ第1弾!

●伊東麻紀(いとう・まき)
茨城県生まれ。お茶の水女子大学理学部化学科中退。大学時代はSF研究会に所属。『宝剣物語』シリーズ、『エストレリャ国異聞』シリーズ(ともに大陸書房)、『〈反逆〉号ログノート』シリーズ(角川書店)、『特殊工作員アンジェラ』シリーズ(朝日ソノラマ)などの著書がある。

海賊ランスロット・華麗なる冒険(2) パトロール・エレジィ

amazon Kindle

『海賊ランスロット・華麗なる冒険(2) パトロール・エレジィン』

伊東麻紀・著、弘司・イラスト

導かれるようにやってきた宇宙海賊が歓楽惑星PPで目にしたものは…?

 これは、誰かがしかけた罠か…。ふと、ランスロットの脳裏をよぎった思いが全ての始まりだった。確かな筋から手に入れた情報をもとに襲撃した船は、宇宙パトロールの護送船で、船倉には手錠をかけられた女が一人、おまけに彼女・フラワーの罪状は濡れ衣だというのだ。できすぎの展開に不吉な予感を覚えながらも、女のために探偵役を引き受けたランスロット。一方、銀河連邦警察ではランスロットに復讐の念を燃やすローゼンクロイツが、起死回生のチャンスを与えられていた。そして案の定、調査は思いもかけないところへ辿り着いた…。男達の熱い想いが駆け抜ける痛快アクション。
 SFスペースオペラ、「海賊ランスロット・華麗なる冒険」シリーズ第2弾!

●伊東麻紀(いとう・まき)
茨城県生まれ。お茶の水女子大学理学部化学科中退。大学時代はSF研究会に所属。『宝剣物語』シリーズ、『エストレリャ国異聞』シリーズ(ともに大陸書房)、『〈反逆〉号ログノート』シリーズ(角川書店)、『特殊工作員アンジェラ』シリーズ(朝日ソノラマ)などの著書がある。

センチュリオン急襲作戦

amazon Kindle

『センチュリオン急襲作戦』

陰山琢磨・著、弘司・イラスト

近未来の大阪を舞台に試作歩兵ロボットと自衛隊が死闘を繰り広げる!

 大阪の零細コンピューターゲームメーカー「シムウェスト」に突如、大仕事が転がり込んできた。それは人型ロボット兵器・センチュリオンを使ったアクションゲームの開発である。もともと戦闘シミュレーションゲームには定評のあったシムウェスト側は、自分たちを評価してくれてのオファーだろうと、特に疑問も抱かずに仕事を引き受けるのだが…。近未来SF軍事サスペンス。

●陰山琢磨(かげやま・たくま)
1963年兵庫県生まれ。3歳のおり自衛隊の基地祭で、通りすがりの61式戦車と見つめあってしまい、初恋に落ちる。高校生の時、学祭のアンケートに「自分に似ていると思う芸能人は?」と書いてあり「ジオン軍のモビルスーツ」と答えたら、女子に変な目で見られるようになった。その後、軍事マニア(専門はAFV)を経て、1997年に『大反撃一式砲戦車隊』(飛天出版)でデビュー。架空戦記、SF小説など著書多数。

星々の声

amazon Kindle

『星々の声』

川又千秋・著

地球に不時着した宇宙船に乗っていた生物と意思疎通するためには?

 モスクワに激突することが予想された外宇宙からの謎の高速物体α。ソ連はただちに撃墜したが、その瞬間、αから光が飛び出し、地球に降下していった。落下地点はオーストラリアと推定された。その頃、高校生の海野敏明を乗せたシドニー行771便が成田を出立、真夜中、青白い光を放つ火の玉に遭遇した。騒動の中で彼は一人の美少女と知り合うが、彼らの行く手に待っていたのは、奇っ怪な事件の連続だった…。SFジュヴナイル小説の傑作。

●川又千秋(かわまた・ちあき)
1948年、北海道小樽市生まれ。作家、評論家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代よりファン活動を始め、SF専門誌で評論を発表。『火星人先史』で第12回星雲賞を、『幻詩狩り』で第5回日本SF大賞を受賞。他に『ラバウル烈風空戦録』シリーズ(中央公論社)、『火星の白蛇伝説』(中央公論新社)、『翼に日の丸』(角川書店)など著書多数。

夢都物語

amazon Kindle

『夢都物語』

川又千秋・著

時空を超え、九つの古都をさすらう旅物語の結末は…

「タブロウからの連絡を待て」指示はそれだけだった。タブロウからの連絡を待つ……それが、わたしに課せられた使命だった。しかし何か、もっとも重要なことを、わたしは思い出せずにいるか、教えられていないに違いなかった。そして恐らくは、それを見つけるために……わたしは、こうして旅を続けねばならないのだった。
 上海、イスタンブール、レニングラード、パリ、東京など、古い歴史を持つ都市を舞台に、夢幻の物語が展開する。

●川又千秋(かわまた・ちあき)
1948年、北海道小樽市生まれ。作家、評論家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代よりファン活動を始め、SF専門誌で評論を発表。『火星人先史』で第12回星雲賞を、『幻詩狩り』で第5回日本SF大賞を受賞。他に『ラバウル烈風空戦録』シリーズ(中央公論社)、『火星の白蛇伝説』(中央公論新社)、『翼に日の丸』(角川書店)など著書多数。

夢幻惑星

amazon Kindle

『夢幻惑星』

川又千秋・著

擬態力を持つ“異体”による地球の侵食が始まった! 人類は滅亡を待つしかないのか!?

 異体……AB(alien-being)呼ばれる未知の存在が、地球各所にとりつき増殖を始めたのは、三年前のことだった。当初、ひとつの“領域”は、直径三十メートルに満たないものであったが、今では世界三百二十余個所で増殖をつづけ、次第に人間は生存圏を奪われはじめていた。地球防衛軍少尉である矢島英夫は、領域から繰り出され、一瞬で人間世界のあらゆるものの姿を真似て変身する不定形体“擬体(モドキ)”との戦闘中、追いつめられて、領域の中へと足を踏み入れた。そこで彼を待っていたものは…? 長篇SFサスペンス。

●川又千秋(かわまた・ちあき)
1948年、北海道小樽市生まれ。作家、評論家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代よりファン活動を始め、SF専門誌で評論を発表。『火星人先史』で第12回星雲賞を、『幻詩狩り』で第5回日本SF大賞を受賞。他に『ラバウル烈風空戦録』シリーズ(中央公論社)、『火星の白蛇伝説』(中央公論新社)、『翼に日の丸』(角川書店)など著書多数。

水夢 swim

amazon Kindle

『水夢 swim』

川又千秋・著

「見ろよ、豚が空飛んでらあ」ピンクの子豚が耳をパタパタさせながらお濠の上を渡っていく…

 ぼく、もう、それに気がついちゃったんだもん。だれかが、どこかから、ぼくを、デンパでソージューしてるんだ。ううん、ぼくだけじゃないよ。とうさんも、かあさんも、それに、せんせいだって、みーんな、ほんとはロボットなんだから……。(「ぼくはロボット」より)
 SF、幻想、コメディなど、日常から非日常へうつろう不可思議な印象を残すショートストーリー11篇を収録。

*ぼくはロボット
*大王を待ちながら
*路傍の罠
*地球空洞説
*水夢 〜swim〜
*アインシュタイン保護区の密猟者
*豚が翔んでいる
*地獄塾
*来たれ、超人類!
*企業戦士クレディター
*不思議もものき探検隊

●川又千秋(かわまた・ちあき)
1948年、北海道小樽市生まれ。作家、評論家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代よりファン活動を始め、SF専門誌で評論を発表。『火星人先史』で第12回星雲賞を、『幻詩狩り』で第5回日本SF大賞を受賞。他に『ラバウル烈風空戦録』シリーズ(中央公論社)、『火星の白蛇伝説』(中央公論新社)、『翼に日の丸』(角川書店)など著書多数。

電脳のイヴ

amazon Kindle

『電脳のイヴ』

町井登志夫・著、鯱子・イラスト

親友が自殺した原因は、バーチャルリアルゲームの中に隠されている!?

 世界規模で人気があるロール・プレイング・ゲーム「オリオン・クエスト」。ワープ・ギアと呼ばれる精巧なヘルメットをかぶることによって、インターネット上の電脳空間に参加する。麗子はそのゲームに夢中になっているのだが、そこで知り合った“エヴェリン”が、現実世界で自殺を遂げたことを知る。彼女を追い詰めたものは何なのか? このゲームのどこかに、彼女の死の謎が隠されているかもしれない。麗子は、もう一人の友だち“ジェニー”と共に、隠されたステージへダイブした!
 第3回ホワイトハート大賞「エンタテインメント小説部門」最優秀賞。

●町井登志夫(まちい・としお)
作家。1964年生。日本SF作家クラブ会員。1997年、『電脳のイヴ』で第3回ホワイトハート大賞〈最優秀賞〉を受賞し、デビュー。2001年に『今池電波聖ゴミマリア』で第2回小松左京賞を受賞。他の作品に『爆撃聖徳太子』『諸葛孔明対卑弥呼』『倭国本土決戦』などがある。最新作は『改革者蘇我入鹿』。

今池電波聖ゴミマリア

amazon Kindle

『今池電波聖ゴミマリア』

町井登志夫・著

財政破綻と少子高齢化が行き着く先には何が待っている…? 近未来ディストピアSF・バイオレンス小説

 都市のゴミ集積場が機能しなくなってもう長い年月がたつ。家から一歩外に出ればもう街はあちこちが不法投棄のゴミだらけ。老人は放り出して死なせる。若いやつらは奪い合って人殺しまで横行。生まれてくるべき子供はどんどん中絶し解体し売られる。こんな街に住みたくない。こんなのが人間なら、人間でいたくない…。西暦2025年。日本中部の200万都市の一角・今池。暴力と無秩序が支配する世界で、17歳の森本聖畝は、絶望していた。
 彼はある日“仕事”のため、JCDと呼ばれるサイバー・ディーラーの家に忍び込んだ。JCDは日本において唯一、国から手厚く保護されているエリートたちだ。そして、暗号化された一枚のディスクを手に入れたが…。第2回小松左京賞受賞作品。

●町井登志夫(まちい・としお)
作家。1964年生。日本SF作家クラブ会員。1997年、『電脳のイヴ』で第3回ホワイトハート大賞〈最優秀賞〉を受賞し、デビュー。2001年に『今池電波聖ゴミマリア』で第2回小松左京賞を受賞。他の作品に『爆撃聖徳太子』『諸葛孔明対卑弥呼』『倭国本土決戦』などがある。最新作は『改革者蘇我入鹿』。

血液魚雷m

amazon Kindle

『血液魚雷』

町井登志夫・著

謎の寄生虫を追って、特殊なゴーグルを着けて血管内を探索する医師……人体宇宙で繰り広げられる死闘の結末は!?

 放射線科医・石原祥子のもとに搬送されてきた心筋梗塞の患者は、かつての恋人・羽根田医師の妻、緑だった。だが、冠動脈に詰まった血栓の除去手術中、透視画像に映り込んだのは、血流に逆行して移動する不気味な影。羽根田医師の強硬な主張により、その正体を解明すべく試験稼働中の“アシモフ”が投入されることになった。それは、挿入したカテーテルからナノ単位のビームを照射し、血管内をリアルタイムに撮影する世界初の装置だった。“アシモフ”のゴーグルを装着し、血管内世界を体感していく祥子。やがて彼女の眼前に現われたのは、ミサイルのごとき形状とプロペラのような鞭毛を備えた謎の物体であった…。
 人体という異世界を舞台に、極小存在と人類との息詰まる攻防戦を描いた、現代版『ミクロの決死圏』。

●町井登志夫(まちい・としお)
作家。1964年生。日本SF作家クラブ会員。1997年、『電脳のイヴ』で第3回ホワイトハート大賞〈最優秀賞〉を受賞し、デビュー。2001年に『今池電波聖ゴミマリア』で第2回小松左京賞を受賞。他の作品に『爆撃聖徳太子』『諸葛孔明対卑弥呼』『倭国本土決戦』などがある。最新作は『改革者蘇我入鹿』。

電波次元の巫女

amazon Kindle

『電波次元の巫女』

町井登志夫・著

一億総スマホユーザー社会となった日本……目に見えない電波世界で蠢く脅威とは!?

 大平淳一は地味で平凡、クラスの中でもまったく目立たない高校生。念願のスマートフォンを手に入れたものの、友達がいないので誰からの着信もない。それどころか、彼のスマホにだけ異変が起き始めた。原因がわからず混乱していると、芸能界でも活躍する学校一の美少女・純夏(みか)が声をかけてきた。彼女に半ば強引につれられてやってきたのは特殊な病院。ベッドの上には、事故で寝たきり状態となり、生命維持装置や様々な電子機器に繋がれた一人の少女・深秋(みあ)。彼女は警告した。「あなたのスマートフォンの中に“何か”がいます」そして彼女こそ、世界を覆う“異変”に気づいた最初の人間だった…。
 スマートフォンと人類の因果関係を描いた長篇SFサスペンス。電子オリジナル作品。

●町井登志夫(まちい・としお)
作家。1964年生。日本SF作家クラブ会員。1997年、『電脳のイヴ』で第3回ホワイトハート大賞〈最優秀賞〉を受賞し、デビュー。2001年に『今池電波聖ゴミマリア』で第2回小松左京賞を受賞。他の作品に『爆撃聖徳太子』『諸葛孔明対卑弥呼』『倭国本土決戦』などがある。最新作は『改革者蘇我入鹿』。

Copyright c ADRENALIZE All Rights reserved.