• 2021/12/7
  •  新津きよみ先生のホラーサスペンス長篇3作品が電子で復刊しました!
    『囚われて桜子』は、幼少期に誘拐犯に連れ去られ、知らない家で1年間育てられた過去のある女性が主人公。ある日、インターネット上で過去の誘拐事件が話題になったことを知り、自身でも朧げだった記憶を確かめるため、関係者にあたって真実を探ろうとしますが……。
    『ひとおもいに夏子』は“絶対に再会したくなかった男”に偶然出会ってしまったことが始まる恐怖を描いたお話。主人公の女性が殺したいほど憎んでいたその男は、ある日、殺人事件の被害者となってしまいます。誰が代わりに殺してくれたのか。そして突然、「あなたの分身」を名乗るメールが届いて……。
    『生まれいづる双葉』は恋人の紹介を機に「あなたは非配偶者間人工授精で生まれた子なの」と母から聞かされた女性が主人公。ショックを受け、生物学上の父親を探しはじめた彼女は“自分とそっくりな顔の子”の存在に気づきます。そしてそっくりであるがゆえに様々な人間関係に巻き込まれていき……。
     新津先生が『生まれいづる双葉』のあとがきに記されていますが、この3作品に共通するキーワードは「分身」、「もう一人のわたし」なんですね。ストーリー的には関連はないものの、通底したテーマを持つこの3作品、ぜひまとめて読了して欲しいです〜♪

新刊案内

囚われて桜子

amazon Kindle

NEW『囚われて桜子』

新津きよみ・著

記憶にはない二歳から三歳にかけて、確実に「桜子」と呼ばれていた一時期があった

 岸本珠美には、暗い過去があった。二歳の時に誘拐され、約一年後に無事保護されたのだ。その間、「桜子」という名前で犯人に大切に育てられていたらしい。結局犯人は捕まらずじまいだった。それから二十七年、ネイリストとして働いている珠美は、インターネットの〈昔の事件を掘り起こそう〉という掲示板に自分の名前が登場していることを発見する。そして再び“桜子”がゆっくり動き出す……。ホラーサスペンス長篇。

●新津きよみ(にいつ・きよみ)
1957年、長野県生まれ。青山学院大学卒。旅行会社、商社のOLを経て、88年に作家デビュー。『妻の罪状』(実業之日本社文庫)、『ただいまつもとの事件簿』(光文社文庫)、『二年半待て』(2018年徳間文庫大賞受賞作)など著書多数。『正当防衛』『匿名容疑者』『生死不明』『トライアングル』はテレビドラマ化、『ふたたびの加奈子』は『桜、ふたたびの加奈子』として映画化された。

ひとおもいに夏子

amazon Kindle

NEW『ひとおもいに夏子』

新津きよみ・著

わたしはとても孤独なのです……あなたのために人を殺して、逃げているのですから

 ひとおもいに、ひとおもいに、夏子、あの男を殺してしまいなさい……。翻訳家の笠木夏子は、少女時代の家庭教師・金子敏弘に偶然、再会する。金子は夏子に巧妙に近づいてきたが、一方の夏子は金子を殺したいほど憎んでいた。そんなある日、彼は何者かに殺されてしまう。金子敏弘に対する殺意は、誰にも気づかれなかったと信じていた。だが、そんな夏子のところに〈もう一人のあなたであなたの分身の冬子〉と名乗るメールが届くようになる……。ホラーサスペンス長篇。

●新津きよみ(にいつ・きよみ)
1957年、長野県生まれ。青山学院大学卒。旅行会社、商社のOLを経て、88年に作家デビュー。『妻の罪状』(実業之日本社文庫)、『ただいまつもとの事件簿』(光文社文庫)、『二年半待て』(2018年徳間文庫大賞受賞作)など著書多数。『正当防衛』『匿名容疑者』『生死不明』『トライアングル』はテレビドラマ化、『ふたたびの加奈子』は『桜、ふたたびの加奈子』として映画化された。

生まれいづる双葉

amazon Kindle

NEW『生まれいづる双葉』

新津きよみ・著

わたしたちは似ている……顔だけではない、境遇も似通っている

 水島双葉は、医者である恋人・岡崎駿平を家に連れてきた夜、衝撃的な告白を母からされた。「あなたは非配偶者間人工授精で生まれた子なの」精子提供者は、当時の医学生。母親は岡崎の父親がK大学の医学部出身と知り、心配になったらしい。生物学上の父親を探しはじめた双葉は、〈自分とそっくりな顔の子〉の存在に気づく。その女を捜し始める双葉だが、次第に愛憎うずまく恐るべき事件に巻き込まれていく……。ホラーサスペンス長篇。

●新津きよみ(にいつ・きよみ)
1957年、長野県生まれ。青山学院大学卒。旅行会社、商社のOLを経て、88年に作家デビュー。『妻の罪状』(実業之日本社文庫)、『ただいまつもとの事件簿』(光文社文庫)、『二年半待て』(2018年徳間文庫大賞受賞作)など著書多数。『正当防衛』『匿名容疑者』『生死不明』『トライアングル』はテレビドラマ化、『ふたたびの加奈子』は『桜、ふたたびの加奈子』として映画化された。

Copyright c ADRENALIZE All Rights reserved.