• 2020/1/24
  • 『漆黒の独立航空隊』1〜6巻
     菅谷充先生の現代架空戦記、『漆黒の独立航空隊』全6巻が電子で復刊しました! ノベルス版では『漆黒の独立航空隊』1〜3巻、その後続編として『米本土焦土戦線』1〜3巻が刊行されましたが、今回の電子版ではシリーズを統一しての発売となります。航空自衛隊パイロット、竜崎光一郎が主人公。ロシア守旧派の圧政に苦しみ、独立した「極東共和国」を救援するため組織された独立義勇軍の一員となります。搭乗するのは最新鋭戦闘機“北斗”。法的には民間団体という立場ですが、実質上、日本の自衛隊とロシア軍のガチンコ戦闘が繰り広げられます。ロシアで激戦を展開する1〜3巻が第一部でして、4〜6巻の第二部はアメリカが舞台に。軍事クーデターが起きて、第二次南北戦争ともいうべき内戦状態に陥ります。再度組織された独立義勇軍。竜崎光一郎はまたもや“北斗”に乗り込み、白人至上主義を掲げる南部アメリカ新政権に立ち向かいます。今回の電子化に伴い、大幅に加筆修正されたこの『漆黒の独立航空隊』シリーズ、青井邦夫さんのイラストも全て収録しての配信です。手に汗握る戦闘機ドッグファイト! おすすめの作品です。この機会に是非読んでみてください〜。

    『スプラッタ・ボーイ 殺戮の天使・真理夜』『フォーリンソルジャー アンドロギュヌスの風』
     由麻角高介先生の官能アクション小説、2タイトル同時に配信されました! えっちシーンもバッチリなのに加えて、ハリウッド映画のようなド派手な銃撃シーン、アクションに次ぐアクション!が人気の由麻角先生らしい作品です。なお、『スプラッタ・ボーイ』の方は、当時の設定資料が大量に発掘されましたので、巻末に収録してあります。かなりのボリュームなので、新たに執筆された「電子版あとがき」と共に、ファンなら必読の内容だと思われます。この機会に是非!読んでみてください〜。(ただし官能ジャンルなので18禁です)

    『色魔』
     友成純一先生の新作、な〜んと電子オリジナル作品として発売されました! しかも内容が、あの超ド変態エログロ小説で有名な『ストーカーズ』とタメを張れるぐらいの、超ド変態エログロとなっております。いやー、さすが友成先生、こっちがビビるくらいの直球、超ド変態エログロ作品です。出世コースに乗った企業戦士である男が主人公のお話なんですが、まぁコイツがむっつりスケベの性犯罪者でして、とにかく根性が悪い。ところが以前から目を付けていた美女に狂ってしまい、どんどん人生を駄目にしていきます。彼の転落劇を描いた作品なのですね。なお、『ストーカーズ』よりも官能シーン増し増しの内容ため、18禁商品とさせていただきました。未成年の方、申し訳ありません。オトナになるまでは本作のような超ド変態エログロ小説はご遠慮くださいませ。あっ、そうそう、今回もがっつりと長〜い「電子版あとがき」が収録されていますよ〜。

    『風の山左』『おんな風水師 乱れ色方陣』『御膳役一条惣太郎探索控(1) 鬼平殺し』『御膳役一条惣太郎探索控(2) 写楽仕置帳』
     えとう乱星先生の時代小説、4タイトル同時に電子で復刊になりました! 緊張みなぎる剣戟シーンが連続する忍者モノの『風の山左』。風魔忍者がルーツの“風の者”、松平定信配下の彼らは表の稼業を飛脚として全国を走り回っていますが、重要な書簡を運ぶ密偵でもあった!……というこの設定だけでワクワクしますね。ラストシーンは感動的です。妖術や化け物が大暴れする伝奇モノの『おんな風水師 乱れ色方陣』。イケメン剣士・乾蓬莱之亮と、謎の美少女風水師おねむ(いつも居眠りしているナルコレプシー設定のキャラ!笑)の組み合わせで、江戸に迫る物の怪どもに立ち向かいます。前半繰り広げられる「尚義組」の死闘も見所です。流れの料理人となって殺人事件を捜査する推理モノの『御膳役一条惣太郎探索控』1〜2巻。「鬼平犯科帳」の火付盗賊改方長官・長谷川平蔵が何者かに殺害され、彼に恩義を感じていた流れの料理人・惣太が犯人を暴きます(この惣太の正体は、物語の中で追々明かされていきます)。2巻目では、十返舎一九など同時代に生きた文化人たち共に「写楽」という盗賊一味の謎を捜索します。ちなみに本筋には関係ないですが、主人公が腕利きの料理人ということもあって、作中、料理シーンが多く出てきます。どれも美味しそうで、読んでいるうちにお腹が空いてきてしまいます……。ぐー。2年前に急逝されたえとう乱星先生、未電子化の傑作・名作はまだまだあります。現在鋭意制作中ですので、時代小説ファンは楽しみにお待ちください〜。

新刊案内

漆黒の独立航空隊(1)

amazon Kindle

NEW『漆黒の独立航空隊(1)』

菅谷 充・著、青井邦夫・イラスト

ロシアから独立した極東共和国を援護するため、日本から新型戦闘機「北斗」が派遣された!

 2010年5月、ロシアの極東地域に所属していた地方自治体が、「極東共和国」としてロシア連邦からの独立を宣言し、それを認めぬロシア連邦との間で独立戦争を開始した。ロシア軍の強力な攻撃にさらされる極東共和国。日本は、極東共和国を支援するため、航空自衛隊のエース・パイロットを集め、急遽「独立航空義勇軍・天狼(シリウス)」を組織した。そして、彼らが搭乗するのは、黒い電磁波吸収塗料に全身を包んだステルスタイプのジェット戦闘機「北斗」。北の大空でロシア空軍機との格闘戦が始まる……!
 独立航空義勇軍・天狼部隊の活躍を描いた現代戦争シミュレーション、第1弾。

●菅谷 充(すがや・みつる)
1950年静岡県富士市生まれ。1971年『仮面ライダー』(原作・石ノ森章太郎)でマンガ家デビュー。代表作に第28回小学館漫画賞受賞作となった『ゲームセンターあらし』『こんにちはマイコン』など。1985年からパソコン通信を始め、87年よりNIFTY-Serveでモータースポーツ情報を発信するオートレーシング・フォーラムを主宰し、2004年には第1回モータースポーツ大賞を受賞。1996〜2008年まで、米国のインディカーシリーズとインディ500のテレビ解説も担当した。1994年、菅谷充名義で小説の執筆活動を開始し、『漆黒の独立航空隊』(有楽出版社)で小説家デビュー。以後、モータースポーツ小説、架空戦記小説を中心に60作以上を発表。2011年、60歳で早稲田大学大学院人間科学研究科修士課程を修了し、2013年より京都精華大学マンガ学部教授。

漆黒の独立航空隊(2)

amazon Kindle

NEW『漆黒の独立航空隊(2)』

菅谷 充・著、青井邦夫・イラスト

漆黒にぬられた六機の北斗はレーダー基地を殲滅する大功をたてたが、その前途に緊急事態が迫る!

 独立航空義勇軍に新たな極秘指令が下された。最新鋭ステルス戦闘機「北斗」を擁する天狼(シリウス)部隊の活躍によって、ロシア連邦から独立した極東共和国だが、カムチャツカ州は依然ロシア連邦に属していた。そこで“背後の脅威”を除くため、天狼部隊にカムチャツカ攻撃指令が下されたのだ。それは州の山岳地帯に設けられたレーダー基地の殲滅だった。サハリンにあるユジノサハリンスク基地から六機の北斗が、霧のオホーツク上空を東へ向けて飛び立った。しかし狡猾なロシア軍の罠は地上からも忍び寄っていた……。
 独立航空義勇軍・天狼部隊の活躍を描いた現代戦争シミュレーション、第2弾。

●菅谷 充(すがや・みつる)
1950年静岡県富士市生まれ。1971年『仮面ライダー』(原作・石ノ森章太郎)でマンガ家デビュー。代表作に第28回小学館漫画賞受賞作となった『ゲームセンターあらし』『こんにちはマイコン』など。1985年からパソコン通信を始め、87年よりNIFTY-Serveでモータースポーツ情報を発信するオートレーシング・フォーラムを主宰し、2004年には第1回モータースポーツ大賞を受賞。1996〜2008年まで、米国のインディカーシリーズとインディ500のテレビ解説も担当した。1994年、菅谷充名義で小説の執筆活動を開始し、『漆黒の独立航空隊』(有楽出版社)で小説家デビュー。以後、モータースポーツ小説、架空戦記小説を中心に60作以上を発表。2011年、60歳で早稲田大学大学院人間科学研究科修士課程を修了し、2013年より京都精華大学マンガ学部教授。

漆黒の独立航空隊(3)

amazon Kindle

NEW『漆黒の独立航空隊(3)』

菅谷 充・著、青井邦夫・イラスト

極東共和国に核の危機が迫るなか、ロシアの秘密核都市「トムスク7」への攻撃命令が下った!

 独立航空義勇軍・天狼(シリウス)部隊の活躍により、原子力発電所への攻撃は未然に防がれた。この許容しがたい暴挙に出たロシア連邦に対して、ついに国連が多国籍軍の出動を承認。日米両軍が極東地域に上陸を敢行することになった。天狼部隊も米軍の協力で給油体制を整え、ロシア内陸部への出撃を開始する。追いつめられたロシアのミヤリノフ大統領は、ついに戦術核ミサイルの使用を命令した……!
 独立航空義勇軍・天狼部隊の活躍を描いた現代戦争シミュレーション、第3弾。第一部の完結篇。

●菅谷 充(すがや・みつる)
1950年静岡県富士市生まれ。1971年『仮面ライダー』(原作・石ノ森章太郎)でマンガ家デビュー。代表作に第28回小学館漫画賞受賞作となった『ゲームセンターあらし』『こんにちはマイコン』など。1985年からパソコン通信を始め、87年よりNIFTY-Serveでモータースポーツ情報を発信するオートレーシング・フォーラムを主宰し、2004年には第1回モータースポーツ大賞を受賞。1996〜2008年まで、米国のインディカーシリーズとインディ500のテレビ解説も担当した。1994年、菅谷充名義で小説の執筆活動を開始し、『漆黒の独立航空隊』(有楽出版社)で小説家デビュー。以後、モータースポーツ小説、架空戦記小説を中心に60作以上を発表。2011年、60歳で早稲田大学大学院人間科学研究科修士課程を修了し、2013年より京都精華大学マンガ学部教授。

漆黒の独立航空隊(4)

amazon Kindle

NEW『漆黒の独立航空隊(4)』

菅谷 充・著、青井邦夫・イラスト

復活した天狼(シリウス)部隊、南北の分裂したアメリカ内戦に参戦!

 2015年10月24日、米国南部の14州が一方的に独立を宣言。南部連合軍はただちに北と西に向けて進撃を開始し、ここに第二次南北戦争の火蓋が切って落とされた。保守的な白人政権を目指す南部聯合には軍の大半が参加しており、現政権=北軍は苦戦を強いられることは必至であった。その北軍を支援するため、超新鋭戦闘機「北斗」による“天狼(シリウス)部隊”が再結成されることになった。北斗に搭乗した竜崎達四名は、空母デイトナと共にアメリカ本土へ向けて出撃する!
 独立航空義勇軍・天狼部隊の活躍を描いた現代戦争シミュレーション、第4弾。(『米本土焦土戦線1 漆黒の独立航空隊戦記』を改題)

●菅谷 充(すがや・みつる)
1950年静岡県富士市生まれ。1971年『仮面ライダー』(原作・石ノ森章太郎)でマンガ家デビュー。代表作に第28回小学館漫画賞受賞作となった『ゲームセンターあらし』『こんにちはマイコン』など。1985年からパソコン通信を始め、87年よりNIFTY-Serveでモータースポーツ情報を発信するオートレーシング・フォーラムを主宰し、2004年には第1回モータースポーツ大賞を受賞。1996〜2008年まで、米国のインディカーシリーズとインディ500のテレビ解説も担当した。1994年、菅谷充名義で小説の執筆活動を開始し、『漆黒の独立航空隊』(有楽出版社)で小説家デビュー。以後、モータースポーツ小説、架空戦記小説を中心に60作以上を発表。2011年、60歳で早稲田大学大学院人間科学研究科修士課程を修了し、2013年より京都精華大学マンガ学部教授。

漆黒の独立航空隊(5)

amazon Kindle

NEW『漆黒の独立航空隊(5)』

菅谷 充・著、青井邦夫・イラスト

北斗に敵増援部隊攻撃の指令が下った! サンフランシスコ奪回なるか!?

 軍事力で圧倒的優位に立つ南部連合軍は、北部政権の臨時首都・ニューヨークに迫っていた。白人王国を目指す南部連合は、占領地域全域で“非白人”に対する弾圧を強め、彼らを収容所へ送り始める。一方、膠着状態の続く北カリフォルニアでは、南部連合軍に占領されたサンフランシスコ奪回のため、北部側の大規模な上陸作戦が敢行されようとしていた。しかし南部側もこの情報を察知、増援部隊の派遣を始めた。北斗は敵増援部隊を阻止するため出撃するが……。
 独立航空義勇軍・天狼部隊の活躍を描いた現代戦争シミュレーション、第5弾。(『米本土焦土戦線2 漆黒の独立航空隊戦記』を改題)

●菅谷 充(すがや・みつる)
1950年静岡県富士市生まれ。1971年『仮面ライダー』(原作・石ノ森章太郎)でマンガ家デビュー。代表作に第28回小学館漫画賞受賞作となった『ゲームセンターあらし』『こんにちはマイコン』など。1985年からパソコン通信を始め、87年よりNIFTY-Serveでモータースポーツ情報を発信するオートレーシング・フォーラムを主宰し、2004年には第1回モータースポーツ大賞を受賞。1996〜2008年まで、米国のインディカーシリーズとインディ500のテレビ解説も担当した。1994年、菅谷充名義で小説の執筆活動を開始し、『漆黒の独立航空隊』(有楽出版社)で小説家デビュー。以後、モータースポーツ小説、架空戦記小説を中心に60作以上を発表。2011年、60歳で早稲田大学大学院人間科学研究科修士課程を修了し、2013年より京都精華大学マンガ学部教授。

漆黒の独立航空隊(6)

amazon Kindle

NEW『漆黒の独立航空隊(6)』

菅谷 充・著、青井邦夫・イラスト

国際的に孤立した南部は最後の手段として“焦土作戦”を発令! 北斗全機、ニューヨークの決戦場へ!

 サンフランシスコを奪回した北部政権軍は、さらに要衝の地・カタリナ島を制圧、一挙にロサンゼルスへの侵攻を企る。しかし南部連合軍は、ロス市民を人質にとり、彼らを人間の盾としてロスの街にバリケードを築き、対抗する。西部戦線は膠着状態に陥り、消耗戦の様相を呈してくる。そんな中、天狼(シリウス)部隊の竜崎が撮影した“人間の盾”の映像が国際的非難を呼び、追いつめられた南部連合国臨時大統領・ダニエルは遂に“北米焦土作戦”の決行を発令する!
 独立航空義勇軍・天狼部隊の活躍を描いた現代戦争シミュレーション、第6弾。シリーズ完結篇。(『米本土焦土戦線3 漆黒の独立航空隊戦記』を改題)

●菅谷 充(すがや・みつる)
1950年静岡県富士市生まれ。1971年『仮面ライダー』(原作・石ノ森章太郎)でマンガ家デビュー。代表作に第28回小学館漫画賞受賞作となった『ゲームセンターあらし』『こんにちはマイコン』など。1985年からパソコン通信を始め、87年よりNIFTY-Serveでモータースポーツ情報を発信するオートレーシング・フォーラムを主宰し、2004年には第1回モータースポーツ大賞を受賞。1996〜2008年まで、米国のインディカーシリーズとインディ500のテレビ解説も担当した。1994年、菅谷充名義で小説の執筆活動を開始し、『漆黒の独立航空隊』(有楽出版社)で小説家デビュー。以後、モータースポーツ小説、架空戦記小説を中心に60作以上を発表。2011年、60歳で早稲田大学大学院人間科学研究科修士課程を修了し、2013年より京都精華大学マンガ学部教授。

スプラッタ・ボーイ 殺戮の天使・真理夜

amazon Kindle

NEW『スプラッタ・ボーイ 殺戮の天使・真理夜』

由麻角高介・著、矢凪まさし・イラスト

復讐に燃える両性具有=アンドロギュヌスの美少年が、妖気漂う宗教団体に立ち向かう!

 良家子女の通う女子校で生徒会長を務める美少女・瑠璃。彼女は身も心も捧げる養父・四馬樹一郎の元で暗殺者集団の長として育った。その養父の命令で宗教団体・残眼教の本部を襲うが、逆に窮地に陥る。その危機を救ったのは、真理夜(まりや)と名乗る両性具有の少年だった!?
 エロス&バイオレンスを極めた官能アクション小説。電子版あとがき、設定資料を追加収録。

●由麻角高介(ゆまずみ・こうすけ)
1970年生まれ。中笈木六との共同執筆で『スプラッタ・ボーイ』でデビュー。以後、中笈と組んで活躍、ということになっている。

フォーリンソルジャー アンドロギュヌスの風

amazon Kindle

NEW『フォーリンソルジャー アンドロギュヌスの風』

由麻角高介・著、さあぺんと・イラスト

同じふたなりである舞夜と静那……その奇妙な出会いは残酷で淫靡な運命の始まりだった!

 異次元で数々の犯罪を犯してきたラア・ザインと、彼女を追跡する次元捜査官・舞夜との間におこなわれた激しい戦闘の結果、舞夜の装着していた大型装甲服とともに地球へと落下する。戦いに熱く火照った自身の身体を慰める舞夜を偶然発見してしまった地球のふたなり少女・静那に対し、舞夜は自分の存在をその記憶から消すべく、静那を襲い、そのペニスを犯す。しかし、静那と舞夜、同じふたなりである二人の奇妙な出会いは、これから起こる残酷で淫靡な運命の予兆でしかなかった。ラアの犯罪に巻き込まれた静那は、謎の老人に二つの性を弄ばれるのみならず、そのペニスを改造され、牝奴隷や軍用犬にまで陵辱されていく。そしてそれを追う舞夜もラアとその部下達に……。
 エロス&バイオレンスを極めた官能アクション小説。電子版あとがきを追加収録。

●由麻角高介(ゆまずみ・こうすけ)
1970年生まれ。中笈木六との共同執筆で『スプラッタ・ボーイ』でデビュー。以後、中笈と組んで活躍、ということになっている。

色魔

amazon Kindle

NEW『色魔』

友成純一・著

良い声で啼いてくれるじゃないか……もっともっと、啼かしてやる

 中堅商社で係長として働く藤井行雄は、三十歳、独身。ひたすら真面目で、出世コースに乗った企業戦士だと見られていた。だがその実態は、満員電車の中で痴漢を働き、夜な夜な街を徘徊して下着泥棒を繰り返す、正真正銘の変態である。彼の夢は、同じ会社で働く同僚であり部下でもある美女・秋山恵美を徹底的にいたぶり、虐め抜いて犯すことだ。ある日、藤井は変態趣味のタガが外れて、殺人を犯してしまう。警察の目を潜り抜けた彼は、やがて鬼畜の本性を徐々に現してゆく……。
 人間の欲望と醜さを極限まで描いた官能バイオレンス・サスペンス。完全未発表の電子オリジナル作品。「電子版あとがき」を追加収録。

●友成純一(ともなり・じゅんいち)
1954年福岡生まれ。1976年、早稲田大学在学中に「透明人間の定理リラダンについて」が幻影城新人評論部門に入選。映画評などでも活躍したのち、1985年「肉の儀式」で小説家デビュー。官能的でバイオレントな作風が注目を浴びる。以後、スプラッター小説のパイオニアとしてだけでなく、SF、ホラー、怪獣小説などでも鬼才ぶりを発揮し、多くの著作を発表。またロンドン関連の著書も多い。現在はバリ島在住。

風の山左

amazon Kindle

NEW『風の山左』

えとう乱星・著

表向きの役目を飛脚として活動する“風の者”……その真の姿は忍び集団・風魔であった!

 老中・松平定信の密命を帯びて、山左と十二人の風の者が街道を疾る。立ちはだかるは、伊賀忍びの一橋臥煙衆(ひとつばしがえんしゅう)と、謎の忍者集団・忍部衆(おしべしゅう)。陰なる力を自在に操る幻術忍法と、くノ一の妖しいまでの策謀が、山左たちの運命を翻弄する。新忍法を編み出し対抗する山左たちに命脈はあるのか!? 苛烈な権力闘争の尖兵として、儚き忠義心と自負心の狭間に生きる忍者の興亡を、斬新に描く。伝奇時代小説。

●えとう乱星(えとう・らんせい)
1949年、熊本県生まれ。慶応大学中退後、同人誌を主催。1989年に「中風越後」で小説CLUB新人賞佳作入選。1990年、『蛍丸伝奇』を発表、作家生活に入る。『奥義・殺人剣』(光文社)、『裏小路しぐれ傘』(学研)、『用心棒・新免小次郎』シリーズなど著書多数。

おんな風水師 乱れ色方陣

amazon Kindle

NEW『おんな風水師 乱れ色方陣』

えとう乱星・著

風水と陰陽の力を得て、江戸を席捲する物の怪に謎の美少女が挑む

 江戸市中に奇矯な行動をとる女たちが増えた。しかも、次々とその股間から子蜘蛛を産み落とすのだ。旗本子弟からなる尚義組と、美剣士・乾蓬莱之亮(いぬいほうらいのすけ)は、女を襲う蜘蛛の仕業と看破。童女のような謎の少女・おねむと共に、理性を失った民と戦うが、その背後には恐ろしき物の怪の策謀があった。艶然たる風水師と化し戦うおねむも、ついにその罠に落ち、自失状態に陥る……。伝奇時代小説。

●えとう乱星(えとう・らんせい)
1949年、熊本県生まれ。慶応大学中退後、同人誌を主催。1989年に「中風越後」で小説CLUB新人賞佳作入選。1990年、『蛍丸伝奇』を発表、作家生活に入る。『奥義・殺人剣』(光文社)、『裏小路しぐれ傘』(学研)、『用心棒・新免小次郎』シリーズなど著書多数。

御膳役一条惣太郎探索控(1) 鬼平殺し

amazon Kindle

NEW『御膳役一条惣太郎探索控(1) 鬼平殺し』

えとう乱星・著

長谷川平蔵が何者かに殺された……流浪の料理人“惣太”が復讐に燃える!

 鬼の平蔵こと長谷川平蔵が殺された! 下手人や殺害理由もわからぬまま、かつての同僚や部下、恩ある町民たちは悲嘆にくれた。故あって流浪の料理人となった禁裏御膳役宗家・一条惣太郎は、“惣太”と名乗り、江戸に流れ着く。だが彼は過去に平蔵とも面識があり、下手人と疑われ捕らえられてしまう。火盗改めの厳しい責めのなか、惣太郎を救ってくれたのは、平蔵の元部下であり今は本所深川の料理屋〈ね子〉の店主、忠三であった。己の潔白を示し、平蔵や忠三の恩義に報いるため、惣太郎は鬼平殺しの下手人探しに奔走する。凄腕の料理人として容疑者の屋敷に潜り込み、独自の捜査を続けるうち、ある意外な事実が浮かび上がった……。怒りに燃えた惣太郎の閻魔刀が鞘走る!

●えとう乱星(えとう・らんせい)
1949年、熊本県生まれ。慶応大学中退後、同人誌を主催。1989年に「中風越後」で小説CLUB新人賞佳作入選。1990年、『蛍丸伝奇』を発表、作家生活に入る。『奥義・殺人剣』(光文社)、『裏小路しぐれ傘』(学研)、『用心棒・新免小次郎』シリーズなど著書多数。

御膳役一条惣太郎探索控(2) 写楽仕置帳

amazon Kindle

NEW『御膳役一条惣太郎探索控(2) 写楽仕置帳』

えとう乱星・著

稀代の浮世絵師“写楽”失踪の陰に蠢く陰謀……江戸にのさばる御金蔵破りを捕らえよ!

 鬼平殺しから半年、禁裏御膳役宗家・一条惣太郎は江戸に留まり、東洲斎写楽を世に出した蔦屋耕書堂に料理人“惣太”として寄食していた。折りしも御府内では〈写楽党〉と名乗る賊が出没し、長谷川半蔵亡き無法の江戸に、大名家の御金蔵を狙って各地から流れ込んだ盗賊たちを煽動していた。蔦屋と〈写楽党〉の関係を疑う火盗改めの監視のなか、事件は起こった。蔦屋の番頭が能面の剣士に襲われ惨死、さらに惣太郎の恩人である忠三の娘・おけいが何者かに攫われたのだ。「敵は〈吉原写楽党〉」写楽失踪の裏を知る蔦屋重三郎に、事件の背景を知らされた惣太郎。だが、おけいを救うべく、吉原に乗り込んだ惣太郎の前には、さらなる戦慄の難敵が……。写楽失踪の陰に潜む野望に憤怒の閻魔刀が炸裂する!

●えとう乱星(えとう・らんせい)
1949年、熊本県生まれ。慶応大学中退後、同人誌を主催。1989年に「中風越後」で小説CLUB新人賞佳作入選。1990年、『蛍丸伝奇』を発表、作家生活に入る。『奥義・殺人剣』(光文社)、『裏小路しぐれ傘』(学研)、『用心棒・新免小次郎』シリーズなど著書多数。

Copyright c ADRENALIZE All Rights reserved.