• 2018/8/24
  • 『昭和新撰組、空を征く』
     徳川幕府が昭和まで続いている日本政府、新撰組の子孫が戦闘機乗りに!? …という凄い設定の架空戦記、『昭和新撰組、空を征く』全2巻が電子で復刊しました!  大日本帝国を導くのは徳川第17代将軍・家正。彼の号令によって、海軍・陸軍とは別に空軍が編成されます。で、ゼロ戦に搭乗するのが、近藤勲・土方歳正・沖田総市といった幕末の英雄「新撰組」の縁者の血を引く若者たち。彼らはアメリカ相手にサムライ魂を見せることができるのでしょうか。ちなみに本作は好評配信中『葵の太平洋戦争』シリーズのアナザーストーリーとなっています。なので、ところどころでエピソードが交叉するのは嬉しいですね!(もちろんそれぞれ単独で読んでも楽しめますよ〜)表紙イラストは架空戦記ファンにはおなじみ上田信さん。ゼロ戦の機体に「三つ葉葵」の紋や「虎徹」の文字が書かれているあたりが細かいですね。笑

    『植物標本集(ハーバリウム)』『鬼になる』『エンゼルフレンチ』
     SF短編の名手・藤田雅矢先生の電子オリジナル短編集、3冊が同時発売になりました! 『植物標本集(ハーバリウム)』は植物関連、『鬼になる』はホラー・怪奇系、『エンゼルフレンチ』は不思議系のお話が収録されています。藤田先生の本業は農学博士・育種家でいらっしゃるので植物にまつわるお話が多いわけですが、人気の高い「エンゼルフレンチ」は宇宙探査のお話ですし、他にも怪奇系、昭和懐かし系など、こうやって短編集としてまとめると実に多彩なのがわかります。初出は『SFマガジン』『異形コレクション』『NOVA』といったおなじみの雑誌・アンソロジーだけでなく、『ビックイシュー』『小学5年生』の他、人工知能学会誌、IHI空想ラボラトリー、大阪てのひら怪談などへ提供された作品まで網羅しています。なお、今回の3冊の表紙イラストを担当していただいたのは、ウエタケヨーコさんです。優しい色遣いで表現された不思議な世界観が素敵ですね〜。この機会に是非!3冊とも読んでみてください〜。

新刊案内

昭和新撰組、空を征く(1)

amazon Kindle

NEW『昭和新撰組、空を征く(1)』

青山智樹・著

幕末の英雄「新撰組」の縁者たちが、太平洋戦争の戦闘機隊としてフィリピン島へ出撃!

 大正30年(1941)年。海軍霞ヶ浦航空隊の飛行学校に集まった練習生の中に、3人の若者がいた。近藤勲、土方歳正、沖田総市。その名の通り、かつての幕末の英雄「新撰組」の縁者の血を引くものたちである。訓練を終えて零戦に乗り込むことになった3人は、「昭和新撰組」として、南太平洋の戦場へ出撃する。大空のサムライたちが展開する激しい空中戦のゆくえは……。

●青山智樹(あおやま・ともき)
1960年、東京都武蔵野市生まれ。学生の頃より同人誌『宇宙塵』に参加。東海大学理学部物理学科卒業後、高等学校に理科教師として勤務。1992年、長編SF『赤き戦火の惑星』(勁文社)で商業デビュー。『合体戦艦「富士山」出撃!』(有楽出版社)、『蒼穹の海鷲』(アスキー)等、シミュレーション戦記を中心に執筆する。その他にも『零戦の操縦』(アスペクト)、『自分でつくるうまい!海軍めし』(経済界)、『世界一わかりやすい放射能の本当の話』(宝島社)等、ミリタリー関連書籍など著書・共著多数。

昭和新撰組、空を征く(2)

amazon Kindle

NEW『昭和新撰組、空を征く(2)』

青山智樹・著

イギリス本土制圧作戦へ飛び立った戦闘機隊「新撰組」、その激闘の運命は!?

 幕末「新撰組」の武士の血を引く、近藤勲、土方歳正、沖田総市らの青年たちが、太平洋戦争で海軍戦闘機隊「昭和新撰組」を結成。高杉晋平率いる飛行小隊「奇兵隊」と戦果を競い合う。第二次インパール作戦の激闘に勝利した後、いよいよイギリス本土を制圧するための長距離飛行に飛び立つ。だがそこで待っていた過酷な運命とは……。

●青山智樹(あおやま・ともき)
1960年、東京都武蔵野市生まれ。学生の頃より同人誌『宇宙塵』に参加。東海大学理学部物理学科卒業後、高等学校に理科教師として勤務。1992年、長編SF『赤き戦火の惑星』(勁文社)で商業デビュー。『合体戦艦「富士山」出撃!』(有楽出版社)、『蒼穹の海鷲』(アスキー)等、シミュレーション戦記を中心に執筆する。その他にも『零戦の操縦』(アスペクト)、『自分でつくるうまい!海軍めし』(経済界)、『世界一わかりやすい放射能の本当の話』(宝島社)等、ミリタリー関連書籍など著書・共著多数。

植物標本集(ハーバリウム)

amazon Kindle

NEW『植物標本集(ハーバリウム)』

藤田雅矢・著

あまりに奇抜な新種の植物を次々と発表する野々山博士……彼にはどんな秘密が?

 もしかすると、野々山博士のハーバリウムか。大河原の脳裡に、そんな言葉が思い浮かんだ。ハーバリウムとは、さく葉標本を集めた植物標本集のことである。別に、標本を収める植物標本館という意味でも使われる。野々山博士のハーバリウムは、植物園の学芸員の間では伝説に近いものがあった。(「植物標本集」より)
 第18回SFマガジン読者賞を受賞した「ダーフの島」を含む、植物にまつわる珠玉の短編小説を収録。電子オリジナル作品。

*ダーフの島
*世界玉
*口紅桜
*トキノフウセンカズラ
*植物標本集(ハーバリウム)
*ブルームーン
*計算の季節
*スヴァールバルからの便り

●藤田雅矢(ふじた・まさや)
1961年、京都市生まれ。農学博士。1995年、第7回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞。同年、「月当番」で第26回JOMO童話賞佳作。2007年、「ダーフの島」でSFマガジン読者賞受賞。著書に『星の綿毛』『クサヨミ』など小説のほか、『捨てるな、うまいタネNEO』などの園芸書もある。

鬼になる

amazon Kindle

NEW『鬼になる』

藤田雅矢・著

あの毎週飲まされる丸薬があやしい……鬼や河童の怪物に変身させられる!?

 金太は、とうとう手づかみでガツガツと食い散らかしていた。外の雨は、一段と激しさを増した。翌日、早くも金太の身体に変化が現れはじめた。ふと手を見ると、金太の指は節くれて爪が長く伸びていた。そして、髪の毛のような太い毛が腕に生えはじめていた。頭に触れると、瘤のようなものができていた。角が生えてきたのだろうか。(「鬼になる」より)
 完全書き下ろしの「鉄塔の記憶」を含む、不気味で哀しい珠玉の怪奇・ホラー短編小説を収録。電子オリジナル作品。

*鬼になる
*暖かなテント
*引きだし刑
*幻肢(ファントム)の左手
*釘拾い
*舞花
*Dovey Junction
*最後の象
*おちゃめ
*銀のあしの象
*歯神社
*鉄塔の記憶

●藤田雅矢(ふじた・まさや)
1961年、京都市生まれ。農学博士。1995年、第7回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞。同年、「月当番」で第26回JOMO童話賞佳作。2007年、「ダーフの島」でSFマガジン読者賞受賞。著書に『星の綿毛』『クサヨミ』など小説のほか、『捨てるな、うまいタネNEO』などの園芸書もある。

エンゼルフレンチ

amazon Kindle

NEW『エンゼルフレンチ』

藤田雅矢・著

分身となった人工知能が、電波の発信源であるくじら座タウを目指す

 驚いたのは、ダイチが一度だけ、転写された自分自身との会話を経験したということでした。ダイチが感じた限りでは、本当に自分自身と話をしているようで、少し気味が悪かったといいます。そこまで完全に、人の頭の中をコピーできるものなのでしょうか。(「エンゼルフレンチ」より)
 第12回SFマガジン読者賞を受賞した「奇跡の石」を含む、珠玉のSF短編小説を収録。電子オリジナル作品。

*奇跡の石
*エンゼルフレンチ
*飛行螺子
*地球の裏側
*こだま
*RAIN
*SHS88

●藤田雅矢(ふじた・まさや)
1961年、京都市生まれ。農学博士。1995年、第7回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞。同年、「月当番」で第26回JOMO童話賞佳作。2007年、「ダーフの島」でSFマガジン読者賞受賞。著書に『星の綿毛』『クサヨミ』など小説のほか、『捨てるな、うまいタネNEO』などの園芸書もある。

Copyright c ADRENALIZE All Rights reserved.