• 2017/4/28
  •  お待たせしました。日本の警察小説史上に輝く最大の金字塔、『新宿警察』シリーズがついに復刊です!
    『新宿警察』とは1960〜70年代の新宿界隈を舞台にした警察小説。著者は“小説の名人”と謳われ、後進をたくさん育てた直木賞作家・藤原審爾(ふじわらしんじ)先生です。かつてフジテレビ系列で連続ドラマ化(主演:北大路欣也)もされました。派手な銃撃戦シーンこそ少ないものの、刑事の悲哀、犯罪者の心情などを掘り下げた人情話が多く、いま読んでも古びておらず、十分堪能……いや、本シリーズを超える警察小説はまだ出てきていないんじゃないかと思えるほどの名作なのです。
     古書マニアの方々ならよくご存じだと思うのですが、この『新宿警察』シリーズ、当時絶大な人気があったにもかかわらず、「全貌が明らかになっていない」という謎の作品でもありまして……。どういうことかというと、超売れっ子作家だった藤原審爾先生、気が向いた時に気が向いた文芸誌に『新宿警察』の短篇を寄稿されていたため、どこの版元のどの雑誌にどのエピソードが掲載されたか、いまひとつわかっていないのです。しかも短篇集を制作するにあたっての書き下ろし、雑誌掲載のみの単行本未収録、他の短篇集にまぎれこんでいた短篇作品、さらには短篇集によっては同じ話なのにタイトル変更された作品まであります。
     単行本自体もややこしくて、同じタイトルのもの、たとえば『新宿警察』という名称の短篇集は、報知新聞社版と双葉社版と双葉文庫版が存在するのですが、それぞれ収録されている短篇が異なります。『真夜中の狩人』の実業之日本社版と双葉社版と角川文庫版も中身は違いますし、双葉社『マリファナ』と実業之日本社『マリファナ殺人事件』は似ているが別物、といったようにカオス状態。単行本の出版社名だけを挙げてみても、報知新聞社、実業之日本社、双葉社、グリーンアロー出版社、桃園書房、角川書店とこれだけあるのですから、混乱が生じるのもわかりますよね。汗 この問題は、1994年刊行の『活字探偵団』(本の雑誌社)でも取り上げられておりました。加えて、単行本がすべて絶版で、アマゾンの古書でも高いプレミア値がついています。(添付の画像は企画書を作った時のスクリーンショットですけど、現在も状況は変わっていないと思います)
     今回の電子化にあたっては、書評家の杉江松恋先生の全面協力のもと、過去に発表された短篇・長篇をすべて洗い出し、単行本未収録や一度しか採られたことがないものなど激レア作品も含めて、すべて収録。「とりあえずこの電子版10冊買えば全部読めますよ!」という“完全版”を目指しました。各巻の巻末には、その杉江松恋先生の詳細なエピソード解説を追加。シリーズ全体を俯瞰したからこそわかる、マニアックな裏話も書かれております。
     というわけで、警察小説好きにはたまらない超名作『新宿警察』シリーズ、この機会に是非読んでみてください〜。
     ちなみに本企画はアマゾンkindle先行配信となり、他の電子ストアでは5/10(水)以降に順次発売になります。

新刊案内

新宿警察(1) 捜査篇 新宿警察

amazon Kindle

NEW『新宿警察(1) 捜査篇 新宿警察』

藤原審爾・著、杉江松恋・監修

東京・新宿にある警察署を舞台に、燃えるような情熱をもった刑事たち

 聞込みは、運が左右する。不意に思いがけないことをきかれて、すらすら思い出せるものではない。それに、なにか大事な目撃をした者が、聞込みの時に居合せなければ、それきりである。それに喋るほうは無責任で、正確を期そうとするわけではない。それらの悪条件を克服するのは、犯人を捕えないではいられない情熱と運と、足が棒のようになるほど、根気よく聞込みをつづけることである。(「放火」より)
 日本の警察小説史上に輝く最大の金字塔、「新宿警察」シリーズが全集として電子で復刊! 本書は短篇集〈捜査篇〉。巻末に書評家・杉江松恋による解説を収録。
*新宿警察
*所轄刑事
*放火
*新宿西口ビル街殺人事件
*刺傷全身三十余カ所
*轢逃げ
*新宿その血の渇き
*新宿首狩り事件

●藤原審爾(ふじわら・しんじ)
1921年、東京都生まれ。「小説の名人」と讃えられ、純文学から中間小説、推理小説、犯罪・スパイ小説、歴史・時代小説、恋愛小説など多種多様なジャンルにまたがって作品を発表。初期の代表作『秋津温泉』や、『泥だらけの純情』『新宿警察』など、映画・ドラマ化された作品も数多い。1952年「罪な女」等で第27回直木賞を受賞。

監修:杉江松恋(すぎえ・まつこい)
1968年、東京都生まれ。ミステリーなどの書評を中心に活動中。著書に海外古典ミステリーの新しい読み方を記した書評エッセイ『路地裏の迷宮踏査』(東京創元社)、『読み出したら止まらない 海外ミステリーマストリード100』(日経文芸文庫)など。2016年には落語協会真打にインタビューした『桃月庵白酒と落語十三夜』(KADOKAWA)を上梓。近刊にエッセイ『ある日うっかりPTA』(KADOKAWA)がある。

新宿警察(2) 風俗篇 新宿心中

amazon Kindle

NEW『新宿警察(2) 風俗篇 新宿心中』

藤原審爾・著、杉江松恋・監修

夢破れた若者の葛藤……そして彼らを餌にしようと犯罪組織が手を伸ばす

 特捜本部が設けられ、殺しの事件のベテランたちが、必死の活動を続けたからといって、ホシがあげられるとはかぎらない。とりわけこの種の偶発的な事件には、怨恨とか痴情とか金銭利害といった明確な特徴がなく、一つの線を深く追及してみることが出来ない。本庁の星野と所轄の山辺は、ジュクの暴力団関係を、一週間以上も洗ったが、まったく手応えがなかった。(「マリファナ」より)
 日本の警察小説史上に輝く最大の金字塔、「新宿警察」シリーズが全集として電子で復刊! 本書は短篇集〈風俗篇〉。巻末に書評家・杉江松恋による解説を収録。
*マリファナ
*新宿ぶろんど
*新宿その青い果実
*慈悲の報酬
*怨み雨
*新宿ゴキブリ
*新宿心中
*当然の復讐

●藤原審爾(ふじわら・しんじ)
1921年、東京都生まれ。「小説の名人」と讃えられ、純文学から中間小説、推理小説、犯罪・スパイ小説、歴史・時代小説、恋愛小説など多種多様なジャンルにまたがって作品を発表。初期の代表作『秋津温泉』や、『泥だらけの純情』『新宿警察』など、映画・ドラマ化された作品も数多い。1952年「罪な女」等で第27回直木賞を受賞。

監修:杉江松恋(すぎえ・まつこい)
1968年、東京都生まれ。ミステリーなどの書評を中心に活動中。著書に海外古典ミステリーの新しい読み方を記した書評エッセイ『路地裏の迷宮踏査』(東京創元社)、『読み出したら止まらない 海外ミステリーマストリード100』(日経文芸文庫)など。2016年には落語協会真打にインタビューした『桃月庵白酒と落語十三夜』(KADOKAWA)を上梓。近刊にエッセイ『ある日うっかりPTA』(KADOKAWA)がある。

新宿警察(3) 対決篇 復讐の論理

amazon Kindle

NEW『新宿警察(3) 対決篇 復讐の論理』

藤原審爾・著、杉江松恋・監修

新宿の裏社会でうごめく人物を焦点にした、暗くて重い人間模様

 彼は死んだも同然だったのだが、そんな彼を迎え入れてくれる連中がなくはなかった。俗に悪党とよばれる犯罪者たちと暴力と悪事で暮している連中だった。彼はそれで新宿へ舞いもどり、この部屋へ住みつき、彼等の仲間になった。しかし彼はここではとうてい生きられなかった。彼はまともに将来がある人生にしか興味がないのであり、ここでは生きている気がしなかった。(「生きる気はない」より)
 日本の警察小説史上に輝く最大の金字塔、「新宿警察」シリーズが全集として電子で復刊! 本書は短篇集〈対決篇〉。巻末に書評家・杉江松恋による解説を収録。
*生きる気はない
*最も殺しやすい男
*逆怨みのバラード
*新宿真夜中ソング
*復讐の論理

●藤原審爾(ふじわら・しんじ)
1921年、東京都生まれ。「小説の名人」と讃えられ、純文学から中間小説、推理小説、犯罪・スパイ小説、歴史・時代小説、恋愛小説など多種多様なジャンルにまたがって作品を発表。初期の代表作『秋津温泉』や、『泥だらけの純情』『新宿警察』など、映画・ドラマ化された作品も数多い。1952年「罪な女」等で第27回直木賞を受賞。

監修:杉江松恋(すぎえ・まつこい)
1968年、東京都生まれ。ミステリーなどの書評を中心に活動中。著書に海外古典ミステリーの新しい読み方を記した書評エッセイ『路地裏の迷宮踏査』(東京創元社)、『読み出したら止まらない 海外ミステリーマストリード100』(日経文芸文庫)など。2016年には落語協会真打にインタビューした『桃月庵白酒と落語十三夜』(KADOKAWA)を上梓。近刊にエッセイ『ある日うっかりPTA』(KADOKAWA)がある。

新宿警察(4) 新宿 その暗黒の恋

amazon Kindle

NEW『新宿警察(4) 新宿 その暗黒の恋』

藤原審爾・著、杉江松恋・監修

あこがれと希望をもってこの街に集まった若者たちは、いつしか金のために恋をも売り渡していた

 女は誰しもそうなのだが、とりわけ美人は美貌を鼻にかけ、それで人生をくるわせてしまう。彼女も、正にそういう一人で、美貌を武器に、この新宿の盛り場のキャバレーのマダムになったのだが、彼女が得たものは、いくらかましな物質的な自由と、美貌への過信くらいなものにちがいない。根来は、こういう種類の女を、数えきれないほど知っている。(本文より)
 日本の警察小説史上に輝く最大の金字塔、「新宿警察」シリーズが全集として電子で復刊! 本書は長篇「新宿警察 夜だけの恋」を収録。巻末に書評家・杉江松恋による解説を収録。
*新宿警察 夜だけの恋

●藤原審爾(ふじわら・しんじ)
1921年、東京都生まれ。「小説の名人」と讃えられ、純文学から中間小説、推理小説、犯罪・スパイ小説、歴史・時代小説、恋愛小説など多種多様なジャンルにまたがって作品を発表。初期の代表作『秋津温泉』や、『泥だらけの純情』『新宿警察』など、映画・ドラマ化された作品も数多い。1952年「罪な女」等で第27回直木賞を受賞。

監修:杉江松恋(すぎえ・まつこい)
1968年、東京都生まれ。ミステリーなどの書評を中心に活動中。著書に海外古典ミステリーの新しい読み方を記した書評エッセイ『路地裏の迷宮踏査』(東京創元社)、『読み出したら止まらない 海外ミステリーマストリード100』(日経文芸文庫)など。2016年には落語協会真打にインタビューした『桃月庵白酒と落語十三夜』(KADOKAWA)を上梓。近刊にエッセイ『ある日うっかりPTA』(KADOKAWA)がある。

新宿警察(5) 純情篇 若い刑事

amazon Kindle

NEW『新宿警察(5) 純情篇 若い刑事』

藤原審爾・著、杉江松恋・監修

鬼のように厳しく犯罪者に対する刑事にも自分の生活があり、大切な思いがある

 まったく男らしい奴という定評があり、彼は職務のためには死ななければならないと、覚悟をきめている。三十すぎなのに、まだ独身でいるのも、そのためなのである。それほどの男なのだが、人間にはかわらないのであって、そんな彼にも弱点がある。女のホシをあつかうのが苦手なのである。しかし今の気重さは、苦手以上のもので、ある種のやるせなさをともなっていた。(「ズベ公おかつ」より)
 日本の警察小説史上に輝く最大の金字塔、「新宿警察」シリーズが全集として電子で復刊! 本書は短篇集〈純情篇〉。巻末に書評家・杉江松恋による解説を収録。
*新宿製人魚
*新宿でかめろん
*ズベ公おかつ
*若い刑事
*女そのもののために
*新宿生餌
*新宿怨念節

●藤原審爾(ふじわら・しんじ)
1921年、東京都生まれ。「小説の名人」と讃えられ、純文学から中間小説、推理小説、犯罪・スパイ小説、歴史・時代小説、恋愛小説など多種多様なジャンルにまたがって作品を発表。初期の代表作『秋津温泉』や、『泥だらけの純情』『新宿警察』など、映画・ドラマ化された作品も数多い。1952年「罪な女」等で第27回直木賞を受賞。

監修:杉江松恋(すぎえ・まつこい)
1968年、東京都生まれ。ミステリーなどの書評を中心に活動中。著書に海外古典ミステリーの新しい読み方を記した書評エッセイ『路地裏の迷宮踏査』(東京創元社)、『読み出したら止まらない 海外ミステリーマストリード100』(日経文芸文庫)など。2016年には落語協会真打にインタビューした『桃月庵白酒と落語十三夜』(KADOKAWA)を上梓。近刊にエッセイ『ある日うっかりPTA』(KADOKAWA)がある。

新宿警察(6) 喜劇篇 新宿の夜の神々

amazon Kindle

NEW『新宿警察(6) 喜劇篇 新宿の夜の神々』

藤原審爾・著、杉江松恋・監修

都会に生きる者の孤独や貧困に苛まれる人の危うさ、その人間ドラマを描く

 ストッキングや下着はそれを脱がせる手間からみると、一円にもならない程度の品物で、処分も面倒なのである。まともな物盗りなら、そんなものを盗って、手懸りをのこしたりしない。つまり盗る以上の気持ちが加わっているのであって、痴話喧嘩の揚句だとか、近親の怨みをかって、そんな目にあわされたという場合が多い。さんざん捜査をさせられ、結局、被害者と加害者に、申しわけありませんと詫びられたりする。(「しなやかな肢」より)
 日本の警察小説史上に輝く最大の金字塔、「新宿警察」シリーズが全集として電子で復刊! 本書は短篇集〈喜劇篇〉。巻末に書評家・杉江松恋による解説を収録。
*新宿の赤い空
*しなやかな肢
*甘い汁
*悪事の唄
*へんな夫婦
*新宿夜泣き花
*新宿湿地帯
*新宿の夜の神々
*下着泥棒
*花びらの鼓動

●藤原審爾(ふじわら・しんじ)
1921年、東京都生まれ。「小説の名人」と讃えられ、純文学から中間小説、推理小説、犯罪・スパイ小説、歴史・時代小説、恋愛小説など多種多様なジャンルにまたがって作品を発表。初期の代表作『秋津温泉』や、『泥だらけの純情』『新宿警察』など、映画・ドラマ化された作品も数多い。1952年「罪な女」等で第27回直木賞を受賞。

監修:杉江松恋(すぎえ・まつこい)
1968年、東京都生まれ。ミステリーなどの書評を中心に活動中。著書に海外古典ミステリーの新しい読み方を記した書評エッセイ『路地裏の迷宮踏査』(東京創元社)、『読み出したら止まらない 海外ミステリーマストリード100』(日経文芸文庫)など。2016年には落語協会真打にインタビューした『桃月庵白酒と落語十三夜』(KADOKAWA)を上梓。近刊にエッセイ『ある日うっかりPTA』(KADOKAWA)がある。

新宿警察(7) よるべなき男の仕事・殺し

amazon Kindle

NEW『新宿警察(7) よるべなき男の仕事・殺し』

藤原審爾・著、杉江松恋・監修

殺しの依頼をする謎の美女、そして“仕事”を淡々と行う殺し屋は何を思うのか

 細身のシガーはむろん作業衣姿とは不釣合いな、贅沢なものだったが、ライフル同様それも彼の仕事の道具なのだった。彼はシガーの先端からのぼる白い煙の行方を見た。ほとんど風はなく、白い煙は真っ直ぐのぼって行き、五、六センチのところで揺らめき、速度を落し、ゆらゆらと乱れながら真上へのぼって消えていた。弾にとっては快適な旅になるにちがいない。(「よるべなき男の仕事・殺し」より)
 日本の警察小説史上に輝く最大の金字塔、「新宿警察」シリーズが全集として電子で復刊! 本書は長篇「よるべなき男の仕事・殺し」と短篇1本を併録。巻末に書評家・杉江松恋による解説を収録。
*殺しの角度
*よるべなき男の仕事・殺し

●藤原審爾(ふじわら・しんじ)
1921年、東京都生まれ。「小説の名人」と讃えられ、純文学から中間小説、推理小説、犯罪・スパイ小説、歴史・時代小説、恋愛小説など多種多様なジャンルにまたがって作品を発表。初期の代表作『秋津温泉』や、『泥だらけの純情』『新宿警察』など、映画・ドラマ化された作品も数多い。1952年「罪な女」等で第27回直木賞を受賞。

監修:杉江松恋(すぎえ・まつこい)
1968年、東京都生まれ。ミステリーなどの書評を中心に活動中。著書に海外古典ミステリーの新しい読み方を記した書評エッセイ『路地裏の迷宮踏査』(東京創元社)、『読み出したら止まらない 海外ミステリーマストリード100』(日経文芸文庫)など。2016年には落語協会真打にインタビューした『桃月庵白酒と落語十三夜』(KADOKAWA)を上梓。近刊にエッセイ『ある日うっかりPTA』(KADOKAWA)がある。

新宿警察(8) 人情篇 新宿裏町小唄

amazon Kindle

NEW『新宿警察(8) 人情篇 新宿裏町小唄』

藤原審爾・著、杉江松恋・監修

時として哀れな者、弱者を相手にしなければならない刑事の宿命

 子供に罪はないのである。母親をぱくったあと、子供はどうするんだろうなどと思っていると、だんだん根来はしめっぽい気分になってきた。こういう気持ちは、思いがけない危険を招くおそれがある。それで根来は踏みこむ気になった。待機した連中へ、三浦がその旨を知らせてまわってきた。もうあたりはすっかり暗くなり、人通りもめっきり少くなっている。(「黒い膚」より)
 日本の警察小説史上に輝く最大の金字塔、「新宿警察」シリーズが全集として電子で復刊! 本書は短篇集〈人情篇〉。巻末に書評家・杉江松恋による解説を収録。
*新宿女絵巻
*田舎刑事
*黒い膚
*恋のあとさき
*純情無頼
*鴉のあしあと
*新宿あっぷだうん
*新宿が殺した男
*新宿裏町小唄
*新宿雪女郎
*勇気ということ

●藤原審爾(ふじわら・しんじ)
1921年、東京都生まれ。「小説の名人」と讃えられ、純文学から中間小説、推理小説、犯罪・スパイ小説、歴史・時代小説、恋愛小説など多種多様なジャンルにまたがって作品を発表。初期の代表作『秋津温泉』や、『泥だらけの純情』『新宿警察』など、映画・ドラマ化された作品も数多い。1952年「罪な女」等で第27回直木賞を受賞。

監修:杉江松恋(すぎえ・まつこい)
1968年、東京都生まれ。ミステリーなどの書評を中心に活動中。著書に海外古典ミステリーの新しい読み方を記した書評エッセイ『路地裏の迷宮踏査』(東京創元社)、『読み出したら止まらない 海外ミステリーマストリード100』(日経文芸文庫)など。2016年には落語協会真打にインタビューした『桃月庵白酒と落語十三夜』(KADOKAWA)を上梓。近刊にエッセイ『ある日うっかりPTA』(KADOKAWA)がある。

新宿警察(9) 活劇篇 真夜中の狩人

amazon Kindle

NEW『新宿警察(9) 活劇篇 真夜中の狩人』

藤原審爾・著、杉江松恋・監修

うずまく欲望、愛、憎悪……眠らない街・新宿で起きた数々の難事件に挑む

 彼は昨夜十時すぎまでちんぴらの傷害事件に取組んでいたし、今日は非番なのだった。その彼を呼び出さなければならないということは、十時以後いくつかの事件がおきて、刑事たちは出はらっているということなのである。それはまた宇野が目の廻るようないそがしい目にあっているということなのである。まったく所轄の刑事は、ばかいそがしい。根来は四つの事件を抱えこんでおり、いま五つ目の仕事が舞いこんできたというわけである。(「優雅な死」より)
 日本の警察小説史上に輝く最大の金字塔、「新宿警察」シリーズが全集として電子で復刊! 本書は短篇集〈活劇篇〉。巻末に書評家・杉江松恋による解説を収録。また、本巻のみの特別付録として、〈新宿警察〉全作品リストを掲載している。
*青い公園にて
*優雅な死
*刑事稼業
*女体輸出
*春の張込み
*真夜中の狩人
*赤い藁

●藤原審爾(ふじわら・しんじ)
1921年、東京都生まれ。「小説の名人」と讃えられ、純文学から中間小説、推理小説、犯罪・スパイ小説、歴史・時代小説、恋愛小説など多種多様なジャンルにまたがって作品を発表。初期の代表作『秋津温泉』や、『泥だらけの純情』『新宿警察』など、映画・ドラマ化された作品も数多い。1952年「罪な女」等で第27回直木賞を受賞。

監修:杉江松恋(すぎえ・まつこい)
1968年、東京都生まれ。ミステリーなどの書評を中心に活動中。著書に海外古典ミステリーの新しい読み方を記した書評エッセイ『路地裏の迷宮踏査』(東京創元社)、『読み出したら止まらない 海外ミステリーマストリード100』(日経文芸文庫)など。2016年には落語協会真打にインタビューした『桃月庵白酒と落語十三夜』(KADOKAWA)を上梓。近刊にエッセイ『ある日うっかりPTA』(KADOKAWA)がある。

新宿警察(10) あたしにも殺させて

amazon Kindle

NEW『新宿警察(10) あたしにも殺させて』

藤原審爾・著、杉江松恋・監修

シャリーと呼ばれるその娘は、少女売春のかすりを取るような顔役だった

 一人二人でなく、数人の女の声がする。ほとんど同時に、どっと乱闘がおこったような音が聞えてきた。ちょうど根来が歩いている右側の路地からの騒ぎである。それで根来は、反射的に駈けだし、その路地の中をのぞいた。瞬間、目の前に、若い女が立ちはだかった。はっと根来が立ちどまると、まだ十六、七の黒っぽいツナギのような服のスケバンらしいのが、「見世物じゃないよ、いきなっ」と白い顎をしゃくった。(本文より)
 日本の警察小説史上に輝く最大の金字塔、「新宿警察」シリーズが全集として電子で復刊! 本書は長篇「あたしにも殺させて」を収録。巻末に書評家・杉江松恋による解説を収録。
*あたしにも殺させて

●藤原審爾(ふじわら・しんじ)
1921年、東京都生まれ。「小説の名人」と讃えられ、純文学から中間小説、推理小説、犯罪・スパイ小説、歴史・時代小説、恋愛小説など多種多様なジャンルにまたがって作品を発表。初期の代表作『秋津温泉』や、『泥だらけの純情』『新宿警察』など、映画・ドラマ化された作品も数多い。1952年「罪な女」等で第27回直木賞を受賞。

監修:杉江松恋(すぎえ・まつこい)
1968年、東京都生まれ。ミステリーなどの書評を中心に活動中。著書に海外古典ミステリーの新しい読み方を記した書評エッセイ『路地裏の迷宮踏査』(東京創元社)、『読み出したら止まらない 海外ミステリーマストリード100』(日経文芸文庫)など。2016年には落語協会真打にインタビューした『桃月庵白酒と落語十三夜』(KADOKAWA)を上梓。近刊にエッセイ『ある日うっかりPTA』(KADOKAWA)がある。

Copyright c ADRENALIZE All Rights reserved.